12
:    

よくがんばりました♪

IMGP8685.jpg

 犬人です。今年もあとわずかですね。とりわけこのブログを読んでくださっているみなさんには大変お世話になりました。

 思い起こせば今年のはじめは生後半年に満たない息子の世話(特に夜泣き)に夫婦は悩み、留守番の多い姉ちゃん犬が短時間で十分な運動ができるようにと、休みの度に山、それも霊験あらたかな場所を選んで登りまくり、息子の健康と当時闘病中だった友達ワンコを応援し、帰ってきたら息子を抱いていました。

 近年、自分のせいで疎遠になってしまったワンコ友達も少なくなかったんですが、新年に立てた目標は我を張り通す「我を張れ」=「がんばれ」!

 今年は無様な姿をさらけ出しても「我を張って」取り組もうとがむしゃらにやっていたら、息子の夜泣きが徐々におさまり、厳しい冬も風邪ひとつひかず、3月には滋賀に行ったり、伊良湖岬で宿泊旅行を楽しめるようになりました。

 登山と同時進行で短時間で遊べるようにと通ったドッグランで友達がたっくさんでき、暑さでドッグランが一時閉鎖になった後も、近所の公園で会うようになり、さらに友達が増え、夏には川遊び、冬には念願だったワンコ友達と山登りまでできるようになるんだからホントに不思議。

IMGP8698.jpg

 息子も1歳になると同時に歩けるようになり、写真も姉弟の2ショットが増え、秋には福井で宿泊、2泊3日で四国旅行もできました!

 夏にダイスキだった友達ワンコが亡くなり、今月は姉弟をかわいがってくれた祖母も亡くなり、決していいことばかりではなかったけれど、「我を張って」なかったら間違いなく違う結果になっていたと思うので自分に「よくがんばりました」をあげたい気分です。

 残りの時間を使って、来年の目標を考えます!

 来年もさらにパワーアップしてお送りしますのでよろしくお願いします!パワーアップしてもタイムラグは出るので許してね(笑)♪

 それではみなさんよいお年を!

IMGP8699.jpg
スポンサーサイト

ワン言:33。

 愛は勝つ!

IMGP4107.jpg

続きを読む

BLUE SKY。

IMGP8680.jpg

 犬人です。年内の仕事が終わっても息子と犬のお世話、嫁さんのご機嫌とりにフル回転♪他人の目には「みじめ」とか「あわれ」に写ってるかもしれませんが、家族が元気だったらそれだけで十分シアワセ。

 息子は定期検診を受けているし、これから徐々に言葉を覚え、体調が悪くなればそれを言葉にするんで心配してないんですけど、問題はお姉ちゃん犬。

 もし言葉を話せるなら、一番に何を言ってもらいたいかといえば、感謝の言葉でもなく、不平不満でもなく、やっぱり体調について言ってもらいたいのがイヌ飼いの思い。

IMGP8694.jpg

 幸い、食欲がなかったり、元気がない時が今まで一度もないので助かってはいますが、手術を3度受け、それなりに痛かっただろうに、入院中、私に伝えてくるメッセージは「帰りたい」や「腹減った」ばかりで、痛さや体調はいまいちよくわからないのが実際のところ。

 動物の本能で痛みや弱さを隠そうとしたりするんでしょうが、そういう時、私だけにでいいからこっそり自分の体調について話してくれないかなって思います。満月の夜だけ人間になって耳元でコッソリ的なカンジで(笑)。

 そういう思いもあって3度目の手術を終え、8歳を過ぎた昨年から4ヶ月おきに病院に行って、血液検査をしてもらっています。4月は誕生祝い、12月はクリスマス、8月は私とピー助の誕生祝いで(笑)!

 先日も今年3度目の検査を終えたところ過去2回と同様、問題なし。よかったよかった。

 うれしくてナチュラルハーベストのウィンターパック、RURI’S DOGさんの福袋、おやつのじかんさんも続けてポチっと注文♪

 自分でもアマアマで超過保護だなと思うんですけど、言葉で言えない分、こっちが気付いてやるしかない。

 過保護だって思われても「ラブばっかり!」って嫁さんやそのうちしゃべれるようになるであろう息子に言われたっていいんです!

 それでラブが少しでも元気で長生きしてくれるんだったら万々歳!息子よ、おもちゃは両ジジババに買ってもらいなさい(笑)!

 そんなわけで来年も午年だけに馬車馬のごとく家族サービスに徹しようと思いま~す!

IMGP8700.jpg

 姉ちゃん鼻に砂ついてるよ♪

続きを読む

仲良きことは美しきかな?

IMGP9359.jpg

 犬人です。そろそろ年明けに向け、帳尻合わせに忙しい頃でしょうか?年内にうまくキリがつくように(って完全にはつかないんですが)今回はスピードアップしてお送りしますね~。

 車を北上させ、正午に着いたのは岐阜県恵那市にある滝。その名も寿老(じゅろう)の滝。

IMGP9370.jpg

 西濃(近所)にある養老の滝に対して寿老と名付けられた滝は落差10 mですが水流は勢いよく、滝壺も硬い岩盤なので深くえぐれておらず、水浴びができるぐらい。

 子供(赤ん坊)が近づいても危険ではなく、駐車場からも歩く距離はわずか。それなりに考えていたのですが、嫁さんはなかなか車から降りてきません。

IMGP9367.jpg

 キレようとした直前で、車酔いしたことが判明し、(お互い)一命を取り留めましたが(笑)、せっかくなのでピー助も抱き、いい老後がおくれるよう、姉ちゃんとパシャパシャしてきましたよ。

IMGP9385.jpg

 その後は恵那市の山岡町にある道の駅、『おばあちゃん市・山岡』へ。ここにあるのが日本一巨大な水車。

 この水車、直径24mもあって木造水車としては日本一の大きさを誇っています。近くからでは写真に収まりきらず、その迫力には圧倒されるばかり!

IMGP9390.jpg

 実はピー助は換気扇や扇風機がダイスキで、羽根がグルグル回るとめちゃくちゃ喜ぶんですよね~!狙い通りの息子の笑顔に大満足だったんですけど、まだ嫁さんがブーたれてんの!

 「なんじゃい、ワレ~!」とやさしく聞いてみると、威勢よく「腹減っとるんじゃボケ~!」返してくれました(笑)♪

P1070454.jpg

 急いで車をさらに北上。岐阜県、瑞浪市の駅近くにある定食屋で某ケンミンショーでも紹介された名物のあったかカツ丼を食べ、土岐市にあるアウトレットに行くとようやく機嫌を直してくださいました。

IMGP9407.jpg

 夫婦円満、家族仲良くお家に帰りましたとさ♪

続きを読む

唐草堂。

IMGP9317.jpg

 犬人です。川見公園、小原の四季桜を満喫中。前回書いたように四季桜の花は淡い色でカメラ撮影が難しいものの、年に2回咲くだけあって実際に見ると生命力にあふれていています。

IMGP9327.jpg

 川見公園は公園全体が里山になっているので登山気分。山ばかり登らされてるという嫁さんの言い分もわかるんですが、こっちは体高が低い犬と色の濃さの違う桜と楓を同じファインダーに入れるのに必死でそれどころじゃない!

 山の傾斜を利用しながらたっくさん写真を撮り、観光客の人達にもたっくさん話しかけられると時間はあっという間にお昼近く。

IMGP9295.jpg

 ここで絶品五平餅を1本、家族みんなで食べ、ランチはもうちょっと我慢。

IMGP9296.jpg

 みんなでわけるとおいしいね♪

IMGP9331.jpg

 ここでラブさんの首に注目。ラブがつけている唐草模様のバンダナは何度かこのブログでも紹介している北海道犬、大福君のお母さん、大福母さんお手製!『唐草堂』というブランド名で、裏地に私が秋祭りの時にお渡しした手ぬぐい(豆絞り)の生地が使われていてとってもオシャレ!

 馬子(ラブ)にも衣装で、かわいく見えるから不思議!

 その後、大福母さんに同タイプのバンダナが注文殺到で生地が足りなくなり、慌てて家の豆絞りをかき集めてお渡ししたのはいうまでもありません。

 いただいてから1ヶ月以上経ってしまいましたがこの場を借りて、ステキなバンダナに感謝です。大福母さんありがとうございました!

 ここから北上すれば数分で岐阜県に入ります。次回は滝と水車とグルメと買い物で~す♪

IMGP9326.jpg

続きを読む

四季桜。

 犬人です。クリスマスも終わり、年の瀬も近づいているのに平気で1ヶ月以上前のこと書きま~す。

 季節外れを承知で今頃桜の話を書いたら怒られるかもしれませんが、先月22日、有休を使って愛知県の東のはしっこに紅葉を見にお出かけしました。

 愛知県豊田市といえば自動車産業で有名ですが、平成の大合併で周辺の村が吸収され豊田市になりました。その中のひとつ小原村(おばらむら)。ここには世にも珍しい一年で二度、春と秋に咲く「四季桜」という桜があります。

IMGP9293.jpg

 とってもキレイでしょ?こんなにキレイなので毎年ものすごい人が訪れ、有休をとった平日じゃなきゃ行くのは不可能。近隣には香嵐渓(こうらんけい)という紅葉スポットもあってたどり着くまでが一苦労です。

 自動車の運転は好きですが、四国から帰って1週間と経たず長時間運転するとさすがにハンドルを握りたくなくなる(笑)。

 この日もやっぱりすごい車の数で、新しいナビに苦戦しつつ、渋滞につかまらないよう、遠回りをしながら小原村を目指しているのに嫁さんに文句言われる始末。

 役場にあるメイン会場ではなく、そこから北上した川見(せんみ)公園に10時に到着したものの、駐車するまで30分近くかかりました。

IMGP9284.jpg

 まあそんな苦労も四季桜を見たらふっ飛ぶんですけどね~。山が楓と四季桜に覆われ、公園には1,200本の四季桜が植えてあるそうです。

IMGP9289.jpg

 姉弟、特にガッツリ寝てるピー助がニッコニコ!

IMGP9269.jpg

 四季桜は淡墨桜のように薄くて淡いピンク色なので写真に撮るのが難しくもあるんですが、計4回訪れている私とラブですから、淡い桜と燃えるような楓の濃い赤のコントラストの落としどころを見つけながら撮影しました。つづく。

続きを読む

強心臓。

P1070288.jpg

 犬人です。長かった四国旅行記もこれで大団円。須田港から向かった先は香川県の丸亀市。旅行記は城に始まり城に終わる。最後の最後も城めぐり。丸亀城に行ってきました♪

IMGP9218.jpg

 1660年完成。石垣の高さは52mで日本一。現存12天守のひとつですごいお城なんですがお目当てのゆるキャラはもうおりませんので、日本一の高さをブーブー言いながら嫁さんは登り、私は後ろから全力で押しました(笑)♪傾斜もかなりあってまさに心臓破りの坂。キッツキツ!

 平和な時代になぜこの高さが必要なのかは画像を見れば一目瞭然。瀬戸内海の船の監視をする役割があったんですね~(奥にあるのが瀬戸大橋)。美しさを重視しつつも現存する12のうち天守は最も小さくなっています。

IMGP9227.jpg

 優れた石工集団、穴太衆(あのうしゅう)が造った石垣の芸術品にホレボレする間もなく、子守と犬守(笑)!坂を登らず解放されたピー助は姉ちゃんと大ハッスルでした♪

IMGP9226.jpg

 丸亀城を堪能している最中、麓の方では何度も尋常じゃない爆音が鳴り響きます。なんと、火縄銃の実演が行われていました。あまりの爆音に野鳥の群れが一斉に避難していました。

IMGP9236.jpg

 ボランティアのおじちゃんに「いつもやってるんですか」って聞いたら年に2・3回なんだそうで、こういう日にぶちあたるのも私達ラブ組が「もってる」証拠なんでしょう。

IMGP9233.jpg

 フツーこんな爆音だったらワンコは大混乱で吠えたり、怖がったりするのにこの笑顔ですから強心臓というか、絶対心臓にも体と同じく毛がビッシリなんだと思う(笑)!

 その後は眼前の瀬戸大橋を渡って岡山に入り、ドッグランがある瀬戸中央自動車道、鴻ノ池(こうのいけ)サービスエリア上りでランチ。

P1070303.jpg

 魚介類のだしスープに瀬戸内産いいだこの唐揚げをトッピングしたご当地ラーメン、『もっついラーメン』を食べ、ドッグランで会ったトイプーのマフィン君と遊び、帰路につきましたとさ。おしまい。

P1070302.jpg

続きを読む

ラブサンタが公園にやってくるっ!

IMGP9926.jpg

 犬人です。クリスマスイブですね~。ジングルベルの音と一緒に師走の最終週で忙しくてそれどころじゃね~よって声も聞こえてきそうですけど(笑)!

 私は28日が土曜になるので27日が仕事納め。23日も祝日でいつもより営業日が少ないのでキッツキツ。マジでクリスマスを楽しむ余裕がないんですが、毎年気分だけは味わおうと私の車はクリスマスソングがヘビーローテーション♪

IMGP9931.jpg

 昨日の記事でUPしたように、例年、愛犬がサンタに変身するんですが、昨年は生後4ヶ月の息子も参加し、今年は姉弟でサンタになってもらうつもりで準備!

 ちょうどRodyのイベントに応募したところ、抽選に当たり、今月7日に撮影会が行われたんですが、直前に祖母が他界し、その日が葬儀となってしまったのでなくなくキャンセル!

 昨日も書きましたが、喪中で忌中だから、年賀状は出せなくても、神社にも入れなくても、キリスト教じゃなくても、家族や友人達が集まってお互いの「愛」を祝い、分かち合うのがクリスマスの醍醐味!

 それにクリスマスを楽しまなきゃ、みんなでワイワイするのがなにより好きだったばあちゃんに怒られちゃう!

 もちろん愛を分かち合える人がおらず、「愛なんていらねえよ、クリスマス」な人も多いと思いますが、街中にクリスマスソングが流れ、イルミネーションがきらめき、老若男女全ての人がウキウキしているのに沈んでる方がヤボってもの。カラ元気でもいいから楽しみましょうよ♪

 今夕6時、近所の公園にラブサンタがオヤツ持って現れるのでオレンジの光を頼りに「メリークリスマス」って言いに来てください♪

 「トリック オア トリート」って言っても可(笑)♪ハッピーな気分でクリスマスと新年を迎えましょう!

IMGP9921.jpg

続きを読む

ワン言:32。

 愛犬がサンタクロース♪

IMGP6123.jpg

続きを読む

粟島×浦島。

IMGP9157.jpg

 犬人です。のの家とお別れし、夕方5時前に今晩のお宿、ルポール粟島さんに到着。

IMGP9155.jpg

 元商船学校をリフォームしたお宿で、画像のキャビン1室(5名まで)を貸切って宿泊します。料理もおいしく、ステキな支配人さんやスタッフさんもいて文句なしだったんですけど、キャビンにTVがなかったのが唯一にして最大最悪の衝撃でした。

P1070192.jpg

 以前に書いたように、粟島は鶴瓶さんの番組で取り上げられ、支配人さんも番組に登場しており、ロビーにはお2人のサインがあるんだけどTVはない(笑)。

P1070175.jpg

 パソコンもないのでインターネット放送も見れないし、旅先でやろうと思っていたブログのコメントも返せない!TVも見れる新しいカーナビは車ごと海をはさんだ須田港にあって打つ手なしっ!

P1070169.jpg

 TVっ子の私と嫁さんは打ちひしがれました。愛犬もこの表情。

IMGP9194.jpg

 その夜、サッカー日本代表がオランダと試合するからと代表ユニを持参してきた犬と飼い主は完全にピエロ♪

 事情を知ってるののパパさんが帰宅後、TV観戦で試合状況をメールしてくださったんですけど、それ生殺しですから~残念(涙)!

 悔しくてしばらく寝つけず、翌日は愛犬に代表ユニを着せて観光しました(なので今回の画像は全部翌日に撮ったもの)。

IMGP9190.jpg

 その粟島、実は浦島伝説の残る地でそれにちなんだ建物だったり、マンホールだったり、ブイ(浮き)だったりがあって、帰りの船を待つ間、いろいろと撮影できました。

IMGP9200.jpg

 粟島は竜宮城で海の底だから電波が届かないんだって無理矢理思うようにしました。つづく。

IMGP9188.jpg

続きを読む

仰げば尊し。

IMGP9113.jpg

 犬人です。夕暮れの中、粟島港に戻り、のの家のみなさんとお別れ。

 映画のワンシーンのように船で須田港に戻るのの家のみなさんが見えなくなるまで手をふりました。

 追記で歌を捧げることにします!

続きを読む

ぶいぶいがーでん。

P1070232.jpg

 犬人です。粟島到着後、隣に停泊している船に乗り換え、さらに15分、粟島の北東、上新田(かみしんでん)に到着♪プロペラ状の島は船移動が便利。上新田からは隣の志々島(ししじま)を経由し、須田港とは別の詫間港に着きます。

IMGP9070.jpg

 この上新田港から歩いて5分程のところにすてきなお庭が見えてきます。

IMGP9076.jpg

 えっちゃんこと松田悦子さんのお庭は『ぶいぶいがーでん』と呼ばれ、誰でも自由に入ることできます。

IMGP9109.jpg

 四季折々、さまざまな花たちが自由に咲き乱れ、その庭の守護者のようにいるのが「ぶいぶい」。

IMGP9085.jpg

 漁で不要になった浮(ブイ)を活用した、えっちゃん制作の色々なキャラクター人形やお地蔵さんがお庭や粟島のさまざまな場所にいるのです♪

IMGP9081.jpg

 突然ですが、みなさんは国営放送で放送中のアポなしでの笑福亭鶴瓶さんとゲストがある地域を訪問し、そこに住む人達とのふれあいを楽しむ、家族に乾杯な番組(笑)をご存知でしょうか?

 その番組でこの夏、鶴瓶さんとゲストの藤井フミヤさんが粟島にやってきて、9月に放送があったんですって。私達は見てなかったんですが、のの家のみなさんはそれをご覧になって私達をここに連れてきてくださったというわけ。

IMGP9083.jpg

 後日談ですが、その話を親戚縁者や職場で話すと「見た!」とか「知ってる!」という人多数!幸いVTRも入手し、見ることができました♪

 以前にここを訪れたフミヤさんは大変感激され、タモさんのお昼の番組でもう一度行きたい島だとおっしゃったこともあって今回2度目の訪問になったのだとか。

IMGP9092.jpg

 番組で見た、えっちゃんの人柄のよさはテレビ的なものでもなんでもなくホンモノ!ガーデニング作業中だったにもかかわらず、ギャラリーを見せていただいたり、お庭の説明、飼っている動物(アイガモ・猫・ヤギ)も紹介してくださり、一緒に近くの浜まで案内してくださいました。

IMGP9096.jpg

 もうガーデニングをかじっているコギ飼いには、えっちゃんがターシャ・テューダーにしか見えない!途中からラブもノーリードにしたんですが、「ラブちゃんおいで」とかわいがってくださるので、えっちゃんのそばを離れない離れない!

IMGP9100.jpg

 結局1時間近く案内してもらって、お土産にお庭のハーブ等もたくさんいただき、お別れしましたが、帰りの船(最終便)がなかったらもっともっといたかった場所でした。

 フミヤさんじゃないけれど、粟島は一度訪れたらまた行きたくなる島、ぜひ粟島に、そして、えっちゃんに会いに行ってみてください♪

IMGP9105.jpg

続きを読む

処女航海。

IMGP9056.jpg

 犬人です。ののちゃんを紹介でき、ビッグサプライズな発表もできて大満足♪ここからフィナーレに向けて突っ走っていきま~す。

P1070034.jpg

 豊稔池ダムを後にして山から海に移動!香川県三豊(みとよ)市にある須田港という小さな港に到着。ここからなんと船旅しちゃいます!

P1070035.jpg

 画像は乗船した時の様子ですが、奥に自動車があるのわかりますか?70名定員ですが、車が載ると40名定員になります。

 ここから15分ほどのクルージングで向かう場所は粟島(あわしま)という周囲16kmの小さな島。3つの島が砂州で1つにつながったプロペラ状の形をしています。

 ワンコはケージにいれて入船できますが(手荷物料金)、ケージに入れても客室には入れず外、つまりは車の隣にいなきゃなりません。

P1070071.jpg

 これで波が大揺れになったらどうするんだって話ですが瀬戸内の海は非常に穏やか。

P1070076.jpg

 そして晴れ男パワー全開!息子を抱っこしながらクルージングを楽しみました♪

P1070059.jpg

 ののちゃん、実はこれが船移動初体験。旅慣れしているラブとは正反対にドキドキしていましたが、ダイスキなご家族がすぐ近くでやさしく声かけてくれるし、私が「船酔いの薬だよ」ってカリカリフードくれるし、ピー助もナデナデしに行ってたのでニコニコのまま粟島に到着することができました♪

P1070055.jpg

 次回は粟島観光で~す!

IMGP9066.jpg

続きを読む

ビッグサプライズ!

IMGP9026.jpg

 犬人です。のの家のみなさんとお隣の香川県に向かい、のの家オススメの讃岐うどんに舌鼓を打ちまくった後は、のの家プロデュ一スで一緒にお出かけ。お出かけ先のみならず、その日の宿まで全部のの家プロデュース!私達はおんぶにだっこです。

IMGP9027.jpg

 最初にやってきたのが画像の豊稔池(ほうねんいけ)ダム。香川県のダムで1997年、日本最古のダムとして国の登録有形文化財に指定されました。

IMGP9030.jpg

 石積式でここだけ中世ヨーロッパの古城を偲ばせる風格を漂わせているようでした

IMGP9029.jpg

 景観的にも学術的にも他に類を見ない貴重なダムとして現在でも高く評価されているそうで、田植えの時期と7月には地上30メートルの堤から実際に放水され、その絶景に多くの観光客が訪れるそうです。

IMGP9031.jpg

 春や初夏は讃岐の国に本格的な田植えシーズンを告げる風物詩となり、秋には紅葉スポットになるそうですが、四国とはいえ山の中、残念ながら紅葉には遅かったようです。

 私達はののちゃんの笑顔が見れればそれだけで喜色満面♪

IMGP9037.jpg

 後ろに手頃な大きな岩があったので2頭で写真をとることにしました。

IMGP9045.jpg

 9歳と4歳、2年前と変わらず元気に写真撮れてることがなによりうれしい!

 そして、もっと、も~っとうれしかったことが・・・!

続きを読む

会いたかったぁ~!

 犬人です。四国旅行記、3週目に突入ですがもう少しお付き合いください。

 今治城を後にした私達は愛媛の東に位置し、四国の中央に位置する街にやってきました。2年ぶり2度目の訪問。街全体が製紙業を営んでいるといっても過言じゃなく、独特の大きな煙突が何本も立っている姿を見て、故郷でもないのに「帰ってきたんだ」としみじみしちゃう私達でした。

 というのも、今回の旅の一番の目的がこちらにお住まいのコギさんとそのご家族に会うことだったんですから!

P1060985.jpg

 ラブも会いたかったぁ~。

 不思議なご縁で知り合ったコギさん。出会った瞬間から私はこのコの大ファンになり、飼い主同士も意気投合♪愛知と愛媛、住む場所は離れていましたが愛があれば距離の差も年の差も関係ないっ!そのつど愛知や愛媛、滋賀や大阪で会ったりして親交を深めていきました。

 2年前に愛媛を訪れ、帰った後もまたすぐに会えるものだと信じて疑わなかったんですがその年の終わりに愛知で会って以降、いろいろあって会えませんでした。

 息子が嫁さんのお腹にいたり、小さかったり等、100%私達のせいだったんですけどね♪

 今年の10月、関西地方でお会いできる機会があり、お会いできるはずだったんですけど、またまた私達のせいでそれが叶わず、「会いに行きます!」と勝手に宣言し、やってきたのでした~。

P1060966.jpg

 お待たせしました。紹介します。私達の永遠アイドル犬、ののちゃん4歳で~す!

P1060972.jpg

 クリクリっとしたお目々に、ふわふわぷにぷにのボディ、まゆ毛がチャームポイントでこの笑顔をみたら誰だって彼女のファンになっちゃいます♪

P1060983.jpg

 一瞬でピー助もののちゃんのトリコ♪そしてののちゃんのおもちゃのトリコになってました(笑)。ののちゃんのクレートに入っているのはウチの姉ちゃん犬。父親に似て遠慮ってもんを知らない姉弟ですんません(汗)!

P1060970.jpg

 メール等でやりとりしていたものの、2年分の積もる話もあって、話は尽きることなく、1時間半近くしゃべりこんでしまい、みなでちょっと遅めのランチに出かけることにしました。つづく。

続きを読む

ワン言:31。   

 ならぬものはならぬのです。

IMGP6119.jpg

続きを読む

城壁×白壁。

IMGP9022.jpg

 犬人です。まったく季節感を無視して1ヶ月前のこと書いてますが、年内までにはこのシリーズを終わらせようと思っているんでお付き合いを。

 愛媛観光2日目、朝8時半に『チラットさも』を出発し北上。朝10時、バリィさんで有名になった今治市の今治城に到着しました。

P1060937.jpg

 以前も書いたように藤堂高虎によって築城されたお城。当時は三重の堀に海水を引き入れ、海から堀へ直接船で入ることができ、海上交通の要所の今治らしく、海を最大限に活用した城となっていて、日本三大水城の一つに数えられています。

 その証拠にお堀を泳いでいるのは鯉じゃない!(yes!) 愛じゃない!(yes!)ってお前いくつやねん(by早見優さん)!

IMGP9017.jpg

 高虎さんリスペクトで公約通り、忍者姿になりました♪

IMGP8991.jpg

 ここでみなさんに質問。お城を思い浮かべる時、その城の壁は何色ですか?

P1060919.jpg

 ほとんどが白を思い浮かべると思います。それは城だけに白ってボケたらタコ殴りにされちゃうんで説明すると、実はこの今治城こそ、現代で私達が「城と言えばこんな形」と思い浮かべる近世の城のスタンダードとなり、全国に築城ブームを巻き起こしたといわれているんです。

IMGP9010.jpg

 関ヶ原合戦前、つまり戦国時代の頃の城は黒壁が一般的でした(熊本城や松本城が有名)。これは当時の防火技術の違いで、柿渋や漆を塗ってできた黒壁と、後に開発された石灰を焼く白土焼きを用いた白壁の違い。

 しかしこれは単に技術の進歩を表すだけではありません。黒は関ヶ原前、権力のあった豊臣の城の象徴ともいえ、白は関ヶ原後、権力を得た徳川の城の象徴であることも示しています。

 関ヶ原合戦後に築城された今治城の白壁はまさにモデルケースとなり、徳川時代の幕開けを象徴するものとなったんですね~!

IMGP9003.jpg

 高虎さんの像と写真を撮って城を後にしました。来週はいよいよクライマックス!お楽しみに♪

続きを読む

チラっと鯛めし。

P1060891.jpg

 犬人です。文字通り、一日中観光した私達は今夜のお宿がある松山市のお隣、東温市へ。

 こちらにある『チラットさも』さんは1軒丸ごと借りて、別荘のように利用できるお宿。

P1060889.jpg

 部屋は1階に4部屋、2階に2部屋もあり、大家族の方やわんこ仲間と一緒にお泊りをしたい方、そして赤ちゃん連れにも適しています。日帰り利用も可能で、ワンコ友達を集めてオフ会やバースデーパーティーなどを開くことだってできます!

 唯一の難点は場所が非常にわかりずらいところにあること!隣家にオーナーさん一家がお住まいなので、近くまで来たところで連絡するとワンコと一緒にお出迎えしてくれます!

 もうひとつ気をつけていただきたいのは食事が付かないため、夕食と翌日の朝食は自炊となること。それでも東温市は松山のベットタウンでもあるので、コンビニやお店もあって困ることはありません。台所に冷蔵庫や炊飯器、電子レンジなどの電化製品や、お鍋、食器なども完備!心配ないさ~!

 私達は宿にチェックインする前に宿から車で数分の『大黒屋』さんというところで夕食。

 お昼に続いてメインデッシュは鯛めしやけん!

P1060883.jpg

 画像を見ていただければわかる通り、以前に書いた南予(宇和島)の鯛めしと中予地方の鯛めしは違い、焼いた鯛を醤油や塩で味付けし、釜飯風にして完成させます(ホントは鯛一尾を土鍋に入れて食べるそうです)。

P1060882.jpg

 そしてそして東予には知る人ぞ知る鯛めしもあるようで私が注文した、少しあぶった鯛の切り身に生卵、刻んだ大葉と海苔(ワサビも)、だし汁を垂らして食べる『鯛の炙り漬け丼』がそれに近いようです。

 これを半分ずつ夫婦でいただき、セットでついてきたミニうどんをピー助が食べ、ラブは車で留守番でした(笑)!

 釜飯鯛めしはゴハンに鯛の旨みが染み渡っておコゲもあっておいしかったし、炙り漬け鯛めしも美味~!

 一日鯛とじゃこ天しか食べてませんが(笑)、同じ食材でこれだけバリエーションをもって出されたんで全然飽きなかったし、全部ウマウマ!愛媛の食文化の豊かさにスタンディングオベーションな一日でした。

 チェックイン後、ピー助と風呂に入ってバタンキューでございました♪

続きを読む

坊っちゃん列車。

IMGP8930.jpg

 犬人です。画像は道後温泉の本館。

IMGP8910.jpg

 『千と千尋の神隠し』の油屋(お風呂屋さん) のモデルになったとも言われているだけあって醸し出すオーラがハンパない!

 明治時代に建築された歴史ある建物がそのまま残されていて、まさに坊ちゃんの世界観そのまま。建物自体も国の重要文化財にも指定されています。

IMGP8906.jpg

 千は隠れてなかったね♪

 私は9年前に入浴していますが、犬連れ赤子連れじゃ入れないので写真を撮ったらそそくさと退散。前回書いたように嫁さんがタルト人とバリィさんグッズを買い漁っている間、放生園の足湯につかりながら、時が来るのを待っておりました。

IMGP8940.jpg

 日が傾き、空がオレンジ色に染まった夕方4時半、ついにアイツがやってきた!

P1060874.jpg

 ジャジャ~ン、前回も出てきた機関車タイプの路面電車!その名も『坊っちゃん列車』!以前はこの姿で路面電車が走っていたんですね~。坊ちゃんの作品中にも出てきて、当時は石炭を燃やし、蒸気の力で動いていました。

P1060866.jpg

 現在はディーゼルエンジンを動力に煙突から出ている煙に見えるものは、蒸気を煙に見たてたもの。環境に配慮したエコな「坊っちゃん列車」は02年から運行し、最終便が終わると道後駅のこの場所に停車し、そのまま展示されます。

 かといってほかりっぱなしってことはなく、その場ですぐにメンテナンスを受け、熱をもってる間に記念写真♪

IMGP8975.jpg

 醸し出すオーラ(煙)がハンパない(笑)!

 これで一日目の観光は終了。夜が明けるまではいろいろあったけど、やりたいこと全部やれて大・満・足!坊ちゃん列車まで写真におさめ、ゴッキゲンで道後温泉を後にしました。つづく。

続きを読む

道後温泉と交通事情。

P1060796.jpg

 犬人です。松山城の後は一路、道後温泉へ。犬連れ・子連れでお風呂にゆったりとはいかないので歩くだけなんですけどね~。

 松山市内を車で走るとノスタルジックな雰囲気になります。ひとつは9年近く前に市内をレンタカーで走ったことがあること、もう一つは路面電車が走っているから♪

 市内をかわいいみかん色の路面電車が走っています。区間内を150円で行くのかな?05年まで近所の岐阜市内で走っていたし、ちょっと遠いけど、恋人犬がいる愛知の豊橋では今でも走ってるんだけど、本数や線路の数が全然違う!

 うれしくて信号待ちしている間、窓あけてガン見しちゃいました!

P1060795.jpg

 その後方にもユニークな路面電車が走っていましたがそれについてはまた次回。電車だけにここで伏線張らせてもらいます♪

IMGP8950.jpg

 平日だったからなのかシーズンオフだったのか、道後温泉にも無料駐車場があって、空いていたので難なく駐車でき、散策を開始。駅前の商店街の入口にはステキなからくり時計が。

IMGP8953.jpg

 坊っちゃん・マドンナ等、小説「坊っちゃん」の登場人物が時計から現れ、1時間ごとに踊りだします♪

IMGP8954.jpg

 隣には足湯「放生園」もあったんで、嫁さんがこちらの名物一六タルトとそのゆるキャラ、某目玉の親父にそっくりなタルト人グッズを買い漁っている最中、足湯につかりながらラブとからくりを楽しみました♪

IMGP8960.jpg

 次回も道後温泉を紹介しま~す!

続きを読む

I LOVE よしあきくん。

IMGP8868.jpg

 犬人です。ゆるキャラの前に松山城の説明を。山頂にある天守は、日本の12箇所に現存する天守、現存12天守の一つで、姫路城と同じく、大天守と小天守・南隅櫓・北隅櫓を渡り櫓(廊下)で結ぶ非常に珍しい連立式。

 江戸以前に建築された天守として全国でも非常に貴重な存在(最古は9月に訪れた丸岡城)。また万里の長城を模した城郭は「天守防衛の究極の姿」と称されます。

 美しさを兼ね備え、文句なしに松山のシンボル!松山城を含む周辺はミシュラングリーンガイド日本編にも選出され、ここ近年、観光客数を伸ばしているのだとか。

IMGP8858.jpg

 はい、説明終了。お待たせしました。よしあきくんの登場です♪

IMGP8844.jpg

 松山城築城400年祭を盛大に祝福すべく誕生した、松山城のマスコットキャラクター。名前の「よしあきくん」は松山城の初代城主、加藤嘉明(かとうよしあき)にちなんで名付けられました。

IMGP8846.jpg

 今年の初め、ワンコ友達の方から「よしあきくん」グッズをいただき、はじめてその存在を知り、一目惚れしちゃった嫁さん、もーにくんのためなら宇和島まで行くし、よしあきくんのためなら松山城に山登りだってしちゃうんです(笑)!

IMGP8848.jpg

 私は加藤嘉明(かとうよしあきら)って習ったんですけどね。嘉明を名乗る以前は加藤孫六(かとうまごろく)っていって秀吉の七本槍の一人だったんだよっ!

IMGP8852.jpg

 そんな母ちゃんの尋常じゃない純情な感情に応えるように姉弟で写真撮りまくり、その後は売店でよしあきくんグッズ買いまくり!登ったら降りなきゃならないって考えは毛頭ない!・・・背負う荷物が増えました。

 麓に戻ってきたのは午後3時。なにはともあれ家族一丸でよく頑張りました!麓の自販機でジュースをガブ飲みして水分補給した後はこの日最後の目的地、道後温泉に向かいました。つづく。

続きを読む

愛あればこそ!

P1060811.jpg

 犬人です。なが坂さんで食事をする際、隣接するキスケボックスに駐車。ここは総合アミューズメント施設でなが坂さんで食事すると駐車料金が5時間無料になります。

 ここから松山城のある城山公園まで目と鼻の先(徒歩10分)!県庁や美術館もある広大な公園になっていて、反対側にはロープウェイがあるんですが、実際はスキー場のぶら下がるタイプのリフトのため、犬はもちろん、赤ちゃんも無理。ってなわけで本日2度目のクライムオン。

P1060818.jpg

 長年私のブログを読んでらっしゃる方はここらへんで嫁さんがブーたれるってのが定番になっていると思いますが、この日は違いました。

 文句も言わず、黙々と登り、写真まで撮ってくれてんの!

 ピー助もラブもその他の重そうな荷物も私が持ってるんですけど、急な階段も息を切らせながら頑張ってる姿に惚れ直しました♪

P1060826.jpg

 それ以上に睡眠不足なのに息子をしょってフラフラになりながらも登っている自分にも惚れ直したんですけどね(笑)!

P1060829.jpg

 それもこれも愛あればこそ!愛の名を持つ犬も引っ張ってくれたから勇気百倍で30分登ると見えてくるこの景色!

P1060831.jpg

 松山市内を一望!

IMGP8866.jpg

 勝山(城山)の標高は約132mで、天守の高さもいれると約161mで同じ平山城である姫路城の約3倍の高さ!大洲城と一緒で近づきすぎると石垣で天守が隠れちゃう!

 嫁さんもようやく城や山登りの魅力がわかってきたんだって思われた方はまだまだこのブログのビギナー。ここらへんでお約束のオチです。

IMGP8835.jpg

 それもこれも松山城の入口にいるゆるキャラ愛あればこその黙々登山だったようです♪愛は愛でも対象が違ったみたい(笑)。詳細はまた次回♪

IMGP8838.jpg

ワン言:30。

 ほめてやらねば犬は動かじ。

IMGP3480.jpg

続きを読む

鯛めしとひゅうがめし。

 犬人です。大洲城見物の後は車をさらに北に向け、松山へGO!

 当初の予定では松山を一度抜け、最北にある今治(いまばり)でランチタイムが終わりそうな午後2時前に到着してランチがてらお城を見ようと考えていましたが、四国に来るまでのゴタゴタで十分な仮眠はとれていないし、動き回ってお腹もペッコペコ。

 時間はちょうど12時、松山市内にある『なが坂』さんでランチすることにしました。

P1060803.jpg

 話はここで当たり前のように脱線するんですが、ワタクシ松山は二度目。最初は04年の夏、大学院時代の友人と青春18きっぷを使って貧乏旅行した時に来ています。生後4ヶ月のラブを友人や親に預けて出かけました。今じゃ絶対考えられない話ですが(笑)♪

 松山に行きたいと行ったのも私で、地元ローカル局の番組の1コーナーに触発されて行きたくなっちゃった。

 そのコーナーで旅する芸人さんが思い出の味になったのが宇和島名物、松山駅で販売されているじゃこ天で、イチバンうまかったと言っていたのが宇和島の鯛めしだったんですね~。

P1060801.jpg

 これを食べたいがために四国を訪れたんですが、宇和島ってめちゃくちゃ遠く、18きっぷで高松まで行き、レンタカーを借りて向かったんですが時間的に間に合わず断念。松山駅のじゃこ天だけ2回食べて帰ったのでした。

 2年前に訪れた時も考えてたんですが、その時は土佐のカツオ、ひろめ市場のタタキがうますぎて満足しちゃった。なので今回は絶対食べると決めていたのでした。

 しかししかし、この鯛めし、鯛を使う愛媛の郷土料理というのは共通しているものの、その地域によって食べ方や調理方法が違う!嫁さんにどこの鯛めしなんだと聞かれ、最初は意味がわかりませんでした。

 よくよく調べてみると、私が食べたい鯛めしは宇和島がある南予地方のもの。鯛の刺身をご飯に載せ、特製のタレと生卵、ゴマやきざみねぎなどの薬味を混ぜたものをかけて食べるもので、地元の人は「ひゅうがめし」もしくは「宇和島鯛めし」と呼んで区別しているようです。

P1060802.jpg

 それで肝心なお味なんですがサイコー!濃い味が好きな名古屋人の口にあい、9年分の思いもがいいスパイスになりました!薬味やゴマで楽しんだ後、そこからお汁(つみれ汁)をかけるとまた鯛のおダシが出てまたうまい!ひつまぶしにも似ていて大のお気に入りになりました。

 生がニガテな人向けには焼き魚と麦味噌をすりあわせた汁をご飯にかけて食べる「さつまめし」というのもあり、朝に訪れた宇和島の道の駅でも出ていたんですが、断然私はひゅうがめしっ!

 嫌いなものには全く興味を示さないものの、好きなものにはとことんこだわるB型、ひゅうがめし以外の鯛めしもその夜に食べたのですが、それはまた後日♪

P1060806.jpg

 来週も(火曜から)城めぐりしま~す!

続きを読む

センチメンタルジャーニー♪

IMGP8788.jpg

 犬人です。前回に続いて大洲城。8時間近くの長時間移動でしたがガッツリ寝て過ごした姉弟は疲れ知らず。一緒に大洲城を満喫。

IMGP8790.jpg

 目が覚めたらこんなステキなお城があるし、青い空に白い雲、ゴキゲンになるよね~♪

IMGP8791.jpg

 お城をバックに「登ったゾ」とはいポーズ!ここまで父ちゃんが抱っこしてきたんですけどね~。

IMGP8815.jpg

 お姉ちゃんともはいポーズ!

IMGP8807.jpg

 そして父ちゃんも加わりはいポーズ(笑)!

P1060782.jpg

 自宅から600㎞離れた場所でこうやって楽しめるのも姉弟で長距離移動や車内で寝る練習や経験を積んだ賜物!ここにくるまでいろいろあって寝れずにフラフラでしたがここで旅の成功を確信したことは言うまでもありません!

 父ちゃんはすっごくうれしい!

P1060786.jpg

 ここで大ハッスルした姉弟は次の目的地、愛媛の中心地、松山まで夢の中(笑)、父ちゃんは運転です(泣)。

 次回は松山でランチしま~す!

続きを読む

がんばれ!カマタマレ!

P1060747.jpg

 犬人です。宇和島を後にして北上。愛媛(伊予)を南北につなぎ、高知(土佐)へもつなぐ交通の要衝、大洲(おおず)の地へ。

 ここに大洲城という立派でどっかと違ってワンコOKなお城があるんですね~。この頃になるとテンションもアゲアゲで元通り。それに呼応するように気持ちのいいブルースカイになりました♪

P1060752.jpg

 睡眠不足でも父ちゃん頑張ってるよ~!

 先にネタばらしすると今回の旅のテーマのひとつが城めぐり。2年前に四国を訪れた際、高知城と川之江城をまわりましたが、それ以外にも四国はかなりのお城が残っていたので行く機会があるならと思っていました。

 宇和島で「もーに」くんグッズを買いたいというリクエストにお答えして、それなら宇和島と大洲は通るし、ついでに松山観光しがてら松山城も・・・なんて思いを馳せてたんですね~。

 大洲城は(実は宇和島城も)江戸時代初期、藤堂高虎(とうどうたかとら)という築城の天才によって大規模な改修が行われた城。

 見た目にもかっこよく、伊予大洲藩の政治と経済の中心地として大州は繁栄しました。

 高虎が築城したお城には特徴があり、堀を深く広く、石垣を高く積み上げる高石垣(たかいしがき)の技術がずば抜けています。

IMGP8822.jpg

 近づくと高石垣にお城が隠れちゃう!

 高虎のお膝元、三重県の津城や伊賀上野城でその技術を目の当たりにしているワタクシですから忍者服で伊賀上野城に行く前に忍者服を持っていって写真を撮ろうと思っていたんです!

 だから宇和島城がワンコNGで落ち込んだ落ち込んだ(笑)。

IMGP8800.jpg

 翌日、訪れる城で忍者犬することにし、ここでは愛媛の名産、みかん色のオレンジ服で撮影。朝に雨はあがったものの、少し濡れてたんで、汚れに強いこちらの服をチョイスしました~♪

IMGP8798.jpg

 次回も大洲城でハッスルしますよ~!

続きを読む

もーに。

P1060733.jpg

 犬人です。四国の南西部、愛媛県の宇和島市(うわじまし)からいよいよ四国旅行記のはじまり~って書きたいところですが、ここにたどり着くまで一晩かけてものすごい苦労をしていてすでに疲労困憊。

 加えて、この街の中心に山があり、そこに宇和島城というお城があって、当初、ここに行こうと思ったものの、山の中にあるのにワンコNGでテンションだだ下がり。

 じゃあなんで行ったのかって話ですが、ここの道の駅、きさいや広場というところに宇和島のゆるキャラグッズが販売されていて、他の場所に売ってないから。

P1060724.jpg

 朝8時に到着し、営業が始まる9時まで仮眠しようと思いましたが、さすがの長距離移動で家族全員お腹ペコペコ。朝7時半からフードコートが開いていて、宇和島名物で個人的に思い入れのある「じゃこ天」が食べられる朝定食があったので食事をとるとようやく元気が戻ってきました♪
 
 みなさんは誰も知らないと思いますが「牛鬼」(ぎゅうき)っていう妖怪がいます。試しにネットで検索していただければと思いますが、牛と鬼が合体したような顔とクモみたいな胴体で、鬼太郎にやっつけられるような正真正銘の悪者妖怪。

 ハイ、鬼太郎ってキーワードが出ましたね。誰も知らないと書きましたが誰かさんだけはよ~くご存知(笑)。

 西日本のあちこちで伝説が残っているんですが宇和島の牛鬼だけは顔が龍で体が鯨。これがお祭りになると主役になり2つの巨大な牛鬼(山車)がねり歩くんです。

P1060726.jpg

 こ~んな顔して(笑)!きさいや広場に牛鬼の展示館があり、2つともいました♪

P1060732.jpg

 こちらでは牛鬼は悪魔払い、家内安全に役立つ縁起がいいもの。獅子舞にも似て、「子供が牛鬼に頭を噛んでもらうと、賢くなる」という言い伝えもあるそうです。

 話が長くなりましたが前述したゆるキャラってのが牛鬼をモチーフにしていて、その名も「もーに」くん。妖怪がモチーフ、龍をかぶったかわいい男の子は辰年生まれのピー助に似てると力説され、はるばる宇和島まできたっていうわけです。

P1060728.jpg

 嫁さんここぞとばかり大量購入!ETC割引が使えることが確認できたので遠慮がない(笑)!

 でも悔しいけど確かにかわいい♪ふと龍をかぶったかわいいワンコを思い出したんで、1個余分に購入し、後日、送らせてもらいました♪「ピー助もーに」でまた次回! 

P1060730.jpg

続きを読む

一難去ってまた一難。

きさいや

 犬人です。タイヤもナビも新品、万全の状態で先月14日の夜、仕事から帰宅し、息子を風呂に入れ、寝かしつけてから1時間弱仮眠。15日になる0時に起き、30分後、家族全員をつめこんで出発!走行距離は約600㎞!

 最寄りの岐阜羽島インターに着き、スムーズにETCゲートを通過!ってあれ・・・?

 ゲートがあかないんです(涙)!ETCカードが挿入しているにもかかわらず。何度か抜き差ししたんですが無理で、一般と同様、通行券を取って通行しました。

 頭は大パニック!だって渋滞等とETC割を見越して深夜に出発してるし、通行料金が倍近くかかってしかも現金支払いだったら宿泊するお代、ガソリン代で手一杯になり、お土産が買えなくなっちゃう!

 次のインターで降りて引き返しても時間は深夜1時過ぎ。親戚のディーラーが開店するまで8時間以上あるし、そこで修理してたら、どれだけ飛ばしても宿泊地のチェックイン時間に間に合いませんっ!

 大出費を覚悟して西に進んでいる頃、嫁さんがケータイでETCカードから直接カード支払いできることを調べてくれ、極貧旅行生活は免れることになりました♪

 その分、ETC割は使えないとあったので、料金所のおっちゃんに通行券と一緒にカードを渡すと「ETC車載器ありますか?」と聞かれ、「ハイ、でも反応しなくなっちゃって」と答えると「わかりました。通常割引しておきますね~」と言ってくださったおっちゃんが神に見えたのはいうまでもありません。

 2泊3日の初日なのでこのやりとりを3日間することになるのですが、車載器があっても「壊れた」と言うと割引が使えないようです。カード入れても反応しなくてとかランプがつかなくなって等ボヤかしていうのがいいみたいです。

 一難去ってまた一難。神戸を抜け、淡路島を縦断し、徳島県に入り、愛媛に向かおうとするとガビ~ン!なんと徳島自動車道の約半分、徳島IC~脇町ICが点検修理のため夜間(夜20時~朝6時)通行止め!その期間も私が訪れた15日の朝6時までで、仕方なく、その区間だけ1時間近くさまようことになり、仮眠時間もロスしてしまい、踏んだり蹴ったり!

IMGP8530.jpg

 徳島県美馬市の脇町といったら先日紹介した「うだつ」があるって知っていたんですけど、日中ならまだしも、深夜4時台じゃ真っ暗で見ることもできず、高速に再度乗り(例のやりとりをして)、朝6時にようやく愛媛に入ると土砂降りの雨!

 心も体も打ちのめされ、ようやく最初の目的地、愛媛県宇和島市にある道の駅に到着しました。つづく。

P1060733.jpg

続きを読む

下準備。

P1060691.jpg

 犬人です。タイムスケジュール通りだと美濃観光の次はお伊勢さんに行った話になるんですけど、時期的にそこは年末年始に書いた方がいいかなって思うので(笑)、順番を入れ替え、有休をとって出かけた2泊3日の旅行について書いていきたいと思います♪

 目的地は四国♪2年前も四国4県制覇しましたが今回は愛媛・香川を重点的に遊んじゃおうという魂胆で、ずいぶん前からワクワクしながら指折り数えておりました。

 とその前に下準備。ひっさびさの長距離移動なんでお伊勢さんから帰ったら親戚が経営している車のディーラーさんに行き、エンジンオイル等の軽いメンテナンスをしてもらおうと連絡し、お伊勢さんに向かったのですが・・・。

 なんとビックリ!お伊勢さんからの帰り道、ナビがぶっ壊れました♪

 P1060693.jpg

 海外志向が強いのか、それとも自殺願望があるのか、すぐに海(しかも北)に向かって進路を取り、大平洋や日本海までノンストップ!

 土地勘もない場所にナビなしはキツイのでディーラーで働いている従弟に「直して!」と懇願!ピー助がここのスカイライン(おもちゃの乗り物)を乗りこなすようになったのはナビの件で何度もディーラーを訪れていたからでした♪

P1060700.jpg

 9月の福井旅行で壊れ、その後、一度直ってたんですけど東尋坊やお伊勢さんでなんらかのパワーをもらってきちゃったみたい(笑)!結局直らず買い替えが決定。

 しかもしかも前輪の両タイヤがツルツルだから換えとけとも言われ大出費!福沢さんが10数人いなくなっちゃって、親戚価格でエンジンオイル代だけまけてもらいました♪

P1060703.jpg

 旅先でダイスキなご家族とワンコにも会う予定でだったので、事前に近所のアウトレットショップで洋服を買い、身なりをキレイにしようと思ったのに私は見てるだけのウインドウショッピングに終始しました♪

P1060707.jpg

 イルミネーションが涙でぼやけちゃう(涙)!

P1060709.jpg

 ピー助を抱っこヒモにのせた上からダウンジャケットを着て、ラブと2時間、外をぐるぐる歩きましたとさ♪

 この時はもう一箇所、壊れているところがあることなんて知る由もなく・・・旅行当日大パニックになるのですがそれについてはまた次回♪

続きを読む

ワン言:29。

 生き方は自由!

P1050457.jpg

続きを読む

プロフィール

犬人

Author:犬人
犬人 1976年8月26日生まれ
 犬と祭りとサッカーをこよなく愛するお調子者。2008年奇跡的に結婚。以後、嫁も愛する。2012年長男も誕生し、三人と一匹の家族生活は最高の一言!

ラブ 2004年4月29日生まれ
 三色毛モジャのコーギー犬。カイヌシに似て調子乗り。性格はヒト、イヌ問わずフレンドリー。でも売られたケンカは必ず買っちゃう太っ腹。カイヌシの結婚後、しばらく嫁にいじわるをし、嫁に小姑ならぬ「コ姑」と呼ばれるも、長男の誕生を機に改心。今はお姉ちゃん犬として活躍中♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR