10
:
6
7
8
   

笑顔の収穫祭。

IMGP2109.jpg

 犬人です。秋祭りが終わり、日がぐんと短くなるとウチの近所の風景は金色に輝きます♪

 太陽の光が稲穂に当たってキラキラ!それを見ているワンコもニッカニカ!

IMGP2108.jpg

 秋祭りが終わってからはラブの名前札もチェンジ。ハロウィンのカボチャをかたどった名前札を装着しています。ハロウィンは仮装大会のイメージがついていますが、もともとは収穫祭を祝うお祭り。

 今年の夏もかなり暑かったけど、暑さに耐え、台風に負けず、たっくさん実をつけてくれました!

IMGP2106.jpg

 あ~早く新米が食べたいっ!

 実るほど頭を垂れる稲穂じゃないけれど、実るほど笑顔あふれるワンコかな!ニッカニカの写真をたくさん撮って笑顔の収穫祭となりました♪

20121012-211713-31949900.gif

続きを読む

スポンサーサイト

洗濯日和。

 犬人です。週イチペースでお送りしているピース君だより。誕生から2ヶ月が過ぎ、プクプクになってきました。そりゃ昼夜かまわず「乳くれ乳くれ!」って泣いてたらくわえてたらそうなるわなっ!

P1000881.jpg

 貫禄たっぷりの姿はまるで力士(笑)!は~い風呂入るよ~!

P1000893.jpg

 ワタクシ、水泳のインストラクター時代、0歳児を泳がせた経験もあるので、ピー助をお風呂に入れることも難なくできました(足毛ワシャワシャでごめんなさい)♪

 何でもできちゃうので隠し子を疑われそうですが、一緒に住んでる隠し子みたいな犬は弟をあたたかい目で見ています♪

P1000873.jpg

 毎夜何度も起こされ、私達夫婦でも「もう~」と思うこともしばしばなのに文句のひとつも言わず、ピー助が泣くと2階の寝室まで移動し、そこで寝ている私を起こしてくれる孝行娘です♪

P1000874.jpg

 最近は嫁さんと散歩にも出て、いい天気だと干されるみたいです(笑)♪

P1000904.jpg

 太陽をいっぱい浴び、スクスク成長してくれぃ!乾いた洗濯物のようなパリっとした性格になってくれたらいいなと願う父でした!

 日光を浴びて昼夜逆転生活から脱却しよう!

夜の訪問者:後編。

 犬人です。前回の続き。今月11日の深夜、迷い犬を保護し、警察に一時預かってもらうことにし、ワンコと別れたのですが、それから数日間全く連絡がなく、心中は穏やかではありませんでした。

 飼い主が見つからなかった場合の行き先はわかっているので、もしもの時は連絡を下さいとお願いし、住所・氏名・電話番号・携帯電話の番号にいたるまで個人情報を全て伝えてるのに電話は鳴りません。

 あの時、警察に電話しなかった方がよかったのか?ガウガウ吠えるコじゃなかったし、ピース君も犬の吠えには慣れてて泣かないんだから無理してでも家で世話した方がよかったんじゃないか?

 その一方でラブを職場に連れて行ってるだけでも問題なのに、もう1頭は(急には)難しかったとか、一度警察に預けた方が飼い主も見つかりやすいだろうとかも考え、もう支離滅裂!

 ただ飼い主が見つからず、他にもらい手がなかった場合、俺は飼うよ!と嫁さんには伝え、了承も得ていましたし、実は名前も決めていました。

 あとオスなんで一緒に住むなら去勢手術が必要かなとか、泳ぎ教えてやろうかなとか、勝手に飛躍させ、文字通り、ワンコのことで頭がいっぱいになっていました。

 アホみたいな話ですが、どんだけ徹夜してもお肌のケアなんてしなくてもへっちゃらだったのに顔にニキビがいっぱいできちゃって、その週末はお宮参りだったので大変でした♪

 ただやっぱり電話がこない!

 電話しようかしまいか、悩みに悩み、でもかけられずにいたところ、16日の昼間、嫁さんが警察署に電話してくれて、ワンコはその後、愛護センターに行き、そこで(ホントの)飼い主が見つかって自宅に帰っていったと聞かされました。

 なんで連絡してこなかったんだ!ってキレるより先に「よかったぁ~」とホっとしたのが正直な感想でした。ニキビも数日で完治♪まあ、こうやって記事にして書いてるとムカムカくるんですけどね~。でもホントによかった!

 このような紆余曲折があったので、2回に分けて書いちゃいましたが、結果的に、もったいぶったカンジになってしまって、読んでくださってる方にいらぬ心配をさせてしまいました。追記にでも一言「飼い主の元に戻りました」と書けばよかったと反省!ホントにごめんなさい。

 これで私とラブが保護したのは3頭目。3頭共に首輪はありましたが、名前札や鑑札はありませんでした。

 幸い3頭共飼い主は見つかりましたけど、どちらかひとつでも首輪についていたならもっと迅速かつ安全にワンコは飼い主さんの元に帰ってこられます。

 名前札と鑑札のW装着とその啓発をみなさんにはぜひお願いしたいと思います!

続きを読む

夜の訪問者:前編。

 それは10月11日、もう少しで日付も変わる10時30分のこと。ラブとジョギング散歩に出ようと玄関のドアを開けると目の前にワンコがいました。

 ラブを家に戻し、ワンコに近づいてみると、ワンコの方からよってきてくれてペロペロなめてくれました。

 首元を見ると首輪、そして係留用のリードがついていました・・・迷い犬だと確信し、交通量も多い道だったので、迷わず家に連れていきました。

 急いで嫁さんを呼び、警察に電話。迷い犬を保護したことを相談すると「そちらで保護できますか?」と聞かれたそうです。他に犬もいて、乳児もいるので難しいと嫁さんは答えたそうです。

P1010071.jpg

 柴犬に似たミックスの男の子で、若いなと感じました。「オスワリ」と言ってみてもキョトンとしていたこと、リードがついたまま歩いていたことを鑑み、まず外飼いのコだろうと思いました。

 ただカラダはそれほど汚れていないし、毛並みもよく、私にめちゃくちゃ甘えるので家族同然、大事に飼われていたんだと感じました。

P1010072.jpg

 ラッちゃんもクンクンチェックしてました。私の脇下でニオイかぎあってます。

P1010066.jpg

 ラブを奥へやり、落ち着かせ、水とフードを与えてみると水をガブ飲み!フードも最初は食べ物とわからなかったようですが、食べ物だとわかってガッついていました。

 30分後、2人組の警察官がミニパトでやってきてくれ、状況と気づいた点を説明。2人とも親身になってくださって、ワンコもしっぽをふって喜び、パトカーにもルンルンで飛び乗りました。

 ここでも言われたのは「このまま飼い主が見つからないと保健所に行くことになる」ということでした。それだけは嫌なので連絡を下さいとお願いし個人情報を伝え、署名もし、ミニパトを見送りました。

 すべてが終わる頃には日付が変わり、ラブの散歩もなくなりました。つづく。

サンドアート2012。

IMGP2048.jpg

 犬人です。充実しすぎてもう3週間近くタイムラグが出ていますが、10月8日は午前中祭りの後片付けをして、そこから川へ直行!2時間近くカヤックで遊び、その後、川づたいに北上し、夕方、近所のサンドアートを見に行きました。

IMGP2077.jpg

 直前までカヤックに乗ったり、泳いだり、走り回っていた愛犬。移動中は車内で爆睡し、サンドアート会場に到着してからもお疲れ気味でした♪

 サンドアートのイベントは前日に終わっており、加えて夕方なので人も少なく、ワンコ連れでもゆっくり見られます(なので毎年このタイミングできています)。

IMGP2058.jpg

 上の画像が今回の金賞作品ですが個人的には銀賞をとった下の画像の作品の方が惹かれました。

IMGP2059.jpg

 龍の造形が見事で犬と一緒にじ~っと眺めてしまいました。

IMGP2068.jpg

 サンドアートを鑑賞し、公園をぐるっと歩き終わると人も犬もフラッフラ!自宅に戻り、泥のように眠り、その後、ピース君の夜泣きにたたき起こされましたとさ!

 次回はマジメな話をおおくりします。

コギ部。

IMGP2009.jpg

 犬人です。なんちゃってカヤックを紹介していますが今シリーズ、実はすべて一眼レフカメラで撮っています。水遊びの時に使っている水中撮影もできるコンデジを忘れてしまい(祭りで使っていたので忘れた)、カメラに少しでも水が入ったらアウトの状況でドキドキしながら写真を撮っていました。

 一番焦ったのはラブを陸に置いて一人で漕いでると愛犬が泳いでやってきたこと!

IMGP2021.jpg

 ラブを引き上げてやりたいけれど、そこでバランスを崩し、カメラが濡れでもしたら・・・最悪のシナリオが頭に浮かびましたが、考えるヒマも与えずラブはグングン接近!

 気づいたらカヤックに乗ったまま抱き上げていました。幸いカヤックも転覆することなく、カメラも無事でしたが、肝を冷やしました!

 暑いといっても10月、水が冷たかったのか、濡れたオシリを私の足にのっけていました。泳いでこいなんて一言も言ってないのにね!・・・でもうれしい♪

IMGP2012.jpg

 2時間近くカヤックで遊び、片付けしながら誰もいない砂浜でディスク遊びしたり、追いかけっこもして体を乾かしました。

IMGP2047.jpg

 水に入らないカヤックであればもうちょっと楽しめそうですけど、今シーズンの水遊びもそろそろ終了。来年に向けてカヤックの勉強をしておこうと思います♪

IMGP1997.jpg

 来年は水泳部とコギ(漕ぎ)部の掛け持ちでガンバリマス(笑)♪

進水式。

IMGP2004.jpg

 犬人です。なんちゃってカヤックを購入し、祭りで体中筋肉痛のまま愛犬と川に出かけると無風で波もなくカヤックで水遊びするには最高のベタ凪!

 加えて周囲に誰もおらず、この絶景を独り占め!カミサマがお祭りや子育て、犬育てに頑張ったご褒美をくれたんだと確信しましたよ!

 さっそく付属品のフラットバルブ(空気入れ)でシュポシュポ空気を入れて進水!

 ラミネート加工されたPVC(ポリ塩化ビニール)に触り心地もいい布製のカバーが付いているので思ったよりずっと頑丈!岩場などの場所でも大丈夫そうですし、爪がある犬が乗ってもフツーのゴムボートのようにズボっと埋まることなく(ラブはこれが嫌い)、画像のように喜んで座っていられます♪

IMGP2010.jpg

 前回書いたように一人で乗ると船首が若干浮くのが難点かなと思いますが(なので波には弱いと思う)、犬が船首に乗れば重心も安定するし、慣れれば波が来ても乗りこなせそうな気がします。

 漕艇には体幹を使うと思いますけど、祭り明けで体中ボロボロな私でも問題なく楽しめたので大丈夫じゃないかな?

P7080019.jpg

 やってることはスタンドアップパドル・サーフィン(画像参照)に近いですけど、座ってる分、体感する迫力は全然こっちの方が上ですし、何より愛犬と同じ体験ができるのが素晴らしい!水面を滑るような感覚は面白いです。

 ただ川や湖ならともかく、海での使用はどうかなって思います。波がひんぱんにくるとバランスを保つのが大変だし、ひっくり返るとワンコも危険。ワンコ仕様ではありませんが(笑)海では適さないと思います!

 付属品の組み立て式オールも力を入れて漕ぐと繋ぎ目のところでズレちゃってうまく(まっすぐ)漕げなくなるのでテーピング等で繋ぎ目を固定した方がいいと思います。

 でもそれを差っ引いても十分満足できる仕上がり!本格的にやられている方には物足りないと思いますが、これに乗って川や湖を横断しようとせず、ワンコと遊覧を楽しむ分には最高のパフォーマンスを見せてくれますよっ!

IMGP2028.jpg

 ここに乗っていればサーフィンの時の(引っ張られる)感覚も磨かれますしね♪コンパクトカーにも十分乗りますし・・・秋田の同志、ぜひご検討ください(笑)!次回もつづきま~す!

IMGP1999.jpg

続きを読む

インフレータブルカヤック♪

 犬人です。首を長くして待っておられた一部の方々、お待たせいたしました!10月8日の午前中、祭りの後片付けで楽器や人形を解体し、山車のメンテナンスを終えた午後、私はラブと一緒に川に出かけ、ネットで購入したばかりの新兵器、なんちゃってカヤックのシェイクダウンをしました!

IMGP1994.jpg

 DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)というブランドのインフレータブルカヤック♪空気を入れてこの状態になり、コンパクトに持ち運びできるスグレモノ!

 以前の記事では防災対策の一環なんて書いていましたが、まあウソです(笑)!カヤックには前々から興味があって、昨年、東北を訪れた際や今年の春の佐久島で乗れそうだったんですが、どちらも天候不順で機会に恵まれませんでした。

 そんな中こちらのカヤックを見つけたもんですからさあ大変。定価は5万以上するのに某Amaz○nで1万円ちょっとだったんでポチっとしちゃいました♪

 ご覧の通り余計なものをすべて排除し、最小限の装備で最大限の効果を発揮する事をコンセプトに開発されたカヤックだけあって、本来あるはずの身体の周りを囲む壁というべきものはありません。

 個人的にそれが(値段以外に)購入を決めた一番のセールスポイントになりました。体高の低い犬にはカヤックの壁は視界の邪魔になって楽しめないのは明白だったし、乗りごこちもサーフィンに似た感覚だと思ったんですね~。

 実際、サーフボードとゴムボート、カヤックのハイブリッドみたいな舟でした♪

IMGP2031.jpg

 加えて私が後部に座るので自然と重心が下がり、船首が浮いていたのをこちらの商品紹介の画像で見ていたので(クリックしてみてください)、船首に誰かさんを座らせたら重心も安定し、楽しめるはずと思ったんですね~。

 果たしてその目論見はうまくいったでしょうか?って下の画像を見れば一目瞭然ですけどね♪次回につづきます!

IMGP1997.jpg

整備点検。

 犬人です。怒涛のお祭り期間が終了し、現在は秋の夜長を楽しんでいます。犬じゃないのにワンワン泣く子がいるのでゆったりとはいきませんけどね(笑)!

 閑話休題、ずいぶんすごしやすくなったので仕事の昼休み、よくラブと散歩しています♪

 走るにはまだ暑い時期なので(夜は走り込んでいる)、ゆっくり歩いていますが、その分、頭を動かそうと今までのトレーニングのおさらいしながら歩いています。

 ヒール(そばを歩く)ウォークもピッタリ歩かなきゃダメとはしていませんが、こういうことをちょくちょくやっておかないとネジがゆるくなるように「なあなあ」になっちゃうんですよね~。

 そういう時はしつけ教室などを受講すると最適なんですが、私の周囲にはそういう機会がなかなかないので自分で矯正するしかありません。技術を磨き上げる(ブラッシュアップ)というよりは(自己流でやっているので)整備点検のようなカンジ。

 ただ復習や基礎練習がつまんないのは人も犬も一緒ですから、毎日5分以内と決め、日替わりでトレーニング項目を変えてやっています。

IMGP2085.jpg

 途中、写真撮影も交えてるので楽しくやれてるみたいです。
 
 その成果なのか、先日久々にディスク遊びを再開したのですが、私の体を時計回りにターンしてディスクを取りに行く動作が春夏の時に比べて格段によくなっていて驚きました♪

 これが川遊びの準備運動でやってた水中レトリーブなのか、前述した整備点検散歩の影響なのかはわかりませんがこういう実感があるとめちゃくちゃうれしい!!

 わかる人にはわかるでしょうけど、小さなことがだんだん積み重ね、できていく喜びったらない!トレーニングって言葉に毛嫌いしてる人もいるかもしれませんが、毎日数分でいいのでぜひお試しくださいね~♪

 ココちゃん、熱心なご静聴ありがとう!

P9190451.jpg

続きを読む

祭りの価値。

 「ヒデ君、週末帰ってくるってよ」と仲間から聞いた時は特段何も思いませんでした。

 1年半前、東京へ転勤になった親友が3連休だった今年、久々に帰ってこれると聞いてうれしかったのは事実ですが、お祭りの最中は全員忙しいし、彼も移動で疲れるだろうから顔出し程度になっちゃうんだろうと予想していました。他の人間もそう思っていたはず。

 ところが・・・!

 親友は仕事を終えた金曜深夜、ワンボックスカーに奥さんと娘2人、そして黒ラブの愛犬を乗せ、名古屋へ移動!土曜の朝、山車の組立をしているとニコニコで彼がやってきたもんだからその場にいた全員が驚いた!

 その心意気あっぱれ!遠慮したり、気を遣ったら逆に失礼とそこから一緒に日曜の夜までフル回転!月曜の朝、フラフラになりながら、でもニコニコで東京に戻っていきました。

 「自分一人のワガママで帰ってくること決めたんじゃないの?」とからかうと、それは違うと、家族全員が祭りに参加することを選んだんだと聞いた時、私は不覚にも泣きそうになりました。

 多感な時期の娘2人も友達に会うことよりも祭りに参加することを選んでいて、喜んで太鼓をたたき、お祭り犬のリードを持ちたがりました。

P1000962.jpg

 ラブも一緒に散歩したり、親友宅で遊んだことをしっかり覚えていて、すすんでリードを握らせました♪

 彼女達だけでなく、以前はラブを怖がっていた子達が成長し、なでたり、リードを持たしてと言ってくるのでラブさんは終始ゴキゲンでした♪

P1000966.jpg

 私達の祭りに対する思い(プライオリティ)はなかなか理解できるものではないかもしれません。嫁さんともそれでよくケンカしました。でもそれだけの価値はあると思っているし、信じています!

 祭りに参加してくれたみんなありがとう!来年も再来年もずっ~と参加できるよう俺達も頑張ろうなラブ!

P1000963.jpg

夜祭り。

PA070513.jpg

 犬人です。今回も秋祭りのお話を。山車(だし)は日中、街を練り歩き、お昼に駅に集まった後、夕方、神社に大集結!そして警官も大集結します!画像の手前にいる人達は全員ポリスメ~ン。ガッチリ囲まれます(笑)。

 ここで山車は提灯をつけられ武装チェンジ♪ゆらゆらゆれる提灯をその身にまとい、一段と強くなります。これで警官も怖くない♪

PA070519.jpg

 全ての山車が提灯をつけた姿は幻想的で神社の荘厳さと相まって一層神秘的になります。

PA070522.jpg

 その後は解散!各自、自分達の基地(山車蔵)に帰っていきます。帰っていくんですがわが町内は神社と隣接し、山車を押しても5分以内で帰れちゃうので夜9時まで永遠に山車を回し続けます♪

 私はこの夜祭りがダイスキ!夜は人形を動かさないので山車から降りれるし、(子供達が帰り)楽器が演奏できるので、毎年、この時間に心ゆくまで鼓(つつみ)を打っています!

 そしてこの方も夜祭り好き♪

PA070542.jpg

 町内の関係者以外は人通りもなくなるので道路の真ん中の特等席で観覧。近所のおっさん達にナデられながらずっ~とみんなを見守っていましたよ~!

PA070532.jpg

 そんなわけでフル回転の1週間でしたが全員大満足!来年も再来年もず~っと参加したいと思います!

P1010022.jpg

 みなさんお疲れした!

続きを読む

ピー助の秋祭り。

 犬人です。前回の子供獅子だけでなく、日曜の午前中、20分程ピー助は山車と一緒にねり歩きました。

P1000965.jpg

 抱っこヒモの上から半纏を着て、嫁さんはUV対策バッチリの重装備♪

 実はピー助を一度、祭りの練習している場所まで連れて行ったことがあるのですが、ビリビリと衝撃がきそうな大音量の中でもこのお方は泣くことなく、じっと聞いていて、そのうちウトウト(笑)・・・祭り好きのDNAは確実に継承されているようです。

 この日も歩いているウチにお眠りになって山車蔵に戻ってきた頃には寝息をたてていました。

P1000981.jpg

 乳母犬、お世話サンキューで~す!

 この後は駅に向い、神社になだれ込むのでピー助と乳母犬はここで退場。山車の前で一度家族写真を撮ろうと「ちょっと起きなさいよ」とコチョコチョして起こすとウインクしながら覚醒してくださいました♪

P1000988.jpg

 親バカ爆発ですが、カワイイお子様です♪

 無事家族写真を撮り、ピー助のお役御免と思っていましたが、夜、ジージとバーバ(義父母)と見に来てて、集合写真にちゃっかり嫁さんと写っていました(その画像は次回紹介します)♪

 その時は目がランラン!この子も祭り好きになると確信した夜でした♪

P1000997.jpg

大人獅子♪

 「10君(私のこと)、お獅子やらない?」

 祭りの練習中に町内の方からきりだされたのは『子供獅子』へのお誘いでした。

P1000922.jpg

 子供獅子は小さな子供達にも、お祭を楽しんでもらうとともに、祭りに参加することの大切さを学んでほしいと言う願いから生まれた祭事。

 全員が獅子につかまり(または獅子の中に入り)、「わっしょい、チロリン!」のかけ声を合わせてねり歩き、神社で獅子を奉納して帰っていく比較的ポピュラーな祭事なのでピンと来る方も多いと思います。

 ウチの地方では市内全ての町内がこの祭事に参加するので山車がない町内も秋祭りに参加できるのです。

 ところが前回の記事に書いたように、私が生まれ育ったわが町内、現在小学生が2人しかおらず、未就学児をあわせても数人なので、現在、別の市に住んでいるピー助が誘われたというわけ♪

 そこは弟思いのお姉ちゃん犬、しっかり参加しました♪

P1000912.jpg

 ラブに限らず、その子の両親、ジ~ジとバ~バまで参加するので(犬はラブだけでしたが)参加者は膨れ上がり、30人近くに!ここまで来ると子供獅子というより大人獅子(笑)♪

P1000924.jpg

 ちなみにこの画像のはしっこに写っているのがピー助のジ~ジでマイファーザー(笑)♪

P1000925.jpg

 姪っ子と甥っ子も参加しているので弟夫婦とマイマザーもいて、一族の大行進となりました!

P1000927.jpg

 ただ問題があって、実はピー助、まだお宮参りを済ませておらず、もっと言うと、その翌週、こちらの神社に参拝することが決まってたんですよね~。なので鳥居まで行くことにして、奉納中は休憩室で待っていました♪

P1000933.jpg

 ピー助のSPのように部屋に危険物がないかパトロール中のお姉ちゃん犬♪みんなの奉納をここで待って帰ってきました♪

 例によってピー助は途中で寝てしまいましたが、楽しんだご様子♪来年も大人獅子に参加したいと思います(笑)!

P1000935.jpg

おっさんの秋祭り。

PA050485.jpg

 犬人です。今回から数回、お祭りの記事を。最初の画像はその練習風景。小中高大、町内の学生さん大集合で1週間練習します。みな近所に住んでいますが、顔を見合わせることはほとんどなく、1年に1度、この時期だけ会うので、「お前誰だ!」って言うぐらい上や横にグ~ンと伸びたコ、幼かったのに急に男らしく、女らしくなるコもいて・・・自分が歳をくったことを痛感させられます(笑)。

 この子達に私が直接何かを指導することはなく、私が教えていた子が指導しているので(そういう歳なんです)、口出しすることなく、もっぱら裏方作業に従事しています。

 テント作ったり、子供のお菓子やジュースを配ったり、かき氷作ったり、うどん作ったりって屋台のおっちゃん状態!自分の姪っ子や甥っ子にまで「お菓子のおっさん」って認識されていました♪

PA060497.jpg

 私が子供の頃は周囲に多くの子供がいて、大人になったら山車(だし)から降りて山車を引っぱることが暗黙の了解となっていましたが、現在、町内に小学生は2人しかおらず(!)、結果、36歳のおっさんが20年以上、山車に乗り続けています。

 同世代の人間は町内の役員になって、とっくに山車からおりてるんですけどね~。よそに引越ししたため、そういう役が回ってこないので(ここに住んでいる弟は役員)、結果、朝に乗ったら最後、夜までず~っと乗っています。

PA070511.jpg

 なので撮る画像も山車の中からばっかり(笑)!

 昨年までだったら嫁さんが祭りの半纏を着た犬を連れてカメラも撮ってくれていたのですが、今年はピース君がいるので気温が上がる日中や、人ごみの多い場所はNG。

 自動的にお祭り犬の出動回数は激減しましたが、嫁さんの実家のみなさんのご協力でそれなりに散歩もし、楽しめたようです♪

 もちろん私も完全燃焼!すっごく大変なんだけど、三十路を過ぎたおっさん・おばさん達が学生のようにひとつにまとまって盛り上がれることは(今では)これしかなく、江戸時代から続く山車というおもちゃを造り、残してくれた先人達にあらためて感謝!

P1000971.jpg

 これからもめいっぱい楽しみつつ、次の世代に渡して行こうと思っています♪

続きを読む

嫌いなニオイ:後編。

 犬人です。前回の続き。ラブのニオイがクサイと一番下っ端の女性社員に告発され、大ピンチの私とラブ。

 ただ、そういうことを言うのは彼女だけで、私が本人に直接言われたこともなかったので、問題は別のところにあるんじゃないかと思っていました。

 例えば私の加齢臭とか(笑)!

 ただこのままでいるのもシャクにさわるので、ペット防臭の芳香剤を買って彼女の机の上に置いたり、ラブの毛もカットし、お風呂に入れる回数も増やし、無言のアピールは続けていました。

 まあカットやお風呂はピース君のためだったりするんですけどね~。

IMGP1993.jpg

 そして現在なんですが、この問題、キレイさっぱり解決しました。彼女が9月いっぱいで電撃退職したからです。

 後々になって給料や上司に対して不満があったという話を会社のおエラいさんから聞きましたが、そんなことは知ったこっちゃなく、なんで俺やラブなんだとイライラしたキモチだけが残りました。

 ラブ自身は全然気にしてないんでいいんですけどね~。前回に引き続き、今回もいい笑顔っすね姐さん♪

IMGP1986.jpg

 彼女は私が購入してきた防臭剤を会社に置いていったのですが、ワタクシ、仕事中、時々ニオってくるこのニオイが嫌いになってしまいました。愛犬と違っておっさんは傷ついたようです。

 曼珠沙華(彼岸花)の花言葉は「悲しい思い出」(笑)!悲しすぎる思い出でした♪

続きを読む

嫌いなニオイ:前編。

 犬人です。それは8月のはじめ、ピース君の誕生を控え、ドキドキしていた頃、会社のおエラいさんから「ちょっと・・・」と呼び出されました。

 なんだろ?お前も子持ちになるから今月から給料UPなんて言われたらうれしいなぁと思っていたのですが、帰ってきた言葉は全然違っていました。

 ある女性社員からラブのニオイがクサくて仕事ができないという苦情があったので気をつけるようにと注意を受けました。

IMGP1979.jpg

 確かにその社員と私の席は近く、ラブの体臭もゼロではありません。ただそれは今に始まったわけでもなく、彼女の入社以来、ずっと変わりはありませんでした。

 そうなんです、その社員は私とひとまわり以上歳が離れている一番の若手。ラブは彼女が入社するずっと前から職場にお局犬として君臨していたわけで・・・下克上?オンナの争い?昼ドラの様相も呈してきましたが、今までラブと彼女との間にトラブルはなく、彼女の近くにラブがいることすら皆無だったので、ホントに寝耳に水。

IMGP1988.jpg

 幸いラブさんは終業近くになると、(注意を受けた)おエラいさんの席に行き、ナデナデしてもらうことを日課にしており(笑)、その日は直接、おエラいさんにニオイをかいでもらいましたが、普段と比べて特段クサくないことも確認してもらい、無罪放免となりました。

 じゃあ何でそんなこと言うの?ですよね~。数ヶ月前まで一緒に働いていた嫁さんに相談するとラブじゃなく、私が嫌われていたり、クサかったんじゃないかって言われました♪私の加齢臭が原因だったらもうお手上げ!

 ただ不思議と私には直接そういう文句を言ってこないんです!だから余計に加齢臭説の信ぴょう性が増し・・・マジで落ち込みました。

 迷宮入りするかに見えたこのニオイ問題ですが、現在、キレイさっぱり解決しました。どうなったのかは次回の後編で。

続きを読む

台風一過。

 犬人です。9月30日の夕方、大きな台風が愛知県にやってきたのですが、自宅はなんの被害もなく、台風の目に入った夜8時には満月が見え、お月見できたぐらいでした♪

ただ海に近い名古屋市の一部には避難勧告が出たようで、翌日、名古屋に隣接する町にラブを散歩させようと公園を訪れると・・・。

PA010472.jpg

 新たに水遊びできる場所ができてました(笑)!

 暴風雨で川から水が侵入してきたんでしょうね~。「じゃあひとっ風呂」と入水しようとする犬を阻止したのは言うまでもありません。

PA010474.jpg

 愛知県、特に私達が住む地域は海抜ゼロメートル地帯が多く、東海・東南海・南海の3つの大地震が連動し、津波が来るという最悪のシミュレーションでは水没する可能性が高いようです。

 公園には高台があり、そこに3階建ての展望台が立っています。登って見渡してみたのですが、ここいらは川に沿って街ができているので今すぐに防災対策するのは難しいと言わざるを得ません。

PA010480.jpg

 そうなると頼りは今シーズン一度も使わなかった1人用のゴムボートだけ!そこには嫁さんとピース君が乗り、ラブはボードに乗るだろうから問題は私が浮いていられるかどうか・・・真夏だったらなんとかできそうだけど冬だったら命はありません!

 かくなる上は避難用にカヤック購入だ!と思ったものの、先日2台同時に車検を受けてサイフはスッカラカン! ちゃんとしたカヤックは2人用で20~30万円近くもし、手も足も出ません!

 でも今ならシーズンも終わって安くなってるかもと一縷の望みでネットを見ていると激安でカヤックとゴムボートを足して2で割ったような一人用の舟を発見!・・・付け焼刃的とはわかっていながらポチっと購入しちゃいました♪

 嫁さんはあきれ顔でしたがこれは家族の命を守るため(笑)!秋祭りが終わった翌日、ボロボロのまま川に向かったのでした。これが『後の祭り』となるかどうかは今後の記事をお楽しみに~♪

続きを読む

渓谷水泳。

 犬人です。滋賀のお出かけ記事も今回が最終回。渓谷での水遊びを満喫中!午後2時になると太陽がだんだん傾き始め、渓谷にも陽光が届き、水面がキラキラします。

IMGP1903.jpg

 すでにお気づきのことと思いますが、今回、訳あってダムを含めた渓谷の正確な名称や場所を表記しておりません。

 こちらは観光地化されていない場所ですし(車のナビじゃ見つけられないと思う)、何より私が教えたくない(笑)!

IMGP1910.jpg

 水深も比較的浅く、水流も砂防堤によって弱められていて、前述したように観光地化されてもいないので、地元の人が湧水を汲みに来る以外は人の出入りもなく(7・8月だったら話は別でしょうけど)、ワンコ連れには理想的な遊び場所です♪

 この奥(上流)には林道もあって他の砂防堤にもつながるようで、そちらには行っていませんが夏はもちろん、絶対、紅葉時期にも楽しめるはず!

 町中から車で10分そこそこの場所にこのような清流があることに驚きましたし、平然と一般道を歩く野生の猿にも驚かされました(笑)♪

 後半は動画を楽しんでもらいましょう!流れの弱い場所を判断し、流れに逆らうことなく最小限の力で川を渡る愛犬に飼い主は感動!



 ボードも持参しましたよ!ボードをヒモで固定し、波乗り(川乗り)させましたが問題なく、流されるボードの上で飄々とバランスをとっています♪



 今シーズンしっかり水遊びしたことで水泳技術もサーフィン技術も場所を選ばないレベルになってきたようです♪

 結局、3時近くまで楽しみまくり、帰りは高速を使って帰ったら5時前に家に着き(!)、6時にピース君と嫁さんを迎えに行きました♪

 とはいえ、まだまだこの場所を遊び尽したとは言い難く、来年、また改めてじっくり調査する必要がありそうです!この場所を教えていただいたOさんありがとうございました!いつかご一緒しましょうね~♪

続きを読む

ライフワーク。

IMGP1850.jpg

 犬人です。滋賀の山奥で水遊びした後はいよいよ水泳部!

 ライフジャケットを着せ、泳いでも大丈夫な場所を見極め、ハンドシグナルでコマンドを出し、はじめての場所で緊張している愛犬を励まし、時にはビビっている背中(おケツ)を押し(笑)、泳げたらめちゃくちゃに褒めてあげる!

IMGP1873.jpg

 そうすると飼い主ソックリに調子に乗る愛犬♪いろいろと自分で考えながら流れの早い場所や深みのある場所に挑戦しようとするので、手も口も出さず、成功したらまた褒めて、トリーツもあげる。

 ここまできたら大成功!あとは黙っていても自分で楽しむ術を見つけ、満喫します。多賀SAで購入したカレーパンをほうばりながら愛犬が楽しむ姿を見守っていました!

IMGP1890.jpg

 川には様々な人が集まります。ウォータースポーツを楽しむ人、貝や魚、虫を捕りに(釣りに)来る人、単に涼みに来た人、キャンプしに来た人もいるでしょう。

 私は愛犬の楽しむ姿を見に川に来ています(笑)!ラブがいる限り、ずっと川に通うんだろうなぁ♪

 犬の水遊びのためだけに、土曜の朝から車を出し、アホみたいに遠回りしてるのに、ラブの楽しそうな顔をみたらもうそれだけで今までのイライラやモヤモヤが吹っ飛んじゃう!

IMGP1917.jpg

 ピース君が我が家にやってきたことで以前と同じように西へ東へ出かけられないかもしれないけれど、ラブとのお出かけは私にとって必要不可欠なもの!一生のライフワークにしたいと思います!

 最後まで面倒見るってお前との約束は忘れてないから安心しろぃ!

IMGP1899.jpg

 次回は動画を見てもらおうと思いま~す!

ヒミツの渓谷ショー。

 犬人です。滋賀にあるダムの奥にお目当ての渓谷があります。

IMGP1938.jpg

 入り口付近に名水が湧く場所もあり、以前に紹介した岐阜県美並村の『円空の森水』のように地元の人達が水を汲みに訪れていました。もちろん私達もゴクゴクいただきました!

IMGP1856.jpg

 現地に着くと一際目を引くのが大きな堤。おそらく砂防(土砂崩れ防止)の堤。私がよくラブと遊びに行く場所にもこのような堤があります。

 砂防堤の水流はそれほど激しくないはずだと思い、試しにスタント犬を送り込んでみるとご覧の通りニコニコ♪楽しそうに探検していました。

IMGP1836.jpg

 コケも生えていないので転倒の心配もなく、大人はもちろん小学生でも階段のように上にあがることが可能。愛犬と一緒に36歳のおっさんも童心に帰って遊びました♪

IMGP1933.jpg

 なんで流れが強くないってわかったかっていうと、砂防堤はひとつでは機能しないから。

 上流に向かって複数の砂防堤があって始めて機能し、強すぎる水流は土砂崩れの原因になるため複数の砂防堤によって弱められたり、別に水路が作られたりします。

IMGP1858.jpg

 画像の人工滝がまさにそれで「なるほどな~」なんて一人悦に入ってしまいました。事前に砂防について教えてくれてありがとう!岐阜県南濃町のさぼう遊学館!

IMGP1890.jpg

 今回は水遊びしようとあらかじめライフジャケットを持参!いよいよ次回は泳いじゃいま~す♪

ヒミツのダム。

IMGP1819.jpg

 犬人です。紆余曲折ありながら滋賀の山奥にお出かけ。お昼過ぎについたのはダムでした。

 こちらのダム、川の洪水被害の軽減と河川維持用水の確保のために上流に建設された小規模なダムで中央に東屋風の展望台が設置されています。

 小石から階段的に大きな岩を積み上げるロックフィル型式で景観を損なわない造りになっており、ダムと自然が調和する景観はサイコー!

 展望台から見渡す湖東平野はまさに圧巻!遠くには琵琶湖も見え、愛犬と共にしばし言葉を失い、景色に見惚れるのでした~。

IMGP1821.jpg

 山から吹く風も気持ちよく、秋の到来を感じました♪

IMGP1822.jpg

 ダムなので当然反対側にはダム湖があるんですが、こちらも厳しい夏だったのか、水量はずいぶん少なめでした。山が水面に映りこんでいるのがいとおかし!

IMGP1809.jpg

 この奥が自然公園になっていて、岩と清流の素晴らしい渓谷となっています。そこがこの日のメイン会場(笑)!再び車に乗り込み、奥の渓谷に向かったのでした。つづく。

IMGP1812.jpg

多賀SA。

 犬人です。道路事情で予定が大幅に狂ったので(前回参照)、予定を一旦白紙にし、遠回りを承知でやってきたのが多賀SA。

P9220456.jpg

 ここらへんで一番の規模を誇るSAでお土産も豊富。時間は12時近くになっていたのでこちらで近江のお土産を買いつつ、近江牛のコロッケとカレーパンを購入!

 テラス席もたくさんあるのでワンコ連れも安心♪コロッケに一点集中の愛犬です♪

P9220452.jpg

 私が駐車したのは多賀SA「上り」ですがこちら歩道橋があるので「下り」にも行けちゃいます。こちらでもお土産を購入♪

P9220458.jpg

 上下共にドッグランが併設されており、昨年も訪れた「下り」のドッグランに行ってみたのですが、見事に誰もおらず空振り~(笑)!

P9220459.jpg

 でも朝から出かけ、車に乗りっぱなしだったラブにはいい気分転換になったようでワンコ達のニオイをかいだりして楽しんでいた様子。「下り」は木陰もたくさんあって暑い時期にも十分利用できるドッグランですよ~(「上り」の方は日陰がないのでこの時期ちょっとツライと思います)♪

 誰もいなかったのでラブを放牧させながらここで軽食をとりました。

 12時前に再び車を走らせ、次のインターで降り、再び北上(笑)!30分程で最初の目的地に到着しました。つづく。

IMGP1821.jpg

迷い道くねくね。

IMGP1950.jpg

 犬人です。おかげさまで秋祭り無事に終了しました!無事じゃないのは私のカラダでボロボロ!昨日、後片付けした後も川に出かけ(!)、全身筋肉痛ですが、仕事しながら体調の回復に努めることにします♪

 このお話は後日させていただくことにして、さっそく本題。

 先月22日の夜、愛息ピース君が我が家に帰ってくることとなり、長かったひとりと一匹暮らしがピリオドを迎えるにあたり、日中はラブとお出かけしようと決め、朝、町内の用事を済ませてから出かけました。

 前の週、岐阜の上流で川泳ぎを楽しむ姿を見ていたので今回、今まで行ったことのない場所に川泳ぎしに行くことに♪

IMGP1942.jpg

 今回は滋賀県。そちらにお住まいの方が書かれているブログに川遊びしている記事が書かれていたので、ず~ずしくも「場所教えてください」と教えていただきました♪

 滋賀県と言っても愛知県の西に位置する我が家、実は山をふたつ超えると滋賀県で、直線距離にすると実に近い!

 高速道路を使うと遠回りになるぐらいで行きは高速道路に乗らなくてもいいやと思い、南下し、国道の山道をゆっくり走りながら秋の到来を感じようと思いました・・・が!

 普段利用している(三重県から入って)ひこにゃんがいる彦根市に通じる道が災害のために通行止め!

 豪雨による土砂崩れが原因だそうですけど、天下の国道なのに~!と憤慨・・・してもしょうがないので高速に乗るために今度は北上!

 結局、愛知の自宅から南下して三重県に行き、岐阜県の関ヶ原まで北上することになり、迷い道くねくね~♪大幅なタイムロスを強いられることになりました。

 気分を換え、山脈を縦断するように養老や上石津の町を超え、関ヶ原から名神高速へ。本来なら彦根インターで降りるべきところを(あえて)通り過ぎ、多賀のSAに行くことにしました。つづく。

IMGP1943.jpg

 すでにお気づきだと思いますが、今回の画像、本文と全く関係ありません。職場の近くでキバナコスモスがキレイだったので散歩がてら撮影しました♪

続きを読む

アネキはつらいよ。

 犬人です。2週間前、愛息ピース君が帰ってきた時、愛娘ラブちゃんはお姉ちゃんらしく、あたたかく弟を迎えてくれました。

 以前もここで書いたように、ピー助がいくら泣いてもラブが吠えることはありませんし、ラブの声に驚いてピー助が泣くこともなく、安心して見ていられます。

 正直、ラブがヤキモチを焼くから気をつけろとは何人にも言われ「そんなことは絶対ない!」と一人憤慨していましたが、ラブの無実がこれで証明されました。

 昔も今もラブは私の誇りです!

IMGP1971.jpg

 ピー助は家の和室に作ったベビーベッドで寝ており、ラブのベッドは和室に隣接するリビングの端に設置してあります。その距離1m弱。

 しかし、ベビーベッドは高さがあるし、リビングと和室にはラブが入れないようゲートも設置してあるのでまったく問題ありません。

 和室には空気清浄機もセットされておりますし、ひとつ屋根の下、家族全員快適生活です♪

 自分のベッドからたくさんの柵に囲まれた(とラブには見える)ピー助を見つめる姿はまるでロミオとジュリエットのよう♪

 加えて毛も抜けないよう、ピー助が帰ってくる前にガリガリに刈り込まれたおラブさん♪アネキはつらいな!

P9260471.jpg

 ただ、ちょっぴり甘えっぽくなったのも事実で、前回書いたように、ピー助の夜泣きがひどい夜はピー助を一晩中抱っこしてることもあって、ようやく弟が寝つき、私の手が空くとおもむろに近寄って私に体をよせたり、職場でも他の社員に甘えてるようで、ホントにいじらしい子です♪

 ピー助がグッスリ眠った深夜と職場の昼休み、ラブと私はいつもより長めの散歩に出ています♪

IMGP1966.jpg

続きを読む

大型新人。

 犬人です。先月22日、愛息ピース君(以下ピー助)が嫁さんと我が家に帰ってきまして、もうすぐ2週間ですが、御多分に洩れず「赤ちゃん夜泣きで困ったな~♪」です(笑)。

 ワタクシ、オムツ替えも、お風呂に入れも、抱っこもでき、お世話すること自体は楽しくできてるんですけど、まぁ~よく泣く泣く!

 その理由がお腹が空いたからなのか、眠る前にグズってるのか、機嫌が悪いのか、ウン○が出ないのか、生きてることに疲れたのか、父ちゃんがキラいなのか全然わかんない!

 ・・・姉ちゃん犬のことなら言葉がなくても一発でもわかるのにね!ただいまピー助のカーミングシグナルを勉強中です♪

P9130405.jpg

 そのかわり、一度、眠りに入るとどこを触っても起きませ~ん。

P9130404.jpg

 おいしい夢でも見てるのかな?

 ちなみにこれが寝る寸前のピー助の顔(笑)!寝るタイミングだけはわかってきましたよ。

P9160445.jpg

 来週で生後2ヶ月、体重も5キロを超えました。期待の大型新人です。

続きを読む

達犬。

 犬人です。今回は水遊びの動画特集。

 秋の日はつるべ落とし、午後の3時をまわると日が傾き、水面が太陽の光に照らされ、輝きます。



 そんな時に大活躍なのがゴーグル!実は水中ゴーグルではなく、サングラスだったりします♪



 大きい波、小さい波、どんな波が来たってヘッチャラ!波がおさまってきたらベタンとお腹をつけてクルージング状態に入り、必死で泳ぎながら引っ張る私を上から目線で見守ってくださいます(笑)!

IMGP1804.jpg

 前回書いた明宝村の川でもたくさん泳ぎました。



 川の水温は若干冷たかったんですが、得意のブルブル~!

IMGP1776.jpg

 ・・・どうやら愛犬はここ数年で水遊びの達人になったみたいです。犬だから達犬か(笑)!

 いつもの(ホームの)川だけでなく、こちらの川でも楽しく泳いでいたのを見ながら、秋が来るまでに別のキレイな川にも連れて行ってやろうと思い、翌週、実際に連れて行っちゃいました♪

 その話はまた後日紹介したいと思いま~す!

明宝水泳。

 犬人です。寝ても覚めても水泳部!長良川の源流、鮎も泳ぐ清流でキモチよさそうに泳ぐラブさんです♪

IMGP1764.jpg

 何度も書いてきたように本来のお天気は雨が降る予報だったので、泳ぐつもりなんてサラサラなく、ライフジャケットも用意してなかったんですけど、ライフジャケットなしの着衣水泳でもヨユーの表情。

IMGP1786.jpg

 鮎もとってこれそうで、気分は鵜飼いの鵜匠さん♪

 前回もちょろっと書きましたが、流れもそれほど強くなく、小さい子でも遊べる場所で、シニア犬や泳ぎの苦手なコでも川の水につかってくつろげます♪

IMGP1792.jpg

 某東北の湖を思わせるようなエメラルドグリーンで水中の透明度も段違いにキレイでした♪



 いっぱい遊んで時間は3時半、帰りは高速を使い5時に自宅に戻り、たくさんのお土産を持ってピース君に会いに行きましたとさ!

 次回は水遊び動画特集でっす。お楽しみに~。

明宝散策。

 犬人です。金曜の記事からの続き。美並村を後にした私達は車を北上、郡上八幡から高山へと抜ける「せせらぎ街道」を走り、郡上市明宝村の道の駅に行きました。

 ここは別名、磨墨(するすみ)の里公園と呼ばれ、名馬磨墨の像が入口にど~んとそびえています。

IMGP1745.jpg

 ここの道の駅は規模が大きく、土産物屋や飲食店も豊富。飲食店の中には屋台風の店も多く、ベンチなどで食べるものも多いため、愛犬家にもやさしい道の駅。

 名物の明宝ハムやフランクフルトはもちろん、手作りケチャップもオススメ!雨でここまでこれないと思っていたので美並村の道の駅で明宝フランクを食べてしまい、後悔したのは言うまでもありません。

 あと個人的に強力プッシュしたいのが道の駅の端っこにあるお店で塩焼きのアマゴとイワナをリーズナブルな値段(350円)で食べさせてくれます。

IMGP1737.jpg

 炭火でじっくり焼いてくれるのでウマウマ!アユよりウマいと言っても過言じゃないぐらいで、頭からシッポまで全部食べられます!

IMGP1740.jpg

 そしてそしてもっとオススメしたいのがそこから下って降りていける川!美並村と違って流れもそれほど強くなく、深さも一定。水の色はエメラルドグリーンで水泳犬は一直線に入水しました♪

IMGP1750.jpg

 すごいでしょ!ここ目指してお出かけして、いっぱい川遊びして、川魚やハム食べて、お土産たんまり買って帰ればみんなニコニコ大喜び!

IMGP1755.jpg

 あんまり動けない子連れ、シニアのワンコ連れにもピッタリだと思いますよ~♪つづく。

プロフィール

犬人

Author:犬人
犬人 1976年8月26日生まれ
 犬と祭りとサッカーをこよなく愛するお調子者。2008年奇跡的に結婚。以後、嫁も愛する。2012年長男も誕生し、三人と一匹の家族生活は最高の一言!

ラブ 2004年4月29日生まれ
 三色毛モジャのコーギー犬。カイヌシに似て調子乗り。性格はヒト、イヌ問わずフレンドリー。でも売られたケンカは必ず買っちゃう太っ腹。カイヌシの結婚後、しばらく嫁にいじわるをし、嫁に小姑ならぬ「コ姑」と呼ばれるも、長男の誕生を機に改心。今はお姉ちゃん犬として活躍中♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR