09
:    

ワン言:20。

 みんなちがってみんないい。

o0720047712601618482.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

マーメイド。



 犬人です。突然ですけがみなさんのお宅はキレイに片付いていますでしょうか?

 はぁ?ケンカ売ってる?っていう声が聞こえてきそうですが、大丈夫、ウチもゴミ屋敷とみまごうクオリティ(笑)♪

 仲良くさせていただいている整理収納アドバイザーさん曰く、片付けられないのは「元に戻す」が習慣になっていないからだそうです。

 習慣というのは無意識の行動。何気なくモノを置いた場所にさらにモノがどんどん置かれてしまう状況を産むため、無意識にモノをポンと置く習慣になっている人は置く場所を決め、意識して「元に戻す」。

 片づけが苦手な人は毎日一箇所、戸棚や引き出し等を15分、朝でも夜でも実行する時間を決め、「モノを外に出す」「分ける」「減らす」、そして前述した「元の場所にしまう」を続けていくと3週間で見違えるように家がキレイになるのだとか。、

 ここまで書いて、それだけわかってるなら片付けられるじゃん!って声も聞こえてきました。

 片付けたいよ、自分のだったらさ。

 時々、全部ゴミ袋にぶち込んで捨てたい衝動に駆られます。先日も福井から帰ってきてから10日以上経ってるのに玄関には旅行バッグが散乱してたのでカミナリを落としました。

 昨日、大団円を迎えた朝ドラで小泉今日子さんが歌い、大ヒットした曲で例えると「片付けられない、マーメイド♪」冗談抜きで友達を呼べない家になってるんですが「友達少ない、マーメイド♪」なので困ることがないっていう悪循環(笑)!

 実際、私も友達少ないんで、家に来たいと言われても「ラブの毛まみれだから・・・」とかわしていますが、問題はかわいい、かわいい愛息!

 衛生的にもよろしくないし、障害物も多く、よちよち歩きにも危険。将来、彼が友達を呼びたくても絶対呼べない!

 なにより今はなんでも口に入れたがるので取り上げるんですがモノが散乱しまくっていてキリがないし、それによって「元に戻して」いた私のモノまで持ち出して行方不明になってんの!

 マーメイドさんへ。ホントにホントに毎日感謝しているし、育児も頑張ってると思うけど、合間にちょっとだけ(15分)お片づけしてくれたらうれしいなっ!

 来月、光ファイバーの工事もあることですし、ラブもスッキリしましたし(後日UP予定)、ピー助のためにもよろしくお願いします♪

 ラブも元に戻してるよん♪

バリバリバンバン!

IMGP7392.jpg

 犬人です。静かな復原町並を歩いた後は、町並を出て、一乗谷川をはさんだ向こう側にある「唐門」へ。この「唐門」をくぐった奥が朝倉氏の屋敷と城跡になっています。

IMGP7395.jpg

 前回書いたようになんにもないんですが。発掘されたものは少し離れた資料館で見ることが可能です。犬NGですけど。

IMGP7411.jpg

 義景さんのお墓があったのでお参りと復原の足しになればと隣にあった賽銭箱に少しだけ寄付させていただきました。地元(ウチ)の信長先輩がすんませんっ!

IMGP7401.jpg

 古い石段を上ると復原町並や屋敷跡等、一乗谷を一望できます!

IMGP7403.jpg

 高いところダイスキ家族、ラブを大木の切り株の上に乗せ撮影!いい写真が撮れました♪

IMGP7419.jpg

 2014年度の北陸新幹線金沢開業を見据え、福井県は、福井市の一乗谷朝倉氏遺跡を「フィールドミュージアム」(野外博物館)と位置付け、力を入れるようです。

 来場者数は08年が約44万5千人、29年は約54万人、10年は約72万人と年々増加。11年はお父さん犬の影響で94万人と急伸したそうです!

P1040985.jpg

 まさにバリバンバンバンだね!

 ただ復原町並と唐門周辺を散策し引き上げる人がほとんどで前述した資料館の来館者数は大きく伸び悩んでいるそう。フィールドミュージアムに力を入れることは大賛成なんですが、願わくばそうなってもワンコOKのままでいて欲しいイヌ飼いです♪

 結局この日も神通力炸裂で観光中は雨に降られず一乗谷を満喫!3時過ぎに自宅に戻って一家全員、爆睡してると大雨が追いついてきてビックリ!連日雨が止まず、その週は記録的な豪雨となって名古屋も冠水するほどの騒ぎとなり、遠方の方々から心配の電話やメール等たくさんいただきましたが、全くの無事でございました♪

 そんなわけで最初はどうなることかと思った福井旅行でしたが大満足の旅でした♪おしまい。

続きを読む

髑髏杯。

IMGP7379.jpg

 犬人です。前回の続き。京都に比肩するほどの1万人都市をわずか数日で焼失させた人物、それは何を隠そう織田信長!

 この話を書くとそれだけで長編記事になっちゃうんでかなり要約して書かせていただくと、京都に進行し、天下をとりたい信長は滋賀(近江)をおさめる浅井長政(あざいながまさ)と妹、市(いち)を政略結婚させ、同盟を結び、天下統一の足がかりを得たのですが、その浅井と同盟を結んでいたのが福井(越前)の朝倉義景(あさくらよしかげ)、一乗谷の領主でした。

 信長が朝倉を攻め込もうとすると突然浅井が裏切って信長大ピンチ!命からがら逃げきった信長は軍勢を整え反撃!3万の大軍で越前に進行したのでした。

 朝倉の軍勢は2万。一度は防衛線を張った大嶽砦に兵を向けたものの、この砦が早々に陥落したので撤退を決断。一乗谷に戻ろうとしました。

 ところがここで信長軍の激しい追撃にあい、壊滅的な被害を受け、義景が一乗谷に戻った兵はわずか500たらずだったそうです。

 一度死にかかっただけに信長の怒りはすさまじく、兵は皆殺し。柴田勝家が先鋒として一乗谷に攻め込む頃には兵も領民も逃げ出し、大きな戦闘も行われず陥落。

 信長軍は手当たり次第、居館や神社仏閣などを次々に放火。この猛火は三日三晩続き、義景も自害して朝倉は滅亡。まさに一乗谷の栄華は灰となってしまったのです。この間わずか8日間。天正元年(1573)年8月のことでした。

IMGP7357.jpg

 信長はこのいくさで越前の領土を得たばかりか、大国を支配してきた名高き朝倉氏を8日で壊滅させた強大な力を日本全国に知らしめることに成功したのです!

 この後、信長は北近江に進行。浅井の小谷城を攻め、浅井も滅亡。天正2年(1574)の元旦、信長は家来の前に浅井親子(久政・長政)と義景の頭蓋骨で作った3つの盃、髑髏杯(どくろはい)を披露したそうです。

 とまあ、かなり端折ってもこれだけのドラマがあり、その地を家族で歩いていることに私は感動!焼失したため、前回書いたように、立派な御殿等はな~んにもないんですけど、歴史的な背景を考えたり、想像しながら散策すると楽しくて、なんにもないのが逆によかったりするから不思議♪

IMGP7408.jpg

 なんにもないから犬と一緒に歩けるってのもあると思うしね!

 町並みを後にし、最後に一乗谷を一望できる場所に移動しました。つづく。

IMGP7429.jpg

続きを読む

父を訪ねて♪

IMGP7312.jpg

 犬人です。一乗滝の後は一乗谷(いちじょうだに)へ。以前から知る人ぞ知る場所でしたが、この場所を一躍有名にしたのは某携帯会社のCMでおなじみのお父さん犬!

 お父さん犬の故郷が一乗谷という設定で(北海道犬なのにね)、実際にここでCMが何度か撮影され、ウルトラマンや缶コーヒのCMに出ている宇宙人のジョーンズと共演しました(その時CMでジョーンズとお父さんが訪れた滝が前回紹介した一乗滝)。権利等があると思うので動画サイトで見てみてくださ~い♪

IMGP7322.jpg

 画像は一乗谷朝倉氏遺跡と呼ばれる場所。戦国時代の古い町並が復元されている「復原町並(ふくげんまちなみ)」はご覧の通りワンコOK♪入場料210円です。

IMGP7366.jpg

 これを「復元」と書かないのはこだわりがあるようで、できるかぎり当時の姿を忠実に再現しようと「復原」の文字を使っているのだとか。

 直前まで天候が悪かったせいで、観光客も私達以外ほとんどおらず貸切状態!時々見かける係員さん達は当時の町民の格好をされているのでホントにタイムスリップしたようで、カメラを構える私の気分は要潤さん演じるタイムスクープハンターの沢嶋雄一!

IMGP7371.jpg

 母子もゴキゲン!そして見切れる誰かさんの耳(笑)!

IMGP7374.jpg

 前向きにできる抱っこヒモが大活躍でした♪

 町並みには武家屋敷や御殿もあって門をくぐれば絢爛豪華な屋敷が見れるかと思いきや、目の前に見えるのは建物の基礎部分や礎石等が並んでいるだけ!

IMGP7337.jpg

 これを「復元」じゃなく「復原」するのはお金かかるだろうな~。

IMGP7340.jpg

 朝倉氏遺跡というだけあって、戦国時代に越前を支配した朝倉一族の遺跡で、京都が都(みやこ)だったこの時代、京都の奥座敷と呼ばれ、京都に勝るとも劣らない1万人の城下町があり繁栄していましたが、わずか数日で焼失。

 火山の噴火で焼失したポンペイ遺跡になぞられ「日本のポンペイ」と呼ばれる一乗谷。滅ぼしたのは火山ではなく、一人の人物でした。つづく。

続きを読む

犬返し!

P1040966.jpg

 犬人です。今回の目的地は福井県福井市の山奥。こちらに一乗滝(いちじょうだき)という滝があります。

 標高740mの一乗山にある木々に囲まれた場所にあり、落差は12m。

 この滝は剣豪、佐々木小次郎の修行場で、彼の必殺剣「燕返し」はこの滝で身につけたとされています。

 伝承では(岩流)佐々木小次郎は福井のこちら(淨教寺村)の生まれで、中条流の富田勢源の元で修行し、成長して三尺余(約1m)の大太刀をふるっていたのだとか。

 漫画等のイメージでは若い美男子のはずなのに滝の入口にあった像はどう見てもフツーのおっさん(巌流島で武蔵と対決する時の姿のようです)。そこはイメージ大事にしようよ!

IMGP7310.jpg

 こちらのイメージ的にはラブを像の隣に座らせ、燕返し(大太刀)で切られてる写真を撮ろうと思ったんですがネットで調べた時はなかった柵(ロープ)と花壇があって断念!残念!無念!

IMGP7309.jpg

 木々に囲まれ、薄暗くなっている谷に白い水しぶきになっている一乗滝はそこだけスポットライトが当たっているかのように明るく、幻想的でした。

IMGP7289.jpg

 滝壺のところまで下りられるようになっていますが、前夜の豪雨の影響でで水量も多い川に入り、岩の上に乗れと指示して撮影。

IMGP7304.jpg

 前日、ハメられて波に飲まれかかったのに私の言うことを聞き、笑顔を見せモデルするラッちゃんのプロ根性に乾杯!

 この滝で修行し、小次郎のように刀を背負い、剣に生きることにした忍者犬でした~♪必殺剣は犬返し!倍返しじゃないよ(笑)!

P1050008.jpg

 コスプレしてくれたから報酬はウマウマの倍返しで♪

続きを読む

がばい!

 犬人です。今週も旅行記です。旅行記2日目。エライもんで赤子とワンコで一緒に生活していると、前日、どれだけ酒を飲んでいても朝の5時には目がパッチリ♪

朝風呂で頭をスッキリさせ、前夜できなかったラブの世話をし、朝食をとりながら、ピー助を加えた親戚15人と親交を深め、朝9時半に現地解散♪

P8311322.jpg

 ラッさんようやく解放されてチェックアウトにニッコニコ!お勤めご苦労様でした!

P9011325.jpg

 パティちゃんもパパとママの元に戻りニッコニコ!また遊ぼうね!

 以前も書いたように、前日、私達がホテルにチェックインしてからチェックアウトしても雨は降り続け、雷もゴロゴロ!

P1040952.jpg

 それまでのお天気がウソのよう、前夜から荒れた天気で夜が明けても湖が海のように波立ってました!

 こうなってしまってはラブとの観光を諦め、我が家と夫婦の実家が信仰する宗派の総本山、私も何度か修行しに行き、未だに山門を見ると足が震えるほどトラウマがあるお寺の参拝に予定を変更せざるを得ないなぁと思い、車のカーナビをセットしようとすると・・・あれれ?

 雨が入ったのか、それとも雷の放電の影響を受けたのか、カーナビがブッ壊れ、動かず、動いたと思ったらなぜか島根県の沖合まで移動する始末!

 行ったことのない愛車までカーナビが震えるほど恐れている総本山って一体?

 土地勘はもちろん地図すら持っていないワレワレ、お義父さん達の車も出て行った後で、しばらく途方に暮れましたが、そこは典型的なB型人間、一度、烈火のごとくカーナビに怒り(汗)、その後は憑き物が取れたように「なんくるないさ」(なんとかなるさ)精神で車を走らせました。

 佐賀の方言、「とても」「非常に」という本来の意味を完全無視し、ヤバイの意味で「がばいよ・がばいよ!」と言いながら走っていると三国町の道の駅「みくに」を発見したのでここでお土産を購入して小休止。

 道路看板を頼りに福井市内を目指すとさすが晴れ男、天候も急激に落ち着き、晴れ間も見え、ナビも時折直ってきて現在地を示すようになりました。

 数分するとまた島根に飛ぼうとするんですけどね(笑)!

 それでも道程はわかってきたので総本山を回避し(ホッ)、本来の目的地に向かいました。つづく。

P1040966.jpg

 次回もがばいよ(笑)!

ワン言:19。

 いいねっ!

IMGP1702.jpg

続きを読む

寝た犬起こすな!

 犬人です。前回紹介が遅れましたが私達が宿泊したのはレイクサイド北潟湖畔荘さん。

P1040940.jpg

 旅行記の最初にも書いていましたがペット宿泊可であるものの、一緒に泊まれるわけではなく、併設されたエアコン完備のペット専用宿泊施設(ケージ)に預ける形でペットホテルと変わりありません。

 8つあるケージの1階部分は2部屋を1つにつなげることができるのでコーギーより大きい中型犬でもいられますが大型犬は不可。

 お世話になりながらこう書くのは気が引けますが、個人的にはこれでペット可って言って欲しくないよなぁ。言うまでもなくラブさんブチギレでした!

P1040942.jpg

 ラブの隣にいるコはパティちゃん、叔父さんと叔母さんのワンコでパパママダイスキ!はるばる横浜からやってきたんだけど、これじゃあ旅の疲れもとれないよねってのが犬連れ家族の共通意見でした。

 チェックインした途端、雨がひどくなったので食事だけ与え、夜の散歩なしで朝まで我慢させました。

P1040944.jpg

 このホテル、8つあるケージ全てに小型CCDカメラ付きでロビーのモニターからいつでも様子が見られるサービスがあり、私も何度か抜け出してラブの様子を見たんですけど、カメラの作動音とライトがつくのでラッさんが吠え(音声は聞こえない)、隣に切り替えるとパティちゃんも吠えたりするので、これは「寝た子を起こすな」だと理解。心を鬼にしてキレイさっぱり忘れ、酒を飲んだくれました♪

 どこでも寝られるように育ててきたので安心(信頼)してたからなんですけどね~。実際、深夜に嫁さんがモニターを見た時は爆睡していたそうですし(笑)!

 ただ前回も書いたように夕方から雨と一緒に雷が鳴り、翌朝まで続いたので、パティちゃんには酷だったと思います。雷や花火、車以外(例えば船)の聞いたことのないモーター音等、いろんな音を聞かせたり、慣れ(耐性をつけ)させたら理想的なんですがチャイム等と違って犬に聞こえる周波数が違うみたいだし、空気の振動もないから難しい。

 つくづく心臓に毛が生えている犬でよかった(笑)!ありがとう!と聞こえないモニター越しに言ってみる♪

P1040946.jpg

 それでもやっぱりワンコが精神的にも安心するのは飼い主さんと一緒にいることなんで、ペットOKを謳うなら部屋まで一緒にして欲しいです!

 ってなわけでこれにて1日目終了。明日ワン言をはさんで旅行記の2日目を書きたいと思いま~す!

憧れのクジラ・ボート。

IMGP7285.jpg

 犬人です。砲台跡で遊んだ後はさらに海岸沿いを北上。3時に福井県あわら市と石川県加賀市にまたがる北潟湖(きたがたこ)が本日の最終目的地。

 お宿はこの湖畔にあるのですがチェックインは4時なのでそれまで北潟湖を散策♪

IMGP7269.jpg

 この湖、石川県側で日本海につながっていて、日本海との水位差もあまりないので海水が流れ込みやすい汽水湖になっています。

IMGP7276.jpg

 赤いシンボルチックなアイリス・ブリッジを渡り、湖畔をゆっくり自転車で一周できるサイクリングロードを歩いていると前方にたくさんのカヤックを発見!

IMGP7278.jpg

 正式にはカヌーポロという競技で1人乗りのカヌー(ポロカヤック)に乗って水上で行うハンドボールとバスケットボールを融合したようなスポーツ。ボールは水球で使用されているものと同様のものを用いて接触あり、転覆ありの激しい競技。

 しばらく見ながら散策していると奥に手漕ぎと足漕ぎボートを発見!・・・もうおわかりですね、ケータイでHPを開き、ワンコNGの文言がないことを確認し、管理棟にいるおっちゃん達にワンコOKか尋ねました。

 まあ船だけに撃沈でしたけどね(笑)!

IMGP7280.jpg

 公園でよく会うニコルちゃんは山中湖でスワンボートに乗ったって話を聞いてて(詳細はこちら)、クジラボートだったらいいかもってかすかな希望をもっていたし、福井に来てからこっち、みな親切でワンコにもやさしい人ばかりだったんでイケると思ってただけにショックでした~。

 ルンルンだったのに最後の最後がダメでしばらくやさぐれました(笑)!

P1040916.jpg

 あ~あ~憧れ~のクジラ~・ボ~ト~♪

 ラブさんだけは終始ゴキゲンで、久々のお出かけで大満足なんだろうけど、この後、自分がケージに入れられ一晩を過ごすことになりブチキレるんですけどね~(詳細は次回)!

P1040923.jpg

 不思議なもので私の機嫌が悪くなると天気も悪くなり、チェックインした途端、雷雨が襲い、フィーバー状態!結局翌日まで止むことはありませんでした。つづく。

バルス!

IMGP7246.jpg

 犬人です。東尋坊を後にし、海岸沿いに北上してやってきたのは丸岡藩砲台跡。

 江戸時代末期の1852年に、丸岡藩が沿岸警備のために築いたという砲台。海に突き出た海岸線上に、弓状に築かれた高さ1.8mの土塁に5つの砲眼が4.5m間隔で設けられていましす。

IMGP7261.jpg

 原形をこれだけしっかり留めた砲台跡は全国でも珍しいらしく、国指定史跡になっているんですけど、画像をご覧の通り、ホンモノの砲台があるわけじゃないので伝わりにくいと思います。

 この日に訪れた賤ヶ岳や丸岡城、東尋坊もすごい素材なのにイマイチ「観せる」意識が弱いんですよね~。人がいないから青い海と空の下で海岸風景を眺めながら散歩できるからノーリードにできるし、犬連れにとっては最高の場所だったんですけどね♪

 まるで某アニメ映画の天空の城♪ロボット兵が歩いてきてもなんの違和感もない(笑)!

IMGP7264.jpg

 海に入ることもでき、私がラブと写真を撮っている間、母子でたたずんでいました。

IMGP7249.jpg

 天空の城を崩壊させる呪文「バルス!」って言ってたりして♪

 不穏な空気を読んだラッちゃん、弟を危険から守ろうと海辺をパトロールしようとした瞬間、嫁の呪文が炸裂しました!



 ・・・笑っていただいた後でもう一度じっくり見ていただきたいんですけど、波にさらわれ激突してるってわけじゃなく、あわわ~とビックリしながらも後ずさりしながら向きを変え、ちゃんと脱出していて、実際はそんなに濡れていないのでご安心を♪

 弁解すると嫁だけでなく、私も加担してハメてたのであんなハプニングがあっても動画中は誰もしゃべってないし、波に飲まれた瞬間、私も写真撮ってるっていう(笑)!

IMGP7256.jpg

 塩水でベタベタにしたら今度こっちの車が大惨事になるわけで、ちょっと濡れたら面白いなぁって思って準備してたら計算通り、カモがネギしょってならぬ、ラブが波しょってカメラの前にやってきたからガッツポーズでした♪

IMGP7251.jpg

 さすがスタントウーマン!名演技でしたよっ!つづく。

続きを読む

崖の上の犬。

P1040849.jpg

 犬人です。旅行記再開。今日は画像特集といきましょう。

IMGP7217.jpg

 確かに崖はすごい、すごいと思ったんだけど、正直期待していたほどのインパクトを感じ取る事はできませんでした。ラブと山登りしながらこんな感じの岩石地帯もあったし、川辺や海岸でもあったよねって思っちゃいました。

 その時はね・・・。

IMGP7215.jpg

 画像の後ろに写っている島は雄島(おしま)。東尋坊で身投げした人が流れ着くのがこの島で霊が出るとか、反時計回りに島を回ると死の世界に導かれるという言い伝えも(時計回りだと大丈夫らしい)!歩いて行くこともできますが自分だけならまだしもそんないわくつきのところへ息子を連れて行く気にはなりませんでした。

 断崖絶壁の上で姉弟2ショットは撮るけどね~!なんてったって天然記念物の景勝地ですから!

IMGP7236.jpg

 この写真を撮ったのは午後をまわる頃。急に横殴りの風が吹き、ラッちゃんとピー助に直撃!

IMGP7228.jpg

 この時ばかりは私も焦り、ゴキゲンだったピー助は号泣してしまいました。

P1040892.jpg

 立ってられないわけではなく、(悪霊に) 吸い込まれる風でもないんだけど、恐怖を感じるには十分。

IMGP7220.jpg

 あくまで私の感覚ですが東尋坊の崖の上に吹く風は「背中を押す風」。無理矢理、引っ張りこもうとすると踏ん張るんだけど、ふいにポンと背中を押されると確かにヤバイ。

 この風が霊の仕業なのか岩場等の地形からくるものなのかは不明ですが、心に悩みがある人だと(落ちる気がなくても)落ちちゃうかもなぁって思いました。

 風さえやめばなんの問題もなく、画像のようなこともできます。

P1040873.jpg

 さっきまで泣いてたピー助がもう笑った♪

 結論。風さえ気をつければ日中は霊もいないし大丈夫(霊感なしだけど)!

 坊主の東尋坊さんにも一言!全部が全部あなたのせいじゃないだろうけど、こんなゴツゴツでケツも痛くなる岩場で酒盛りしたあんたも悪い!これから自殺志願者がやってきたら思いとどまらせる風を吹いてやってね!

 お土産を買ってルンルンで次の目的地に向かいました。

続きを読む

最高の犬生。

 犬人です。今日は旅行記をお休みして8月1日に虹の橋のたもとに旅立っていったラブの同志犬ヒナタちゃんに御礼を。早いもので今日が四十九日になります。

 今年の初め、飼い主のヒナタマンマさんと私の合言葉になっていたのが『バケツリスト』(Bucket List)。07年に公開された映画のタイトルで有名になりました(邦題は『最高の人生の見つけ方』)。

 直訳すると「死ぬまでにやっておきたいことリスト」という意味で、マンマさんにヒナちゃんとのバケツリストを作り、充実させましょうって話をさせていただきました。

 そこから7ヶ月近く、マンマさんとヒナちゃんのヒナタ組はそれに呼応する人々やワンコ達の協力もあってバケツリストの大半をクリアしていったのでした。

 9月2日はヒナちゃんの11歳の誕生日。11年前、10頭生まれた子供の7番目に生まれたワンコ。お母さん犬が6匹を生んだ後、庭に出たがり、そのまま庭で産み落とした240グラムの小さな女の子は明るい陽の下で生まれた7番目の子だったのでヒナタと名付けられました♪

P1040992.jpg

 その誕生日にヒナちゃんから我が家に便りが届きました。お空の上に向かった直後もお世話になったみなさんにサプライズを与え続け、あいかわらずノンストップなヒナちゃん健在♪うれしくなっちゃいました(詳細はこちら)!

 ポストカードの写真は全部その7ヶ月間に撮影されたものなんですよ~。笑ってるでしょ?充実っぷりと一緒に彼女からの強烈なメッセージを感じずにはいられませんでした♪

 しかも便りだけでなく、画像のポストカードでヒナちゃんが着ていた(私もお会いしたことのある)ぴーちょこらままさんがお作りになった忍者服まで送られてきたから驚いた!

 実は忍者服を着て「春になったらお城と忍者ガールを撮る」がバケツリストにあり、それを達成した(袖を通した)記念の服を形見分けとしてラブにくださったんです!

 「涼しくなったらお城でニンニンしてきてね!」マンマさん曰く、姐さんからの指令なんだそうです♪

P1050008.jpg

 忍者服だけでなく、今までいただいたプレゼントやたくさんの思い出の数々、意志を受け継ぐなんておこがましくて言えないけど、ヒナちゃんにもらったものをラブと大事に育てていけたらと思っています。

続きを読む

治外法権♪

IMGP7188.jpg

 犬人です。午前11時過ぎに東尋坊に到着。駐車場は市営に停めると500円ですが、お土産屋さんの駐車場はタダ!その代わり何か買ってください方式♪

 さっそく散策開始!と言いたいところですが腹が減ってはいくさはできぬ、ちょうど駐車場から断崖に続く道は商店街になっているので東尋坊の怨霊と対決する前に腹ごしらえ。

 こういう観光地では呼び込みの人から「お食事どうですか~」と言われ、「ごめんなさい犬連れなんで」と断って通るのが(まさに)通過儀礼となっていましたが、ここでは全然違い、ラブを見ながら「お食事どうですか~、ワンちゃん入れますよ~!」って言われちゃうから調子が狂う(笑)!

 それもよくあるテラス席ならOKってヤツじゃなく、「奥の席だったらいいよ」と冷房のきいた店内にも入れちゃう、今までの観光地になかったうれしい治外法権♪

 自殺の名所という不名誉な場所で他の観光地のようにワンコNGなんて言ってたら商売になんないよってことなんでしょうけど、みなワンコにやさしく、うれしかったです(土産物屋も抱っこしてたら入店OKみたいです)。

P1040836.jpg

 私はさけトロ丼(ミニ)と越前そば、奥の嫁さんはウニイクラ丼、ラブはひんやりの床に大満足でございました♪

P1040837.jpg

 そうなると牙抜かれちゃうよね~。迫害というほどではないけれど、犬連れということでイヤな思いを何度かしてきた分、暴れん坊主だった東尋坊さんに対して同情的になっちゃっうのはしょうがない(笑)!

IMGP7182.jpg

 途中にある東尋坊タワーで写真を撮り、いよいよ東尋坊(断崖絶壁の方ね)とご対面です!といきたいところですが、明日は別のお話にして、旅行記のつづきは19日の木曜日に♪

IMGP7203.jpg

 姉弟にとっても自殺志願者が集うおどろおどろしいところじゃなく、楽しいところみたいですよっ♪

続きを読む

ワン言:18。

 Ask much, know much!

IMGP0803.jpg

続きを読む

暴れん坊主。

IMGP7210.jpg

 犬人です。丸岡城の次はメジャーな観光地の東尋坊(とうじんぼう)へ!

 東尋坊は福井県坂井市三国町にある崖で景勝地。東尋坊の岩は「輝石安山岩の柱状節理」というもので、これほどの規模を持つものは世界に3ヶ所だけらしく(他に韓国金剛山・ノルウェー西海岸)、国の天然記念物に指定されています。

 ただそれがメジャーたる所以かというとそうでもなく、景勝地として多くの観光客で賑わう一方で、実は自殺の名所として超有名。

 以前、警察を定年退職後、ボランティアで東尋坊での自殺防止のパトロールをされているおじさんのドキュメンタリー番組を見ましたが、彼が救った命は6年ちょっとで250人を超えたのだとか。

 地元の人も頭を悩ませているらしく、実際、私が「東尋坊に行ってきました」と話すと「変わってるなぁ~」という反応が返ってくる始末。近年の不況で自殺志願者の数も年々増加しているらしく、世知辛い世の中です。

 そもそも東尋坊の由来がよくないと思うんですよね。元々は平泉寺の僧で人の名。むかしむかし、東尋坊という名の乱暴者で悪行を重ねている僧侶がいて、それに困った他の僧侶達が東尋坊を酔わせて、眠らせて、断崖から突き落としたんですって。

 それからというもの寺には平穏が戻ったが、東尋坊の落ちた三国海岸では、東尋坊が落ちた瞬間から七日七晩、大荒れに荒れ、いつしか三国海岸は東尋坊の名称になったそうです。

IMGP7185.jpg

 ハイ、この人が落とされた暴れん坊将軍ならぬ暴れん坊主です。

 はたして自殺志願者を呼び寄せ、崖から飛び降りるようにいざなうのは、東尋坊の怨念なのか?月曜のワン言をはさんで火曜日から渾身の潜入ルポを書きたいと思います!

IMGP7209.jpg

続きを読む

一筆啓上!

 犬人です。朝の連続テレビ小説を見てから出発し、賤ヶ岳SAによってから最初の目的地に近い、丸岡ICを降りたのが午前10時。2時間と経たず、姉弟、福井に初上陸♪

 丸岡は福井県北部、現坂井市の町で06年の合併まで丸岡町でした。日本一短い手紙と呼ばれる「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」は、戦国武将本多重次が息子仙千代、後の初代丸岡藩主本多成重のために送ったもので、このことから、「一筆啓上」の発信地として毎年日本一短い物語(日本一短い手紙)の募集が行われている地でもあります。

P1040823.jpg

 ここにあるのが丸岡城。天正4年(1576年)、信長の家臣柴田勝家の甥である柴田勝豊により築城され、柴田勝豊の後、城主はコロコロ代わり、慶長18年(1613年)にさきほどの本多成重になります。

 現存天守(追記参照)のうちの1つで最古の建築様式といわれており、「霞ヶ城」の別名を持っています(名の由来は合戦時に大蛇が現れて霞を吹き、城を隠したという伝説によるもの)。

 現存天守なんでぜひ行ってみたいとリサーチを開始したものの、あるブログではワンコNGって書いてある一方、城をバックに写している画像とブログもあってここでかなり時間を食いました(言い訳)。

 結論から言うとワンコOK。数年前はNGだったようですけど、城に入らなければOKになったようで画像のような写真も撮り放題♪その前に料金所があるんですが、お城に入りませんと係員のおばちゃんに言うと入場料もいらずに通してくれます。

 駐車場もタダでホントに至れり尽くせり。急な石段を登って天守に向かうのですがここで姉弟並んで撮影しましたよん♪

IMGP7146.jpg

 石段の傍らには石の鯱が。この石製の鯱は昭和の修理から福井大震災までの間、実際に丸岡城天守に載っていたものです(現在はオリジナルの木彫銅版張りの鯱が載っています)。

IMGP7149.jpg

 そんなわけで犬連れと赤子連れには最高のお城でした。天守もかわいらしく見えるのは親切にしてもらったからだけじゃないはず!ぜひワンコと遊びに行ってみてください♪

続きを読む

信は力なり。

 犬人です。さっそく福井旅行記をと言いたいところですが、イキナリ脱線♪

 人間は潜在能力の30%しか使うことができないんだそうです。それだったら残りのパワーが使えるようになったらすげえよなぁとおっさんはガキの頃思ったわけですよ。

 その時ちょうど読んでた漫画に「最長老」と呼ばれる宇宙人のおじいちゃんが出てきて、最長老は相手の頭に手をあてるだけでその人物の潜在能力の全部を引き出せる特殊能力を持っていました。

 「俺もクリリンみたく、空飛んだり、かめはめ波打ってフリーザ(悪者)と闘うんだ」と妄想しまくり、現実逃避していたアホ中学生。典型的な中二病でした♪

 あれから十数年、さすがにかめはめ波を打てるとは思っていませんが、ここだけの話、今でも自分には特殊能力があると思いこんでいます。

 その能力とは天候を回復させることができる能力・・・要は「超晴れ男」ってことです♪

 これだけ文字数使ってそれだけかよ!ってみなさんのツッコミが聞こえてきそうですが、実際にその能力を目の当たりにした人は恐れおののいたことでしょう。特に旅先で最大限に発揮され、雨の予報だろうが台風だろうが関係なく晴れちゃうんです。

 8月31日付の記事(追記)で「両日とも雨マークだけど神通力で雨雲に風穴あけてやります!」と書いたのはそのためで、前回も書いたように降水確率70%で出かけ、岐阜と滋賀を通って福井にやってきたのに道中降られることなくこの天気♪

P1040834.jpg

 台風も消滅しちゃった♪

 前夜、嫁さんに「お前のチカラはそんなものか!」とハッパをかけられ、カチンときてリミッターを解除したのがよかったんだと思う!

 そんなわけで天候に振り回されることなく、予定通りお出かけできたのでロングランになったってわけ。いよいよ次回から本編に突入で~す!

P1040823.jpg

続きを読む

七本槍。

 犬人です。今回から先月末に家族で出かけた旅行記となりますが、長編になりそうなのでまずはプロローグを。

 例年、夏になると嫁さんの実家で親戚も加えたお泊まり旅行をしていて、結婚後も嫁さんは毎年参加。私も何度か参加しているのですが、訳あって昨年は行われませんでした。

 すでにピンときた人もいらっしゃると思いますが、それは昨夏この方がお生まれになったから!

P1040961.jpg

 お盆前の8月12日に誕生したものの、なにぶん初出産・初育児。退院後、そのまま実家で1ヶ月近くお世話になってちゃ旅行どころじゃなく、自宅に戻ってくる頃には夏が終わっていました(笑)。

 そんなわけで今年は1泊2日のお泊り旅行に参加しろというミッションが下り、しかもワンコが泊まれる宿まで見つけていただいては断る理由がありません。

 2日とも降水確率が70%という恐るべき数字を叩き出した以外は(笑)♪

 10日前ぐらいから旅のリサーチを開始したんですが、10日前はどちらも曇りのだったのに1週前は土曜(8月31日)が雨になり、3日前には日曜(9月1日)も雨になり、台風接近の報と比例するように降水確率のパーセンテージもうなぎのぼり(涙)!・・・リサーチする気も失せました。

 ワンコOKというのも厳密には一緒にいることができず、別棟にあるケージに入れ、預かってもらうシステムだったので、(ここだけの話)乗り気じゃなく、公園で会う方達に散歩しながら嘆いていました。

 それでもラブを置いて出かけるっていう選択肢は最初からなく、レインコートや泥除けのついた服、あと大量のタオルを用意し、8月31日、家族全員車に乗り込み、ノリノリで北陸、福井県へGOしたのでした!つづく。

続きを読む

ケネル・ミーティング。

 犬人です。悪天候が続き、ネタのストック不足に悩まされましたが、その間、自分が思っているワンコのことを書かせてもらったおかげでバラバラだった考えがまとまり、ついでに旅行記もまとまりそう(笑)!次回からUPできそうです♪

 今回もワンコ話。先日、ヨーロッパ(スウェーデン)在住の方が書かれたワンコのコラムを読ませていただき、いたく感動してしまったのが『ケネル・ミーティング』という言葉。

 ブリーダーが主催する犬舎(ケネル)のミーティングで訳すとオフ会や同郷会になるのかな?年に数回行われるそうです。

 こうして集まるのは、ブリーダーにとって自分の子犬がどんな風に成長をしたかを確認できるし、飼い主的にもブリーダーやそして他の飼い主と関わることでより知識を増やし、情報交換もできて、いいことづくめ!

 そして何よりワンコ達自身にとって(以前も書いたように)絶好の学びにもなるのです!

 それを十分理解し、意識しているのかケネル・ミーティングではその犬種の本来の仕事に適した競技会を行い、翌日そこでショーを開催するんですって!

 ラブは犬舎生まれじゃないけれど、コーギーのケネル・ミーティングがあったらぜひ参加したいところ♪

 牛追い犬がルーツのコーギーならディスクやフライボール、アジリティ(障害物走)やドッグダンス、ギグレース、ノーズワークやトライブボール等なんでもござれ!・・・サッカーやサーフィン、スケボーだってできちゃう(笑)!

 近々オフ会が予定されているのであれば、その時に例えばディスクを習得する前のトレーニングとして投げたものを持ってこさせる、レトリーブ大会を企画する。レトリーブするのはディスクに限定せず、そのワンコが好きなおもちゃでOK。これをブリーダーは自分が運営している各SNSで事前に告知。動画等でデモンストレーションをUPして「練習してきてね~」と言う。

 犬種は同じでも十犬十色。年齢も性格も違うし、もっと言うと飼い主だってビギナーから百戦錬磨のベテランまで様々。たくさん練習してきても違う環境で集中できないことも多々あると思うし、本番に強いコだって出てくるでしょう!それで1番を決めるわけではなく、目的は別のところ。

 失敗しても前述したようにワンコが他のワンコを見て学ぶだろうし、そういう時はどう対処すべきかを経験豊富なブリーダーや飼い主達からアドバイスを受けることができます。

 ブリーダーなら直立姿勢とくわえて持ってくる姿(走り姿)でショーのように骨格や全体を見ることできるだろうし、くわえてもってきたワンコを「Good!」とナデナデすることで毛質も確認できますしね。

 なにより飼い主とワンコが同じ目標に向かって努力することでお互いのキズナが深まり、普段の性格とは違った一面にも出会えるような会だったら最高!たとえ車で5時間の距離でも喜んで行くよね(笑)!

 犬種に根ざした機能を活かすということは健康やアンチエイジングに直結します。みんなでワイワイするオフ会にするか楽しみながら愛犬家同士の意識を高める会にするかは主催者の考え方次第ですが、個人的にはケネル・ミーティングのような会が先日決定した東京オリンピックが開催される頃、当たり前のように日本でも普及すればな~って思います♪

続きを読む

芽生え♪

 犬人です。先日、拘束時間と待ち時間が長~いイベントに参加しておりまして(バレバレですが)、手持ち無沙汰の私は文庫本の小説を読んでおりました。

 その小説は「首相暗殺犯に仕立てられた主人公がひたすら逃げる」というお話なんですが、そこで主人公と学生時代に付き合っていた女性の言葉が突き刺さりました。

基本的には、別れた元彼の人生は、自分の人生とは無関係だよ。
どこで何していようが、関係ない。
じゃないとさ、その時一緒にいる恋人とか配偶者に失礼でしょ。

 そうなんです。その通りだと思うんだけど、同時に女性的な考え方だなとも思いました。「関係ない」とスッパリ割り切れないところが私にはあります。

 私に限らず男って結構うじうじしたり、失恋のショックを引きずると思うんだけどどうだろ?

 人はそれほど多くの人と深い関係を築けるものじゃなく、誰かと深い関係にあればその分、他の人とはちょっと遠ざかることでバランスをとっているってのは頭ではわかっているんですけど、できることなら多くの人と深い関係を保ったままでいたいと思う私は中途半端でアマアマで、それが元でウザがられたり、人を傷つけてしまうこともあるのでしょう。反省!

 ただ小説の女性(元カノ)はそう言いながらも、主人公を助けるために必死で協力するんですけどね♪すっごく難しいけど、できないわけではないみたい♪

P8191299.jpg

 夕方、仕事が早く終わり、気候も穏やかだと嫁さんに「公園に行く」とメール。週に一度か二度、2km~3km歩いて帰ります。

 このブログで浮気じゃないのよって冗談っぽく書いていますが、夕方の散歩は女性比率高し!そんな状態を怒ることなく許してくれる最愛の人に感謝感謝のワタクシ。みなさん既婚者だったり、ステキなカレがいらっしゃったりするんで、元々その気はないんですけどね~。

 人間の方は(笑)!

 ここだけの話、むしろ狙っているのはニコルちゃんやルルちゃん、小梅ちゃんやあられちゃんらメスワンコの方だったりします(笑)!全員一度は抱いてるの(イヤン)♪ラブだけはこの事実を知っていますがウマウマで買収、口封じしています(笑)!

 夕方の公園に行けば、100%の確率で出会えたニコルちゃんに会えなかった夕方、めっちゃくちゃさびしくて、ああ犬に恋してたんだ、人じゃなかったんだって気づいた37歳アラフォー変態男性でした(笑)!

IMGP6740.jpg

 ニコルちゃんに「この川へ飛び込んで来い!」って言われたらすぐに飛び込むよ!今日の川遊び、みんなで楽しんで来てね~!

続きを読む

ワン言:17。

 守・破・離。

P1030871.jpg

続きを読む

最高のトレーナー。

 犬人です。今回は昔話を。あれはラブが2歳になった頃、あるしつけ教室でステキなコギ君に会いました。

 ラブよりふたまわりぐらい大きなオスのコーギーで教室以外のドッグランやオフ会、お出かけもご一緒させていただくようになりました。

 普段はすっごくフレンドリーなんですけど、オフ会等で犬同士がガウガウし始めるとそのコがリーダー役を買って出てくれ、ひと吠え!するとあら不思議、事態は収束し、ケンカがおさまるのです!

 体ごと仲裁に入ることもあって、噛まれたりしているのに全然怒んないの!最初に会って以来、ず~っと大ファンです♪

 それはラブも同様で、そのコと一緒にいる時はホントにおとなしく「良い子」なので、当時の私は「犬(猫)かぶりやがって!」とキレてたぐらい♪

 一方で「ガウガウ犬」と言われ、避けられた経験もしたラブさん・・・お察しの通り、その時、ダイスキなコギ君はいませんでした。

 時は経ち、愛犬は体ごと仲裁するまではしないものの、ドッグラン等でぽつんとしているコを見つけると自分から近づいていき、おケツの匂いを嗅がせ、落ち着かせてからその場を離れる犬になりました。

IMGP6985.jpg

 欧米で賛否両論騒がれているカリスマ・トレーナーさんはしばしば問題を抱えた犬を連れ帰り、自分の飼い犬達の群れの中に犬を入れます。

 前回も書いたように犬は社会性を持ち、集団行動を得意とします。安定した犬の群れの中に入ると、それまで抱えていた問題なんてなかったかのように犬は落ち着きます。

 つまり犬にとって最高のカリスマ・トレーナーは他でもない犬自身だということ。

IMGP6092.jpg

 ロワ君はひっぱりっこをミントちゃんに教わったんだよね~!

 前回、水泳レッスンも犬達に丸投げしてると書いたのもそういう考えからで、名コーチ犬の存在はありがたいねってお話でした~。

 なので形だけでもいいんでラッちゃんに感謝してね!ロワ!

IMGP6994.jpg

 すっげ~疑ってる顔!「俺の実力がすごいから泳げたんだ」って思ってるだろ!お前(笑)!

続きを読む

看板にマニュアルなし!

IMGP7000.jpg

 犬人です。お盆明けの夕方、公園を散歩中、ある方に単刀直入「ラブパパさん(私のこと)はどんなワンコでも泳がせられるんですか?」って尋ねられちゃいました♪

 そうやって尋ねられたのには伏線があって、数ヶ月前まで泳げず、溺れかかっていたワンコ達が劇的に成長し、目の前でスイスイ泳いでいるんですから驚かれたのでしょう。「そのコの体に合ったライフジャケットを購入してくださったら大丈夫ですよ」と答えさせていただきました。

 「看板に偽りなし」じゃないけれどそこにウソはありません。ただどんなワンコでもって言われると自信はありません。

IMGP6789.jpg

 犬達は群れで狩猟を行う事で日々の糧を得ていたオオカミを祖先にもつ動物。社会性を持ち、集団行動を得意とします。

 朱に交われば赤くなるじゃないけれど、泳ぎ上手の犬の中に入れるとその犬は必死で学ぼうとします。それは間違いないことだと思います。

 実際にワタクシと一緒にいて泳げるようになったワンコはたくさんいますが、実のところ私がワンコに教えるのは初回の10分~20分だけで、あとはラブや周りのワンコ達に丸投げすることがほとんど(だからレッスン料がもらえない)♪

 ただ、それ以前に水等にトラウマがあるコや飼い主さんと良好な関係を築けていないコはその最初の一歩が踏み出せないので難しいかなって思います。

 冒頭で話したライフジャケットはそのワンコの背中を押し、「最初の一歩」の手助けになるもので、泳ぎ慣れてるコはなくても泳げちゃうのはみなさんご承知の通り♪

IMGP6873.jpg

 今年レッスンした虎徹君はおもちゃがダイスキで、おもちゃで誘導しながら水の中に投げ入れレトリーブする遊びを覚えさせたら気に入ってエンドレスで遊び、それだけでグングン上達しました。

P6160935.jpg

 ロワ君の場合は人間の姉ちゃんと兄ちゃんがダイスキだったので彼らと遊びながら少しずつ水に慣れさせ、ワンコ達も協力させ度胸をつけていきました。

IMGP6774.jpg

 最初は姉ちゃんのスパルタだったけどね(笑)♪

 でもでも姉ちゃんとロワ君の中でキズナが出来上がっていたので、ロワ君は愛のムチに耐え、大きく成長することができました。

 人に限らず成長のしかたは犬それぞれで十犬十色。だから当然マニュアルなんてあるわけがない。

 目標に到達しなくても、失敗したっていいんです。飼い主さんと一緒にやったその挑戦や経験が何より大事で素晴らしいことなんだから。そこから生まれるものも必ずあると断言させていただきます!

IMGP6705.jpg

 ルル師匠、今度はご一緒しましょうね~!

続きを読む

犬畜。

 犬人です。平日の午前中、ケータイが鳴り、出てみると得意先の美容院の店長さんから名古屋弁丸出しで言われました。

 「今、○○大橋の下でハゼ釣り大会しとるでこや~!」

 ○○大橋は私が毎週のように通っている川のすぐ下流で、しかも職場からも10分弱で行ける距離なんですがバリバリ仕事中。 お給料をいただいている身ですし、会社の言いなりになって、つらい仕事も文句を言わずニコニコしながら働いている会社員(社畜)ですから、もちろん、ねぇ・・・。

IMGP7109.jpg

 10分後には釣り糸を垂らしていました♪ワタクシ「お客様一人一人のご要望に応えたい」がモットーです(笑)!

 車内には夕方公園で散歩するための着替えと水遊びグッズ、クーラボックスまで常備していたため、お客様の急なリクエストに対しても迅速に対応できて大満足♪

IMGP7114.jpg

 さすがに釣竿は用意していませんでしたが、店長さんがBBQの支度をしている間に竿を持っている係をおおせつかりました。

 大会というだけあってチームを組んで対抗戦をしているので、「お客様第一主義」なワタクシ、テトラポッド(消波ブロック)を探検し、入水もしてドロドロになった毛モジャミサイルを発射!

 ライバルに次々とドロドロの体で体当たり(挨拶)していき、妨害作戦大成功!

IMGP7122.jpg

 無事店長さんはハゼを釣り、最下位を免れ、ミッション・コンプリート!前日・前々日、と悪天候で水泳や川遊びできなかった分、ここで水遊びできたばかりかBBQのウマウマもいただき、濡れた体を乾かすため(バレるから)久々にディスク遊びもできて大満足なラブさんでした♪

IMGP7137.jpg

 私も昼食と共に余ったジュースと「家に帰ったら飲んで」といただいたビールをクーラーボックスに積め込み、ルンルンで帰社♪

 得意先の所在地から会社までは車で1時間かかり、昼休みも有効利用しつつ、最初の電話をいただいてから2時間半後に帰社してもバレませんでしたが(セーフ)、ラブの磯臭さのニオイだけはとれず(汗)微妙にアウト!帰るまでヒヤヒヤな社畜というより犬の言いなりになってる犬畜野郎でした(笑)♪

続きを読む

ダメ親父讃歌。

CDR06131485039.jpg

 犬人です。イキナリぶっちゃけますが、写真館で撮ったピー助の写真を使っちゃうぐらい、深刻なネタ不足。

 え~!週末旅行したんでしょ?ってツッコミが聞こえてきそうですが、文章に加えて画像編集や出かけた先の情報を(後から)調べるとなると2週間ぐらいかかるわけですよ。

 もっと言うとその前に書こうと予定していた川遊びも悪天候で中止になっちゃったしさぁ。半月近くお出かけできずにまいったまいった!

 旅行先の情報も事前に調べとけばいいのにいつも行き当たりばったりで飛び出すからハプニングも多く、帰ってきてから調べて「そうだったのか~」って理解するダメダメ親父♪

 ただ全く調べてないわけではなく、調べてはいるんです・・・ワンコOKか否かの1点のみだけど(笑)!

 我が家にとって一番重要なことが表記してないところがあまりに多く、そこに出かけたワンコブログのリサーチから開始するので時間がいくらあっても足りず、それだけでもうグッタリ!

CDR06131485065.jpg

 ・・・グチと言い訳でだいぶ文字数使えたんでここから本題。カンヅメ状態から解放された8月のはじめからダイスキな小説家さんの文庫本を熟読しました。

 一言で言うと「4人の父親を持つ男子高校生の話」。全然タイプの違う強烈な個性を持つ4人のダメ親父が、一人の息子を溺愛し、それゆえに干渉しまくるお話♪

 思春期の男子にとっての父親といったら、「うっとおしい」の代表みたいなもんで、主人公の男子高校生も「みんな、俺の話を聞いたら(4人も父親がいるって知ったら)尊敬したくなるよ」とか「爵位を与えたくなるよ」なんて語っているんですが、そこからが作者の真骨頂!ありえない設定を受け入れさせ、最終的には男子高校生も含めた私(読者)まで「こんな父親が4人いたらいいなぁ」って思わせちゃうんだからお見事!

 お出かけできない日が続いたこともあって何度も読み込み、こうやってブログに書いてふと気づく。近い将来、「うっとおしい」の代表・権化になるということを(笑)!強烈な個性と息子を愛しているのは自覚しているだけに過干渉になるのは確定的♪

 いいじゃん、ダメ親父だって。目をつぶってよ!

CDR06131485095.jpg

 ペアルックもお前が着続けてくれる限り、父ちゃんは着続けるかんな(涙)!

P1040769.jpg

続きを読む

キセキの1枚。

 犬人です。時計の針を3週間近く前に戻した8月10日の午前。一家で市の中心部に出かけました。

 向かった先は写真館。もうすぐ1歳になる直前のピー助と記念に写真を撮りたいという嫁さんたっての願いでした。

 でもね、昨年10月、お宮参り直前にお互いの両親を加えた家族写真3枚とアルバム付きの料金がかなりいいお値段で(涙)、ワタクシ当時のブログでそんだけあったら「東北旅行に行けるじゃん!」ってキレてました。

 それを間近で見てた嫁さん、もっと言えば私以上に「高い」ってキレてた嫁さんから料金は全部出すから写真館で撮りたいと言ってきたので驚きました。

 しかもしかも!嫁さんが見つけてきた写真館はワンコOKだったんです!感謝感謝!断る理由どころかお願いしますと土下座しました♪

 直前に同志ワンコとお別れし、ず~んと落ち込んでいた私を見ていた嫁さん(彼女も落ちこんでました)。以前、私がプレゼントした『ことばはいらない』も読み、ラブも加えた家族写真を撮ろうと思ったんですって!最高の嫁さんです!

 そんなわけで移動用のキャリーを持って入店。あくまで主役はピー助で衣装を3つ選んでその中で家族写真を撮ります。

 ワタクシ、普段からスーツを着ているんですが、自分で言うのもなんですが、まあ似合わない(涙)!昨年の写真がスーツ姿だったので、今回はカジュアルでとお願いし、私はポロシャツにジーンズ、黄色いスパイクで撮影にのぞみました。

 希望としては今時じゃなく、昔ながらの昭和レトロな感じだったのに黄色いスパイクってなんやねん!って話ですが、ピー助が着た衣装が軍服でバックのライティングもあって昭和テイストないいカンジの写真に仕上がりました♪

CDR06131485028.jpg

 ラっさんも最高の笑顔!嫁さんも痩せて見えてるし、まさにキセキの1枚!現在夫婦のガラケーの壁紙になっていま~す♪

続きを読む

初・川遊び♪

IMGP7083.jpg

 犬人です。一部コメントでも書かせていただきましたが、みなさんのおかげで降水確率70%(!)の予報の中、無事に旅行から帰ってこれました♪それについてはまた後日にレポさせていただくとして、さっそく日曜の記事の続きから!

 水嶺湖でカヌーのみならず水泳まで封じられると余計に泳ぎたくなっちゃって、多良峡を眺める牧田川で遊ぶことにしました。

P1040776.jpg

 ピー助1歳、生まれて初めての川遊び♪立たせてみると眉間にシワを寄せ、嫌がり、泣いてしまいました。

P1040780.jpg

 弟の泣き声を聞いて自由に泳がせていた姉ちゃん犬も心配で戻ってきてんの(笑)!

IMGP7068.jpg
 
 ピー助を川に慣れさせた後は嫁さんに預け、ラブと泳ぐことに。

IMGP7100.jpg

 多良峡の速い流れに比べたらこんなのラクショーとスイスイ泳ぎ、他の家族連れに褒められまくったラッちゃんでした。

IMGP7079.jpg

 ピー助は川がどういうものか理解したようで、母ちゃんと一緒に水をバシャバシャして遊び、ようやく笑顔が戻ってきました。

 帰りは養老を通り、養老山脈をぐるっと回る今回の旅はこれにて終了。乗車後、ピー助はもちろん、ラッちゃんも満足そうな顔で爆睡。午後1時に帰宅し、家族一同、夕方まで爆睡しましたとさ。おしまい。

P1040756.jpg

続きを読む

ワン言:16。

 学ぶはマネぶ。

P1100627.jpg

続きを読む

憧れのカナディアン・カヌー。

 犬人です。東林寺の白滝を見た後は北上し、再び岐阜県に入ります。いなべ市から多良峡のある岐阜県大垣市上石津町へ。

IMGP7056.jpg

 ここに水嶺湖(すいれいこ)というダム湖があります。岐阜県のダムですが水の一部は県境を超えて三重県にある中里貯水池に導かれ、三重用水の水源にもなっています。県境を超えた分水は珍しく、「分水のための湖」ということからその名がつきました。

IMGP7049.jpg

 そしてもっと珍しい(スゴイ)のがここでカナディアン・カヌーを体験できるってこと!大人が3人乗ることが可能で30分で1,020円とお値段とってもリーズナブル!

IMGP7048.jpg

 見るからに気持ちよさそうだし、HPには犬はダメって書いてなかったし、犬用のライフジャケットも持参してダメもとで行ってみるよね~。

 やっぱりダメって言われたけどね~(涙)。

 キモチ的には乗せてあげたいけど、カヤックから飛び降りる犬もいるから全部断っていると説明され、おいおいコーギーは短足だぜ、飛び降りるわけないがね~と言おうとした瞬間、夫婦の脳裏に田沢湖でカヌーからバンバン飛び込む犬がでてきて、妙に納得してしまいました(その勇姿はこちらから)♪

 ガッキー、岩手から遠く岐阜でも君の存在が知られてたよ(ウソ)!

IMGP7067.jpg

 水嶺湖の湖畔には地元出身の作曲家、江口夜詩(えぐちよし)を顕彰し建てられた画像の音楽ホール、江口夜詩記念館やコテージ、イタリアンレストランもあり、カヌーも含め、『日本昭和音楽村』の名で運営されています。

 江口夜詩さんの代表曲は『憧れのハワイ航路』!夜詩っていうぐらいだから犬がカヌー乗っても「よし!」って言ってくれてもいいのにね~。

 あ~あ~憧れ~のカナディアン・カヌ~♪

 カヌーに乗りたきゃ田沢湖に行ってガッキー号に乗船させてもらうっきゃないようです(笑)♪

 水嶺湖での釣りや水泳、カヌー等のボート類の持ち込みまで禁止されていては何もできず、カヌーを見ながらおにぎりを食べ、後にしました。続きは明日のワン言をはさんで火曜日に♪

IMGP7053.jpg

 ピー助、外で食べるおにぎりはうまいだろ~。またひとつ学習したね!

プロフィール

犬人

Author:犬人
犬人 1976年8月26日生まれ
 犬と祭りとサッカーをこよなく愛するお調子者。2008年奇跡的に結婚。以後、嫁も愛する。2012年長男も誕生し、三人と一匹の家族生活は最高の一言!

ラブ 2004年4月29日生まれ
 三色毛モジャのコーギー犬。カイヌシに似て調子乗り。性格はヒト、イヌ問わずフレンドリー。でも売られたケンカは必ず買っちゃう太っ腹。カイヌシの結婚後、しばらく嫁にいじわるをし、嫁に小姑ならぬ「コ姑」と呼ばれるも、長男の誕生を機に改心。今はお姉ちゃん犬として活躍中♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR