11
:    

あの鐘を鳴らすのは・・・。

IMGP2684.jpg

 犬人です。恋路ヶ浜は昔、高貴な男女が恋ゆえに、都大路からこの半島にのがれて来たという伝説からこの名前がついたと言われていますが、潮騒を聞きながら、波が打ち寄せる砂浜を歩けばリゾート気分たっぷり。肩を寄せ合い砂浜を歩くカップルの姿がよく似合う・・・これも「恋人の聖地」として認定された恋路ヶ浜の魔法なのかもしれません。

IMGP2685.jpg

 そんなわけで画像の『幸せの鐘』を鳴らし、恋路ヶ浜に向かって願掛けをすると恋人になれるのでした。おっさんの説得の甲斐もあってカップル成立(死語)!!3時間近く滞在した伊良湖岬ですがあっという間で夢のような時間でした!

 ちなみにあの鐘を鳴らしたのはたえさんでした(笑)。

大盛り~1

 その後は人間の腹ごしらえ。さくやさんで名物のどんぶりをいただきました(画像提供たえさん)!

 大アサリと野菜の旨みが詰まった特大の味噌カツ丼!大きなアサリはとっても肉厚で強い歯ごたえ!噛んだとたんにジューシーな汁が口いっぱいに広がります♪自家製の味噌が上品なアクセントを加えてもう絶品!
 
 大満足で車に戻ってくると大事件発生!なんとウチのアホ犬、たえさんが道の駅で購入した『味噌くるみパン』を袋からうまく取り出し完食!「誰が食った!」と問い詰めるとしらばっくれたばかりか、コナンの方に目をやり、コナンも食べた的なアピールをする始末!

 恋人のせいにするかフツー!?
 
 「コナンはキャリーに入ってるのにおかしいね!」と言うと今度は開き直り、「大変おいしゅうございました」と岸朝子さんばりの笑顔で返され、私の通訳を聞いた、たえさん大爆笑!ワタクシ赤面!

 お腹が痛いってほど笑って許してくださったからよかったものの、ホントに穴があったら入りたい気分でした!

IMGP2694.jpg

 罪滅ぼしにジェラートのおいしいバロックさんでデザートを♪右端の犬の笑顔がムカツク!

IMGP2689.jpg

 私はソフトクリームをたえさんはジェラートをいただき、それぞれのワンコにおすそ分け♪

IMGP2690.jpg

 おなかいっぱいになって帰宅しました~!たえさん・コナン、素敵な時間をありがとう!プレゼントもたっくさんいただきました!また遊ぼうね!

続きを読む

スポンサーサイト

海の男。

IMGP2659.jpg

名も知らぬ 遠き島より流れ寄る 椰子の実一つ~♪

 冒頭の「椰子の実」(やしのみ)は島崎藤村が執筆した詩で、彼の友人柳田國男が伊良湖岬に滞在した際、遠い南国から黒潮に乗って幾年月の費やし、椰子の実が伊良湖岬に流れ着いていたという話を聞き、藤村はその話をヒントに「椰子の実の漂泊の旅に自分が故郷を離れてさまよう憂い」を重ね、この詩(歌)を書いたそうです。

IMGP2583.jpg

 流れ着いたものは売ってませんが(笑)、こちらの売店には椰子の実ジュースが飲めますよ~。

IMGP2644.jpg

 本来、犬は水が嫌いで波も怖い。ウチの犬は平気で泳ぐし、サーフィンもするけれど、そんなラブだって最初は泳げなかったし、波にビビってたし、風呂は今でも大嫌い♪

 そんなことは百も承知だった。けど・・・。

IMGP2650.jpg

 コナンは男の子だもんな。お父さんの出張中はお母さんを必死で守んなきゃいけないもんな。

 それでおやつがもらえるわけじゃない。けど、頑張ったらお母さんが喜ぶもんな。お母さんの笑顔がコナンのパワーの源だもんな。

 最後は漁船追っかけてたろ?男だなぁっておっさんはコナンに感動してウルウルだったよ。お母さんもウルウルしてたよ!

IMGP2670.jpg

 コナン、おっさんのお願い聞いてくれる?ちょっと年増なんだけど、ウチの娘犬、コナンにゾッコンらしいんだわ。恋人にしてくれない?

 いい返事待ってる!

続きを読む

誤算。

 犬人です。タイトル通り今回は誤算だった話を。

 リラックスし、自由に遊びはじめたコナンにチャレンジさせてみようと思い、私が手に取ったのはディスク♪

 コナンはボール遊びをエンドレスでするっていう話をたえさんから伺っていたのでディスクを試してみようとラブが使っているディスクを全種類用意して遊ぼうと思ったんですね~。ところが・・・。

 強風のためディスクが全部戻ってきちゃう(涙)!しかもコナンはいつも遊んでいるボールの方にロックオン!ボールとディスク交互に投げてみるんですがディスクには目もくれず(泣)、ボールを投げて投げてと大興奮!あえなくディスク遊びは断念となりました~。

IMGP2608.jpg

 でもでもそれは想定内。それならそれでボールを波打ち際に投げ、波への恐怖をとっぱらおう作戦に変更!

 最初は怖がって近づきもしなかったコナンですが、大事なボール、勇気をふりしぼってボールをくわえ、私の元に戻ってくるようになりました。

IMGP2609.jpg

 波がひいた直後にボールを落としてみてもレトリーブを成功させ、いいぞコナンと再びボールを波のひいた場所に投げ込んだ!・・・これが誤算でした。

 コナンは取りに行かず、次の波に飲まれるボール!!その時のコナンの悲しそうな顔ったらなくって!・・・気づいたら私が海に入ってボールをつかんでいました♪

IMGP2612.jpg

 両足ベタベタになっちゃったけど、コナンのホッとした顔をみたら全然平気♪

 ここでたえさんにボールを返し、封印したら、今度は強風で転がっていく海藻のかたまりをボール替わりにして遊んでいました♪

IMGP2599.jpg

 海藻なのでポロポロと分解されるんですがそれを何度も追いかけ、いつの間にか波にも動じない海の男になっていました♪

IMGP2620.jpg

 うれしい誤算でした♪

続きを読む

ふたりは恋人♪

 犬人です。前回の続き、コナンがジェントルワンになったのはラブもわかったたようで(それぐらい劇的でした♪)、それまではラブが主導権をとっていたのに、気づいたらラブがコナンの背中を追っていました♪

IMGP2565.jpg

 ふたり仲良く歩くんじゃなく、ダッシュを何度も繰り返す・・・ストーカーに追われるアイドル的なカンジにも見えなくもない(笑)♪

IMGP2576.jpg

 犬は喜び浜かけまわり~♪この恋路ヶ浜はデートスポットとしても有名で『恋人の聖地』として認定された場所だけにカップル誕生でしょうか?

IMGP2614.jpg

 なんか雰囲気いいよっ!ラブラブじゃね?

IMGP2615.jpg

 海風が強いんですけど、黒潮に乗ってくるので冷たくなく、動き回っていると意外に快適♪

 夏の砂浜は灼熱すぎるし、普段から風が吹かない場所だと砂がやわらかすぎて短足犬は足をとられまくるのですが、こちらは海水と強風が砂をギュっとおさえるので、まるで低反発のクッションの上を歩いているよう! コナンどうよっ?

IMGP2561.jpg

続きを読む

ジェントルワン。

IMGP2549.jpg

 犬人です。フリーダムな犬に導かれるよう、コナン君は岸壁を探検します。

IMGP2542.jpg

 某サスペンス劇場で間違いなく突き落とされそうな岸壁でも恐怖で震えることなく、ラブは海風を全身に浴びてニッコニコ。

IMGP2544.jpg

 コナ~ン、おいで~!恋人を呼ぶようにラブがコナン君を誘います♪

IMGP2539.jpg

 突き落とさないから(笑)!

IMGP2546.jpg

 たえさんの応援もあって、見事、コナン君はひとりで岸壁に立ったのでした~!パチパチ♪

IMGP2547.jpg

 ひとつの経験が自信となり、みるみる精悍な顔になって恋路ヶ浜を爆走するんだから面白い!

 サッカーの本場イギリスでは「フットボール(サッカー)は少年を青年にし、青年を大人にし、大人を紳士にする」という名言がありますが、さすがイギリスにルーツを持つワンコ、成長がハンパねぇ!

 気づいたらラブをエスコートするジェントルワンになってました!

 海がコナン君をジェントルワンにしたようです♪

 私もたえさんもコナン君の成長にウルウル。まだまだお子ちゃまだと思っていたのに、数時間後にはすっかり海が似合う「男」になっちゃって・・・コナン君を見るラブの目が♡になってました♪

IMGP2537.jpg

 もう「君」って呼べないなっ!これからはコナンって呼ばせてもらいま~す!

フリーダム犬。

IMGP2499.jpg

 犬人です。伊良湖岬灯台から太平洋岸に面した約1kmの美しい砂浜が恋路ヶ浜。残った時間をここで遊ぶことにしました。

 平日、しかも11月の海、恋路ヶ浜には私達以外誰もおらず、1km貸切のプライベートビーチ!

 呼び戻しも問題なくできる2頭なのでノーリードにして遊ばせました・・・が、当のコナン君はたえさんベッタリ♪

IMGP2511.jpg

 初めての海、初めての砂浜、なんでもハジメテ尽くしで何をしてもいいよという状況にワクワクよりも自由度の大きさに戸惑っていたのかリードを外してもたえさんの近くにいたコナン君でした♪

IMGP2519.jpg

 先日、TVの対談番組を見ていたら、世間で理想のパパと呼ばれている芸人さんが「自分の子供にとって理想のパパじゃないと全然意味がない」とおっしゃっていました。

 「世間でいいパパですねって言われても家で全然子供から総スカンだったら悲しい。世間でどう見られていても自分の子供が『いいパパ』って思っていたらいいんじゃないかな」ともおっしゃっていました。

IMGP2525.jpg

 含蓄のあるこの言葉は犬に対しても置き換えられます。

 たえさんはなかなかコナン君を外に連れ出してあげられないとおっしゃられていましたがママ命なコナン君を見れば、たえさんが『いいママ』なのは一目瞭然♪

IMGP2485.jpg

 反対にリードを解き放った途端、ヒャッホーイとフリーダムに走り回り、飼い主そっちのけでたえさんにベッタリな愛犬の姿を見て一抹の不安を覚えたワタクシでした~(涙)。

 そんなコナン君もフリーダム犬に触発され、少しずつ一人で行動できるようになりました。つづく。

IMGP2504.jpg

伊良湖岬灯台。

IMGP2435.jpg

 犬人です。フェリー乗り場を後にした後はいよいよ伊良湖岬灯台へ出発!ルートは2つあり、海岸線から向かうルートと小高い丘に登り、上から一気に階段を降りていくルートがあるんですが私達は後者を選択!

 最初はお互いテンションが上がってワチャワチャしていた2頭でしたが、埠頭でまったりし、ニオイもクンクンした後はグっと縮まる距離感♪昨春は2頭で登山したんだもんね~。

IMGP2442.jpg

 フツーのワンコだったら足がすくんでしまう急階段もなんのその!勇気を持ってたえさんと一緒に降りていくと前方に現れる白亜の灯台!

IMGP2449.jpg

 これが渥美半島の先端にたつ伊良湖岬灯台。1929年に建てられ、海を行き交う船の安全を守り続けてきた守り神。

IMGP2454.jpg

 渥美半島沖にある伊良湖水道は潮流が速く、暗礁が沖まで続く航海の難所であったため建設されたそうで、その美しい姿は伊良湖のシンボルになっています。

 青い空と青い海とのコントラストを際立たせる白亜の灯台との記念撮影は必須!

IMGP2469.jpg

 ラブもコナン君もちゃんとモデルできました!

IMGP2493.jpg

 年賀状の写真はこれでキマリだね!

伊勢湾フェリー。

 犬人です。ダブルデートの続き~。クワガタのように2つの半島(知多半島・渥美半島)が突き出ている愛知県。渥美半島の突端にある愛知県の最南端、伊良湖岬が今回の目的地♪

 ここは知多半島や三重方面への船舶の旅客ターミナルにもなっており、旅客船や漁船、渥美半島の臨海工業地帯からくる大型タンカーなどが多数行きかっている海上交通の要所となっています。

 フェリー乗り場は道の駅にもなっているので、9時半過ぎに到着し、ここで(早くも)お土産を大量購入♪

IMGP2404.jpg

 ここの砂浜で遊ぶのが今回のメインなので体を慣らすため、港の桟橋まで出てくるとちょうど大型フェリーが到着しました~。

 伊良湖はメロン栽培が有名でそのメロンを使った手作りメロンパンを購入し、ホットコーヒーでブランチ♪ウマウマでワンコ達にもおすそわけしました。

IMGP2414.jpg

 コナン君はもう目がキラキラ!海初体験みたいで磯のニオイをクンクンしていました。

IMGP2412.jpg

 「コナンが生まれたのは知多半島で海も近かったんだよ~」と言ってるのかどうかはわかりませんが、ラブさんはコナン君に寄り添っていました。

IMGP2411.jpg

 その間も私はコナン君のおケツに一点集中でしたけどね~(笑)!

IMGP2419.jpg

 ブランチした後はフェリーの前で記念撮影♪風にも慣れ、体もあったまってきたのでいよいよ伊良湖岬の灯台を目指すことにしました。つづく。

IMGP2424.jpg

ダブルデート。

 犬人です。今回からヒッパるだけヒッパったダブルデートを書いていきますね。

 たえさんとその愛犬コナン君にお会いしたのは2010年5月、浜名湖で行われたオフ会でご一緒し、意気投合!昨春も会いに行って山登りや菜の花畑で遊んだりして、ゆっくり愛を育んだのでした(笑)♪

 コナン君のおケツがプリップリでかわいいんだこれが!って誰狙い(笑)?

IMGP2439.jpg

 週末はたえさんの家業である工務店の営業日なのでなかなか一緒に遊ぶ機会がないのですが、以前にも書いたように、私の有給休暇がとれたので、お誘いすると、タイミングよく旦那様が海外出張!しかもウチの嫁さんはピース君のお世話でこない!

 ・・・フツーだったらかなり怪しまれるし、反対されるシチュエーションだと思うんですけどね~(汗)、お互いパートナーに快く「いってこい」って言われる私達って一体(笑)?なにはともあれ感謝感謝です。

IMGP2405.jpg

 ただ、たえさんがお住まいの愛知県の豊橋市は静岡県に隣接する愛知県の東端に位置し、岐阜・三重・滋賀にも近い西の果てにあるわが街からすると同一県でありながらかなりの距離(大阪や神戸と同じぐらいだったりします)!

 しかも高速道路は名古屋を横断するので朝の渋滞ラッシュも覚悟して朝の6時に起床し、たえさんと約束した9時ピッタリに到着♪

 ラブには何も伝えてなかったのでたえさんとコナン君を見て大喜び!さっそくたえさんに甘え、膝の上を陣取りました!

 再会の感激もそこそこに今度は進路を南へ!愛知県の最南端、伊良湖岬に向かったのでした。つづく。

IMGP2414.jpg

 コナン君、海初体験に目がキラキラで~す!

なかよし♪

 犬人です。11月になり、半年ぶりに私が引っ張り出したのが愛用の寝袋。座椅子に敷くだけでポカポカ暖かいし、肌寒い夜にはスッポリ入れば快適にすごせます。

 それは愛犬も同様のようで、私が席を外す機会を狙って場所取りされ、高いびき♪

 このモードになるとやさしく「どいて」と言っても寝たフリをして絶対にどいてくれません。

 以前の私だったら実力行使で寝袋から引っこ抜いていましたが、一児の父親となったワタクシ、ここは平和的に解決を!なんてするわけもなく(笑)、目には目をで(!)愛息を使って嫌がらせ♪

P1010199.jpg

 愛息ピー助もこのモードになったらちょっとやそっとじゃ起きないんで、仁義なき姉弟我慢対決開始ですっ!

P1010198.jpg

 寝たフリなのでラブさんは起きているんですが、ここで起きたら寝たフリしたのがバレちゃうんで(目うっすらあけてるし!)、すっごく困った顔をしながらも寝たフリ続行!

 一方、ピー助は本気で寝ていて、フツーならこの時点で勝負アリなんですが、誰に似たのか寝相が悪く(笑)、手足をバタバタ、それがラブにも当たるんですが、前述したように寝たフリ中なので反応できず、見ているこっちは大爆笑!

P1010203.jpg

 結局、ピー助が画像の体勢をとり始め、座椅子からズリ落ちる危険性があったので嫁さんのレフェリーストップが入り、ラブの勝利となりましたが、姉の威厳はガタ落ちとなりましたとさ!

P1010202.jpg

 なんだかんだ言っても仲いいよね~君達♪

続きを読む

センセーション。

IMGP2375.jpg

 犬人です。八木三山の帰り、愛知県一宮市の138タワーパークによりました。ここの公園のコスモスがそろそろ見頃だと思い、見に行ったんですね~!

 思った通り、ビンゴビンゴでした♪

IMGP2374.jpg
 
 信じていただけないかもしれませんが今回のコスモスのように毎年訪れている場所はなんとなく見頃がわかっちゃう(笑)。

 みなさんの関心を強くひくために扇情的(センセーショナル)に言っているつもりもないのですが、気温や空気の乾燥といった肌(皮膚)感覚で「今だ」って思うタイミングがあって、実際に行ってみると百発百中、ハズレなし。

 それはきっと愛犬と8年にわたって散歩して自然に磨かれた感覚なんだと思います♪

IMGP2369.jpg

 ちなみに一般的なこのコスモスの品種名はドワーフセンセーション♪・・・こういうことを間にはさむから信用されないのまでわかってるんだけどボケずにいられない(笑)♪8年近くブログ書いてるとこうなっちゃう(涙)!

IMGP2366.jpg

 こちらはイエローガーデン、珍しい黄色のコスモスです。交配を続けて生まれた新種だそうです。

 ちなみにこちらが別日・別場所で撮ったキバナコスモス。オレンジに近い花色です。

IMGP1942.jpg

 ラブさんは花より人間。小学生にさわってもらって勝ち誇った「どや顔」です!

IMGP2372.jpg

 そんなわけで今年も無事コスモス撮影ができました♪来年もセンセーションを起こしたいと思いま~す♪

IMGP2359.jpg

 あとあと・・・。

続きを読む

忘れられない一枚。

IMGP2311.jpg

 犬人です。三山制覇した愛宕山の頂上で休憩。ノースリーブのシャツは汗でベタベタ。水分と糖分を補給しながら上半身ハダカになってくつろぎました。

 その後はいよいよ下山。下りながら「すその道」と呼ばれる道を通って八木山まで戻っていきます。

IMGP2325.jpg

 愛宕山の登山道はほぼ稜線を歩くので所々で左右の展望が広がって、尾根歩きの醍醐味が味わえ、大感激!下に見える池は苧ヶ瀬(おがせ)池です。

IMGP2339.jpg

 その名の通り、すその道は山の裾野を歩くため再度アップダウンが続き、太ももは悲鳴をあげまくりましたが、なんとか無事に八木山の麓まで帰ることができました。

 午前10時半に登り始めて到着は午後1時、見事午後2時に閉まるラーメン屋さんに2週続けて入ることができました♪新メニューのまぜそばは激ウマでした!

IMGP2212.jpg

 ルート的にはすその道から愛宕山→双子山→八木山とめぐり、八木山のつづら折りのゆるやかな登山道から下山するのをオススメします(私達は全部逆のルートを選択)。ピー助が大きくなったらこのルートでまた挑戦してみようかな?

IMGP2268.jpg

 最後に今回の登山で三山制覇よりうれしかったのがラブの成長!ゴツゴツした岩に指を指し「のって」って言うとヒョイっと乗るんです!フツーじゃんって思うなかれ!それが300mの高所でも?

 ワンコに限らず動物は本能で火を恐れ、高所も恐れます。以前はラブにそう言っても怖がって岩に乗ることはありませんでした。

 しか~し、今はヘッチャラ!恐怖で固まることもなく、満面の笑みでポーズをとってくれます!なぜか?

 それはこの夏たっくさん練習したサーフィンが関係しています!岩の上でもバランスがとれる絶対の自信がヘタレだったこのコをここまで押し上げたんだと気づき、泣きそうなぐらいうれしくなり、忘れられない一日、一枚となりました!

IMGP2267.jpg

 お前もストロンガーだねっ!次回はみなさんにコスモスを見てもらいま~す!

愛宕山。

IMGP2299.jpg

「野辺へ出てまいりますと、春先のことで空にはひばりがピーチクパーチクさえずって、下にはレンゲ・タンポポの花盛り。かげろうが萌え立ちまして、遠山にはふわーっと霞の帯を敷いたよう。麦が青々と伸びて菜種の花が彩っていようかという本陽気、やかましゅう言うてやってまいります、その道中の陽気なこと!」

 という言い回しが出てくるのが上方落語の演目『愛宕山』。京の旦那衆と大阪の幇間(太鼓持ち)が春山にピクニック出る噺。数年前の朝ドラでも取り上げられていたので記憶に残っている方もいるかもしれません。

 前フリが長くなりましたが、八木三山の最後はこの噺に出てくる山と同じ愛宕山(噺の愛宕山は京都にあります)♪

 双子山から下って上ってのアップダウンは同じですが、頂上付近になると急勾配の岩場が顔を出します。

IMGP2291.jpg

 ところどころロ-プが張ってある危険な場所もあるんですが、こっちは幇間犬と一緒で陽気な気分♪、力もみなぎり、岩場をよじ登って頂上に到着しました。

 頂上へ出てまいりますと、秋先のことで空にはワンコがピーチクパーチク♪

IMGP2328.jpg

 下は運動会の花盛り♪

IMGP2226.jpg

 遠山にはふわーっと秋雲が広がり、絶景かな絶景かな!

IMGP2342.jpg

 三山制覇のうれしさに思わず頂上で叫んでしまいました!次回、下山しま~す!

IMGP2298.jpg

Stronger。

IMGP2260.jpg

 犬人です。前回の続き。八木山の次は画像の双子山・愛宕山を目指します。

 前回書き忘れましたが、ワタクシ、3年近く前の2010年2月にラブと八木山登山をしておりまして、今回が二度目なんですが、当時は八木山だけで満足してしまって三山制覇しませんでした。

 まあ2月は仕事の繁忙期で、例年、著しく体力の落としている時期でもあるので懸命な判断だったと思いますが、当時のHPのアルバムコーナーにもいつか三山制覇したいって書いていたので、今回は3年前の自分との闘い登山(笑)♪

IMGP2278.jpg

 三山というぐらいだから尾根がつながっていてラク~に行けると思ったのですが、大間違い。傾斜のある尾根を上り下りします。

 前回の八木山登山はみなさんにオススメできますが、双子山は木に覆われ、展望がひらけないし、前述したようにアップダウンするので体力に自信がない人にはオススメしません。

IMGP2287.jpg

 ただ尾根だけあって日差しが届き、明るい木々のドームを進む感覚は他の山にはないんで登山する価値は十分アリですよ~。

IMGP2284.jpg

 ってなわけでご覧の通り、頂上も木に覆われています。写真だけ撮って次の愛宕山を目指しました。

 歩いている最中、口ずさんでいたのはブリトニー・スピアーズの『Stronger』サビはこうです。

Stronger than yesterday(昨日より力強く)
Now it’s nothing but my way(我が道を進むだけ)
My lonliness ain’t killing me no more(ひとりだって怖くない)
I’m stronger(強くなった!)

 実際は3年前に比べて体力は落ちているかもしれないけれど、双子山に立ってる自分は紛れもなくストロンガー!テンションを上げて三山最後の山、愛宕山を登りました。つづく。

続きを読む

八木三山。

IMGP2233.jpg

 犬人です。前回お知らせした通り、今回から登山話を♪

 岐阜県各務原市にある八木山(296m)・双子山(247m)・愛宕山(269m)の三つを合わせて八木三山といいますが、欲張って、今回三山とも制覇しちゃおうって話です。

 まずは八木山。山道はジグザグで傾斜もそれほどなく、ゆっくり歩いても30分弱で登れちゃいます。でも景色はバツグン!

IMGP2245.jpg

 こんな絶景ですから一見、ものすごい苦労をしないと辿り着けないと思われがちですが結構ラクチンに行けちゃいます。私とラブは頂上まで実質15分ぐらい。

IMGP2217.jpg

 山頂近くは岩がむきだしになっていて、傾斜もあるのでそこだけ注意していただければこの景色を独り占めできます。お近くにお住まいの東海地方のみなさん、いかがでしょうか?

 頂上は広いスペースがあり、360度パノラマで見える眺望は素晴らしいの一言。愛犬もゴキゲンでした。

IMGP2242.jpg

 そこに彩りをつけてくれるのが画像の石碑!御嶽信仰(山岳信仰のひとつ。御嶽は北アルプスの南端に位置する活火山で修験道でも屈指の霊峰)の石碑で北アルプスの方向を向いて立っています。

 地元の人達はこの石碑まで参拝登山する人も多く、この日も多くの登山者に会いました。ちなみにここまで登れない人のために登山道入口近くにも石碑があります。

 アクセス方法ですが、まずはナビや地図で八木山小学校を目指してください。その裏(山側)に配水施設があります。ここに10台ほど駐車できるスペースがあるのでここから画像の貯水タンクまで階段を上がり、道沿いに進めば登山道が見えてきます。

IMGP2357.jpg

 この日はちょうど小学校で運動会だったようで頂上からも子供の元気な声が聞けましたよ~(綱引きしてました)。ってなわけで次回は双子山に登ります!

IMGP2226.jpg

背高泡立草。

 犬人です。10月最後の週末、27日はどこに行くか悩みました。

 天気は気持ちのいい快晴!川に出かけてカヤックもいいなと思いながらもネットで注文した人用のライフジャケットが届いていなかったし、ここ数年ハロウィン気分を味わうために出かけていた牧場に行くことも考えたのですが、嫁さんや他のお友達ワンコと訪れるならまだしも、ひとりと一匹で行くには寂しすぎるなぁと思い却下。結果、出した答えは・・・。

IMGP2275.jpg

 2週続けて登山!しかも前回登山した金山のお隣の山~!先週と同じ道を通り、岐阜県各務原市に向かいました。

 翌28日は大雨が降るのがわかっていたので、筋肉痛になっても家でゴロゴロしてればいいやと思ったし、なにより、先週久々に訪れたラーメン屋さんの新メニュー、まぜそばが食べたくなったのでこっちにしました♪

 ってなわけで消去法で選んだ登山だったのですが、はからずも大満足の登山となり、写真的にも「撮り高」の高い、濃い~一日となりました。

 翌々週、ちょうどオンラインアルバムを使う必要があったので、練習用にこの日の画像をアルバムにUPしました。完全ネタバレになりますが、よかったらこちらをご覧下さいな♪

IMGP2388.jpg

 残りのスペースを使って背高泡立草(セイタカアワダチソウ)の紹介を♪

 北アメリカ原産で、日本では切り花用の観賞植物として導入された帰化植物。ススキなどの在来種と競合し、一昔前は川沿いや空き地などに爆発的に群生していたそうですが、最近は少なくなっているそうです。確かに空き地自体少なくなってますもんね。

 ただウチの近所では変わらず河川敷に群生してますけど(笑)!遠近法をうまく使って背高な植物と一緒に写ることに成功した短足犬でした♪

ライムライト。

PA210602.jpg

 犬人です。前回から続いてジャングルクルージング。漁師さんの船をカヤックから遊覧♪

PA210604.jpg

 最初は近いね、デカイね~なんて言っていたんですが、船の迫力に圧倒され、しばし言葉を失い、ガン見!さっきまで寝ぼけ眼だった愛犬の目もパッチリでランランでした♪

PA210599.jpg

 「人生を楽しむには勇気と想像力とちょっぴりのお金があればいい」・・・これは映画『ライムライト』でチャップリンが言うセリフ。

 犬とカヤックに乗ってクルージングしたら面白いかもと想像し、勇気を持って漕ぎ出してみたら大感動!ステキな経験ができました!

 その前にちょっぴりの(というか、なけなしの)お金でカヤック購入しなくちゃいけないんですけどね(笑)!

PA210600.jpg

 思った以上に感動した理由が(船以外に)もう一つあって、それが画像の木。これが干潮時どうなるかっていうと・・・。

続きを読む

ジャングルクルーズ。

 犬人です。登山部した翌日は予想通り、足回りの筋肉痛が発生(笑)!ラブもお疲れ気味の様子なので、ここは一日ゴロゴロしようと思っていたのですが、ゴロゴロしてないのがピー助。早朝からその名のごとくピーピー泣きまくり(涙)、ようやく午前10時過ぎに電池が切れました♪

 母子共に寝入り、数時間は起きないことを確認し、起こさないよう外出しました。

 ただ前述したように足はパンパンだし、かなり眠い(笑)!そんな私が出した結論は・・・。

PA210612.jpg

 川で昼寝でした~(笑)。幸い上半身は自由がきくので、カヤックを漕艇して川の中でゴロゴロ~。秋の陽光を浴び、ラッさんもリラックス♪ウトウトしながらバランスとってるところが素晴らしい!

 ところがところが!この日はジェットスキーを楽しむ人達がいて4台のジェットが川を行ったり来たり。通った数分後、グワングワンと波がやってきて、ひっくり返るほどではないものの、昼寝ができない!!

PA210596.jpg

 波を避けて、この夏、サーフィンを楽しみまくった入り江にカヤックを向け、避難すると前方に漁師さんの船を発見!

PA210602.jpg

 そうなるとムクムク出てくる好奇心。ラブとジャングルクルーズをすることにしました(笑)♪つづく。

続きを読む

下山後。

IMGP2187.jpg

 犬人です。前回はアツくなっちゃって書いていませんでしたが(おバカ)、無事下山しました。

 麓についてあらためて登った金山を眺めると感無量!最初はバテバテでしたが、ラッちゃんなかなかのクライミングでした♪よく頑張りました。

 今シーズン最初の登山だったので、しばらく自由にし、足の運びを見ていたんですが、何も言ってないのに勝手に走り出す犬(笑)!

IMGP2195.jpg

 元気いいねぇ~。

 毎回書いていることですが、山や川等、自然豊かなとこに連れてくると表情が全然違ってイキイキし、見ているこっちもニコニコになっちゃいます♪

IMGP2207.jpg

 そして山にはステキな出会いもある!麓の公園に家族全員で遊びに来ていたコギさんを発見し、遊んでもらいました♪

IMGP2209.jpg

 ご近所に住む6歳の女の子、その名も「らん」ちゃん(笑)!

 前回も書いたリュックについてのテッパンネタを質問され、そこについてる名前札やこんぴらさんのお守りの話もし、盛り上がっちゃって、木陰で座り込み、ご家族と30分近く話しこんじゃいました♪

 その間、ラブさんはおばあちゃんとお孫さんにナデナデしてもらい、私はらんちゃんをナデナデしてました。

 ご家族と別れた後はダイスキなラーメン屋さんで食事をし、大満足で帰宅。ラブは車内でも帰宅後も満足そうに寝息をたてていましたとさ♪

IMGP2208.jpg

山の掟。

IMGP2169.jpg

 犬人です。金山で大松くん(前回参照)に会い、再会(再訪)を誓い、下山することに。

IMGP2184.jpg

 山に登るのは人と関わりたくないからと勘違いされる方もいるようですが、せまい山道、他の登山者とすれ違う際はゆずりあう必要がありますし、山で出会うと「こんにちは~!」と必ず挨拶を交わします。

 これはルールというより、掟(オキテ)!

 街で暮らしていると見知らぬ人に挨拶することはまずありませんが、この山の掟は絶対守らなきゃいけません!

IMGP2186.jpg

 それは不意なアクシデントに見舞われた場合、他の登山者と交わした挨拶(記憶)が、遭難場所の特定に大いに役立つという理由もあるのですが、そういうのを抜きにしても、山を好きな者同士、挨拶すると超キモチイイ!

 ・・・そう考えると私は人ともっと関わりたくて山に登っているのかもしれません♪

IMGP2187.jpg

 ここは350m弱の低山で、ファミリー連れも多く、登山者のみなさん、ほぼ100%の確率でリュックを背負った犬に食いつきます(笑)。

 「自分の荷物は自分で」というこれまた大事な山の掟を話すと笑ってくれ、「エライなぁ」と褒めてくれるのでテッパンネタになっています♪

 言うまでもなく私達の目的は山を登ることですが、ワンコ連れ登山のアピールが裏テーマになっているので(笑)、これをきっかけに多くの人やワンコが山の楽しさを知ってほしいな~と思います♪

 もちろん山の掟を守ってね!みなさんもワンコと近くの山に出かけませんか?

IMGP2190.jpg

大松くん♪

 犬人です。前回に続いて岐阜県各務原市にある金山登山話を。

 各務野自然遺産の森を出発し、265mの展望台を経て、断層地帯を抜け、見晴らしのいい大岩展望台にから最高点(ピーク)を目指すのですが、残念なことにピークには大きな反射板があり、視界を遮られ、愛犬と写真を撮る景観がない!

IMGP2182.jpg

 画像は大岩展望台からの景観。金山には5年近く登っていますが、せっかくの最高点なのでそこに東屋を作ったり景観を整備してもいいのになと思うわけで・・・もしかして隣の関市にかかっていて手がつけられないのかな?

IMGP2160.jpg

 なので、いつも大岩展望台から大岩不動へ続く山道に進み(下り)、そこにある巨大な松の前でラブとくつろいでいます。

IMGP2177.jpg

 これがその松。個人的にはここからの景観が金山で一番だと思っています♪

IMGP2150.jpg

 前述したように頂上が頂上らしくないので、私はこの大きな松にそのまんま『大松くん』という名をつけ、大松くんに会うことを金山のゴールと設定しています(笑)!

 大松くんを眺め、甘~い紅茶を飲みながら「俺もラブも元気だぞ、子供生まれたぞ、そのうち連れて会いに来るぞ」なんてことを心で伝えるわけです。

IMGP2167.jpg

 大松くんに伝わったかな?

 ラブにフードと水を与え、あとからやってきた年配のご夫婦としばし歓談し、下山することにしました。つづく。

華麗なる?

IMGP2127.jpg

 犬人です。涼しいを通り越して寒くなり、さすがに泳いでられないなぁと感じた10月の末、私はラブと山に出かけました

 ピー助はまだ首がすわらず(だいぶしっかりしてきましたが)、半年近くはお出かけも制限されるのが予想されたので、嫁さんが来ない(来れない)山登りを楽しもうって魂胆。水泳部から登山部へ華麗なる転身です(笑)!

 とはいっても私達の大好物は低山の冬山だったりするので時期的にはまだまだ早い。リュックハーネスをつけたいつもの装備で一年に一度は登る、岐阜県の各務原市と関市にまたがる金山(標高347.7m)にやってきたのですが、登り始めて10分で汗ダク!

 私はノースリーブのクールシャツを着ていたのですが、汗は止まらず、ラブもハアハア。

 低山ですが「健脚の道」という名の登山道は所々に険しい道があり、傾斜も急。登り応えはなかなかで、ブランクに加えて、暑さもあって大苦戦!

 これはいかんと判断し、ペースを大幅に落とし、頻繁に休憩と水分補給するように登りましたがこれじゃあ登山というよりハイキング♪

 紅葉はまだまだでしたがところどころ色づき始めていました。

IMGP2140.jpg

 ここでようやくラブもペースをつかんだようでしたが舌が出っぱなし!私も大腿四頭筋(太ももの前にある筋肉)がパンパンで、華麗というより加齢を強く感じたコンビでした~(笑)!つづく。

IMGP2141.jpg

続きを読む

バードウォッチング。

 犬人です。コギ部の続き。波も風がないとはいっても流れはあるわけで、渡り鳥を観察しているとカヤックはだんだんと流れ離岸し、クンクンしていた犬は置いていかれたと大慌て!この日は曇天で水温も上がらず、水が冷たいのに泳ぎ、駆け込んできました!



 おかげで船首はベタベタ~。冷えるのが嫌いなおラブさん、またもやおケツを足に乗っけられました(笑)♪

PA140558.jpg

 その後は船首でブルブル震えだしたので一時帰還!ラブの体が乾くまで砂浜でディスク遊びし、再度、コギコギと横断すると渡り鳥は川の中央に広がるように浮かんでいました!

PA140570.jpg

 コンデジではこれが限界ですが、実際はもっと近くで見れていて、とっても幻想的でした♪

PA140585.jpg

 バードウォッチングをして戻ってくる頃にはラブさんおくつろぎで船首でウトウト。計3時間ほど遊びまくり、帰りましたとさ。

PA140556.jpg

続きを読む

横断。

 犬人です。14日の日曜日、連チャンで川へお出かけ♪

 前日訪れているのでそこから潮の流れを計算し、干潮になる昼頃に出かけました。現場に着くとビンゴビンゴ!ベタ凪でベストコンディションでした!

 全く波もないのでスイスイ♪ボードのシート(前々回参照)の座り心地もよく、なんちゃってカヤックだからやらないでおこうと思っていた川の横断をしてみることにしました。

PA140564.jpg

 これも干潮で波もない状態だからできること。動画を見てもらうとおわかりになると思いますが、オールを漕ぐ音しか聞こえません。



 一級河川を横断できるなんて夢にも思わず感動でした!

PA140567.jpg

 向こう岸は利用者がほとんどいないため、この時期、渡り鳥の休息場になっています。っていうか実際に行ってみて気がつきました♪

PA140568.jpg

 この岩場でくつろいでいた鳥もいたんですが、我々がやってきちゃったんで逃げちゃいました。

PA140572.jpg

 次回もバードウォッチングとコギ部、水泳も楽しんじゃいまっす♪

ロケハン。

IMGP2399.jpg

 犬人です。カヤック話の途中ですが、今回は一度リアルタイムに戻します。

 私には4月から11月末まで取れる有給休暇が4日あり、ピー助君の出産予定日の前々日にとった以外は全くとっていなかった(とれなかった)ので、自動的に11月中3日間お休みがとれることに♪

IMGP2393.jpg

 昨年はこの休みを使って9月に東北、11月に四国へ遊びに行ったものですが(その節はお世話になりました)、今年は最愛のピーちゃんがいるので、日帰りで近場をブラブラしようと計画♪

 ヒソカに旦那さんが海外出張中の人妻さんや(汗)、私達を我が子のようにかわいがってくださるご夫婦にもお声をかけて(というより懇願して!)遊んでもらえるよう日程を調整中です。

 まあどちらもお目当てはそこのワンコだったりするんですが(笑)!

IMGP2396.jpg

 そんなわけで今月中旬ぐらい(20日過ぎぐらい?)からお出かけ記事が続きますのでお楽しみに~♪

IMGP2395.jpg

 それで今回UPしている画像はその時のお出かけにどこがいいだろうと今月3日にロケハン(ロケーション・ハンティング)した時に撮った画像♪

 詳細はその時に書こうと思っているので、頭の片隅に残しておいていただければなぁと思います♪

 そんなことを書きながら全く違う場所になっちゃう可能性もなきにしもあらずなので(笑)、その時はキレイさっぱり忘れてください(爆)♪

IMGP2401.jpg

 憧れのワンコ達と手作りパンランチしたいなぁ~。

ボードシート。

 犬人です。10月の13日はピー助のお宮参りで全ての行事を終えると午後2時をまわっていました。

 背広でバッチリ決まっていたおっさんは帰ってくるやいなや、すぐに海パンを履き、犬と一緒に川へ直行!2時半にはカヤックを組み立ててコギコギしていました♪

 ただ前回と違って、今回は日も傾き始め気温が下がり、水量も多い上、波と風も強く、バランスをとるのに一苦労。

 幸い、日頃から体幹を鍛えているので大きくバランスを崩すことはなく、波があっても楽しむことができたのですが、以前も書いたように、カヤック自体の重心が後傾しているため、座ってるおケツの部分に(波風でかかった)水が集まり、イヤなカンジ。

PA130549.jpg

 船首に座っているラブさんも前回とは大違いで苦虫を噛み潰した顔をしてらっしゃって、何とかならないかなと思いついたのが下の画像!

PA130553.jpg

 ハイ、普段ラブが使っているサーフボードをシートにしちゃいました。これだと高くなっているので波がきても水が入ってこないし、ボード自体の浮力もあるので、若干重心は上がってしまいますが、ひっくり返った時には浮き輪がわりにもなります。

 今回はちゃんと防水機能のついたコンデジを持ってきたので(笑)、波があってもベタベタになりながらも豪快に泳いできたラブを引き上げることに成功しましたよ~♪



 夕方になり、いよいよ荒れてきそうだったので早めに切り上げ、翌日、再び遊ぶことにしました。つづく。

続きを読む

使命。

 犬人です。今回は趣向を変え、生物学のお話を。生まれてすぐに立てる馬等の多くの動物達と違い、人間の赤ちゃんはすべてにおいて未成熟・未完成なまま生まれ、夜、泣きに泣いて家族を困らせます(笑)。

 その理由は2足歩行と大いに関係していて、頭や内臓を支え、重力をしっかり受け止めるための骨盤が平面ではなく立体的な「どんぶり」のような形へと変化し、骨盤を覆うように筋肉もついてはじめて2足歩行は可能となりました。

 しかし骨盤の形が変化したため、赤ちゃんが生まれる産道の大きさが制限されちゃったからさあ大変。お母さん達は「鼻からスイカ」の苦しみを味わうことになったのです。

 加えて脳の容量いっぱいに産ませようとするとこれまた産道を通らないわけで、2足歩行と脳を優先させるために人類が選択したのが前述した「未成熟・未完成な状態で生んじゃおう」ということでした。

 未熟なまま生まれてくるからこそ、体も大人と同じではなく、母親をはじめとした家族のサポートや小児科(専用の医療)が必要となり、夜泣きやおむつ替えも必要となる・・・ツライけど(涙)。

 ちなみに脳ミソは10歳前後、体は12歳前後で出来上がるそうです。

 もっと言うと、赤ちゃんが自力で歩き、言葉も話し、母親以外になつくようになる4歳頃に離婚率が高くなるのだとか(笑)!ぜひ4年後をお楽しみください♪

 そして忘れちゃいけないのが心の成長!アタマとカラダが成長してもココロの成長がなければ立派な人間とはいえず、言うまでもなくそのココロが出来上がるのはアタマやカラダのず~っと後になります。

 あるブログに「犬はね、欠陥だらけの生き物である人間に、無償の愛というものを教えるためにこの世に生まれて来るんだよ」と書かれているのを読み、飼い犬に無償の愛を運んで欲しいと「ラブ」と名付けたワタクシはホントだよなぁと激しく同意したのは言うまでもありません。

 そんなわけでキミの使命はピー助に心をそして愛を教えること!たのんだゾ!・・・特に4年後頼む(笑)!

PA220620.jpg

続きを読む

腕おケツ。

 犬人です。11月になってすっかり秋めいてきましたね。私が秋の到来を感じるのは朝、ラブがキュンキュン鳴き、布団に潜り込んでくると秋が来たんだなぁって思います(笑)!

 夏は絶対寄り付かなかったのに、朝(日の出)になるとわざわざ自分のケージから出て暖を取りにきます。

 私も慣れたものでキュンキュン言い出すと無意識に布団の縁を上げ招き入れているようです。ほとんど覚えがない(笑)!

 これが人間同士だったらカレの腕マクラで抱きしめ合う的なカンジになるんでしょうが、私の腕にのせるのは頭じゃなくおケツ!

 目が覚めると超至近距離にラブのケツがド~ンとあります!顔が毛まみれ(涙)!

 いつも私にケツを向け、布団の縁から鼻を出して寝るスタイルで、一説には群れで休む時に、仲間の顔がお互いにいろんな方向に向いていた方が、敵や獲物の気配を捉えやすいため、狩猟犬に多い寝方みたいですが、お前って牧畜犬だよね?

 カイヌシに足を向けるどころかケツを向けて寝るなんて無礼にもほどがある!ってフツーならキレてもいいところですが・・・やっぱりうれしい♪

 一緒に寝ること自体、早春以来、半年ぶりだし、モコモコもキモチいいし、何よりあったかい!ピー助と嫁さんは別室で寝ていることもあって、ぬくもりが恋しい私にとってはうれしい限り・・・ベッドが毛まみれになって嫁さんに怒られるのは確実ですけどね♪

 心も体もホッカホカ!お互いのキズナは深まり、節電にもなって一石二鳥!いろいろと反対意見はあるかと思いますが、この冬、犬と一緒に寝るのはいかがでしょうか?♪

PA220617.jpg

 あったかいよ♪

続きを読む

金銭感覚。

 犬人です。それはお宮参りする以前のこと、夕方、職場で仕事をしていると姓名判断のセンセイがアポなしでいらっしゃいました。

 それ自体、会社のお客さんでもあるので珍しいことではありませんが、驚いたのは担当ではない私が呼ばれたこと。

 なんだろうと行ってみると「はいどうぞ」と大きくて立派な額をいただきました!その額にはピース君の名が!!

 そうなんです。ピース君の名はこのセンセイに選んでもらったんです!

 名前は夫婦で考え、候補をいくつか出して選んでいただいたのですが、その名自体、センセイのお父さんが書かれた分厚い本を読んでつけているので、ほとんど名付け親といってもいいぐらい♪

 てっきりお仕事でいらっしゃったと思いきや、私(ピース)に額を渡すためにわざわざよってくださったと聞いて大感激!

 いい名をつけたね、○○姓(私の姓)ではこの名は最高だよ、家康と同じ画数だから天下取るよ等、褒めちぎっていただき、泣きそうなぐらいうれしくなりました!

P1010184.jpg

 ワタクシ、自他共に認めるドケチ人間なんですが、前述した姓名判断やお宮参り等には積極的にお願いしますし、奮発もします。

 先日のお宮参りでも何組か新生児がいたものの玉串奉奠(たまぐしほうてん)したのは私達だけで、そこは数千円の差だったのでそこは出そうよ~と思いました。

P1010185.jpg

 価値観や金銭感覚は人それぞれなんでしょうけど平均寿命が70歳として70で割ったらいくらの話?今流行りのキラキラネームだって、親はいいかもしれないけれど、その子がおっさんやおばさんになったらって考えないのかな?

 ただ写真館の値段は「高い!」って思いましたけどね~。3ポーズとアルバム付きで4万ってどうよ!4万あったら家族で東北旅行できるわ!

 まあ、そう言う私も「あんなに犬にお金かけて~」なんて思われてるんでしょうから、どっちもどっちなんでしょうねっ♪ちなみに・・・。

続きを読む

お宮参りとお寺参り。

P1010074.jpg

 犬人です。もう半月以上も前の話になりますが、10月13日、ピース君のお宮詣りをしてきました。

P1010080.jpg

 赤ちゃんが生まれて初めて神社にお参りする行事がお宮参り。赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長を願う行事です。氏神さまに参拝して新しい氏子(うじこ)として神さまの祝福をうける行事とお産の忌明けの儀式の意味合いもあります。

 なので秋祭りの際は子供獅子で神社まで行って参拝はしませんでした。

P1010084.jpg

 羽二重の紋付がカッコいい!

 一般的には男の子では生後31、32日目、女の子では32、33日目がよいとされていますが、猛暑日が続く9月に無理して参拝する必要はないと考え、大安のこの日にしました。

P1010078.jpg

 父方の祖母、つまり私の母親が赤ちゃんを抱くのがお宮参り スタイル。これはお産がけがれたものとする考え方からきたものです。つまりこのお参りを忌明けとしてけがれを祓うという意味があったのです。母親はまだ忌明けがすんでいないので代わりに父方の祖母が抱くようになったようですが、産後の母親を気づかってのこの習わしができたとも言われています。

 だからといって、ずっと母親が抱っこしてたわけはなく、社殿で祝詞(のりと)を上げてもらう以外はフリーダム。お義母さんやお義父さん、父親や嫁さんも抱っこしまくってました♪

 祝詞ではピース君や私、嫁さんの名、住所等を読み上げてもらい、氏神さまにご報告。無事お宮参りは終了しました。よかったねピー助!

続きを読む

プロフィール

犬人

Author:犬人
犬人 1976年8月26日生まれ
 犬と祭りとサッカーをこよなく愛するお調子者。2008年奇跡的に結婚。以後、嫁も愛する。2012年長男も誕生し、三人と一匹の家族生活は最高の一言!

ラブ 2004年4月29日生まれ
 三色毛モジャのコーギー犬。カイヌシに似て調子乗り。性格はヒト、イヌ問わずフレンドリー。でも売られたケンカは必ず買っちゃう太っ腹。カイヌシの結婚後、しばらく嫁にいじわるをし、嫁に小姑ならぬ「コ姑」と呼ばれるも、長男の誕生を機に改心。今はお姉ちゃん犬として活躍中♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR