03
:    

パルクール。

P1140331.jpg

 犬人です。今回はピー助君の動画特集!と言いたいところですが、その前にみなさんは『パルクール』って言葉、ご存知?

 元々は特別な道具を用いずに、障害物を乗り越えたり素早く移動したりするフランスで生まれたスポーツ。街中にある建物や壁、公園の遊具等を使って行われます。

 公共のものを使うこともあるので、一方で迷惑なスポーツとして捉えられていますが、そこは本人の常識次第。私が読んだ記事では犬のパルクールが紹介されていました(詳細はこちら)。

 記事にも書かれていましたが、目的は犬のバランス訓練。犬という動物はバランス訓練をし、背中や脚の筋肉がついてくると気持ちが落ち着き、自信がつくんだそうです。だからエラそうなんだウチの犬(爆)!

 私好みの自由度も高く、いつもの散歩に取り入れるだけで犬達の満足度も全然違ったものになるからいいなぁと思いつつ、反面、日本ではなかなか受け入れられないだろうなとも思いました。

 遊具を使ったり、乗せただけでも目くじらたてる人は一般の人はもちろん、同じイヌ飼いでもいるし、そもそも遊具ゾーン自体に入れない公園が多すぎますもん!常識的に考えて、ちっちゃい子達が楽しんでいるところを邪魔するバカはいないと思うんだけど。

 遊具をアジリティ代わりに楽しんじゃダメですかね?周囲に誰もいない状況でタイヤやすべり台ぐらいは乗せて欲しいなぁ。みなさんはどう思います?

 それでも「けしからん」という人は追記をスルーしてくださいませ♪

続きを読む

スポンサーサイト

Ver.2。

IMG_5712.jpg

 犬人です。冒頭の画像をご覧の通り、今回は名前札のお話。3月、登山部の名前札をおなじみBADGIRL-KETTYさんに作ってもらいました。以前作っていただいたものと色違い。

!cid_ii_14406fb7507cad7b.jpg

 このブログを読んでくださっている人達の中にはご存知の方もいらっしゃると思いますが、2013年の終わりに2バージョンとも私がデザインしていて、どっちを採用するかは多数決で決めました(詳細等はこちら)。

 それから約1年、新入部員さんや以前からの部員さん達からも新たに作って欲しいという声があがったので、黄色バージョンで作成を依頼しました。

 え~、多数決で決めたじゃん、一度白色で決めたんだから黄色はナシでしょ~!って声もあがったんですが、デザインした人間からするとどっちも捨てがたかったし、実際、僅差で決まったので、前回泣いた人達のためにも作ってあげたかったのです。

 なので1期生・2期生の区別なく、今シーズン登山に参加した・しないの区別もなく、過去に作られた方全員に「黄色作りますけどどうしますか?」と連絡させていただきました。

IMGP8567.jpg

 もうひとつ、サービスで画像の名前札も作ってくださいました。これは『天使Club』と名付けられているもので10歳を過ぎたワンコは天使のような存在!ラブちゃんにピッタリといただいちゃいました。

IMGP8565.jpg

 天使だってさ、恥ずかしいね。でもそのキモチがなによりうれしいっ!

u_file120150322115340.jpg

 うれしすぎて来シーズンまで待ってられない!いてもたってもいられず、名前札全部ぶらさげてシーズン最後の登山をしたって話はまた後日(結構後になると思うけど)書かせていただきますね~。

続きを読む

もしかしてだけど。

 犬人です。父ちゃんが岐阜城で登山部してた頃、母子は名古屋の繁華街、栄におりました。

 なんでもこの日、午後1時〜3時まで名古屋栄交差点付近で名古屋城本丸御殿復元の為の募金活動が行われ、名古屋城をモチーフとしたヒーローも街頭に立つということで、行ってきたんだそうです。帰ってきたらいろいろと説明してくれました。

P1140050.jpg

 グランスピアーさんに会えてよかったね!会いに行けるアイドルならぬ、会いに行けるヒーロー。握手会ならぬタッチ会。

P1140043.jpg

 抱っこまでしてもらったみたい!こりゃ募金奮発しなきゃね!

P1140044.jpg

 めっちゃなついているピー助君。カメラを構えていた嫁さんもニッカニカだったことでしょう!

 もしかしてだけど×2、グランスピアーは母ちゃんの不倫相手じゃないの~♪そういうことだろ?な~んて1ミリも思わず、グランさんには大感謝!いつもお世話になっております!

 この翌週にも会いに行ったって話はまた後日!

P1140045.jpg

 ホントはお父ちゃんがグランスピアーやねん。だからお父ちゃんがいない時、いつもグランスピアーがおんねん。母ちゃんと仲が悪いからこうなったわけでもないし、お前達よりラブと山を選んだわけでもないねんと一緒にお風呂入りながら息子に言い訳がましく関西弁で説明しましたとさ♪

続きを読む

So cool!

IMGP8017.jpg

 犬人です。下山は最も優しい七曲りコースであっという間に下山。解散前に新年にもお会いした武将隊、岐阜武将隊 信義撤誠 (しんぎてっしん)にごあいさつ。サムライ弓矢体験に参加したノエパパさん。フォームがすごくきれいでバシバシ的に当たり、武将隊に「お見事」ってほめられてました。

IMGP8024.jpg

 イブキパパさんも挑戦して的を射ることができました!これなら三重に移住してハンターとして生活するのも夢じゃないかも!イブちゃんもパパさんの雄姿に惚れ直したことでしょう!

 ちなみに右上にある白っぽいのがさっきまでいた岐阜城、人間ってスゴイ、登山部もスゴイ!

IMGP8027.jpg

 その後は長良川へ移動!登山部のあとは水泳部とばかり、みんなで川遊び。大福君、ノエル君、ラブらダブルコート組は迷わず入って水分補給。

IMGP8031.jpg

 この日は最高気温も上がり、川原の岩も十分あったかいので冷えたらあがって岩盤浴して(笑)、また遊ぶ。短毛組も参加して遊んでました。so cool!

IMGP8033.jpg

 りゅう組とフランベ組だけは入らなかったけど、本来はそっちの方がフツーの反応だと思う。クレイジーなのはこっちの方(笑)!

IMGP8028.jpg

 なにはともあれ、夏になれば鮎が泳ぎ、鵜飼舟も出る、清流長良川を独り占め!ごっさんも楽しんだご様子で、無事今シーズンも大満足で幕を下ろすことができました。ご参加されたみなさんありがとうございました!来シーズンもよろしく!

IMGP8036.jpg

 よし、次は花めぐり、コギ(漕ぎ)部も始動だ(爆)!

続きを読む

屋上ロマンス。

IMGP7992.jpg

 犬人です。前回の続き、岐阜城から展望台まで移動し、L字に並んでいるベンチにみんなで座って遅めのランチ。

 イブキパパさんとフランベママさん、そして前回彼らに触発されてジャーキーメーカーを購入されたりゅうパパさんお3人お手製のウマウマにワンコ達、大カンゲキ!ジャーキーに一点集中、よだれタラタラ、りゅうパパさんのアツい「ジャーキー論」も筒抜け状態♪

 ラブさんウマすぎるとりゅうパパの指ごと食べそうな勢いでがっついてました。ごちそうさまでした。私はりゅうママさんのおいしいパンとフランベママさんの味タマゴをいただきました。こちらもごちそうさまでした!

 食後はゆったりまったりタイム、雲一つない青空の中、絶景を眺めながらみんなでワイワイ・キャナダ・キャナダ(笑)♪

IMGP7987.jpg

 イタグレちゃんは大福母さんの膝の上で、ブルテリちゃんはセドハイさんの腕の中でウトウト。ベティもフランソワもよかったね!

IMGP7991.jpg

 最後にみんなで記念写真を撮って下山しました。

IMGP8007_20150313121329102.jpg

続きを読む

金華山だより。

IMGP7976.jpg

 犬人です。前回の続き、無事馬の背登山道からの登頂に成功し、他の登山客のみなさんに「よく頑張ったね~」とほめてもらった後、別隊を迎えに岐阜城の方に行こうと思っていたら、あれれ!大方の予想を覆し、別隊も約1時間で登頂!

IMGP7982.jpg

 こっちも頑張ったし、楽しかったよ!りゅう君の笑顔が全てを物語ります。

IMGP7980.jpg

 
 ベンチも空いていたのでそのままくつろいでいると、ある男性に話しかけられ、登山部の話をするとよかったら撮影させてと言われちゃった!

きんかざんだより

 金華山だよりというフリーペーパーの金華山情報誌があり、その取材を依頼されたのでした~。もちろんOK!来月発刊される号にワンコ達が掲載されるみたいです(上下の画像提供:フランベママさん)!

撮影取材

 ファイナルにふさわしい思い出になりました♪

 帰宅後、さっそく調べてみると、取材してくださったのはグラフィックデザイナーでもある発行人、ご本人でした。メディアに何度もとりあげられているようです♪

 取材中、この日がシーズン最後の登山で、金華山になったのもたまたまだったことを話すと「なんだか僕に会いに来てくれたみたいですね!」っておっしゃってくださり、こちらも大カンゲキ!

 ホントに金華山が呼んでくれたんだと思います!

 ちなみに掲載予定のページ、画像に出ているその前の号では「山ガール」特集でした。いつか山ガールと双璧をなすぐらい「山ワンコ」が認知されたらうれしいなぁ!

 取材を終えると時間は午後1時、岐阜城は人がいっぱいだったのでトイレ休憩した後、展望台でランチすることにしました(画像提供:大福母さん)。つづく。

ラブ3

続きを読む

岩鬼。

IMGP7965.jpg

 犬人です。北西の尾根(稜線)をほぼ直登する馬の背登山道は早い人だと20分で登れますが、犬達を撮影しながらゆっくり進んでも30~40分で到着しちゃう。

 今回の画像を撮ってる最中でも上の方から話し声が聞こえるぐらいで頂上は目と鼻の先なんですが別隊との時間調整もあるので大岩の上で再び4頭撮影することに。

IMGP7961.jpg

 けわしい道のりを次々とクリアし、自信もついたのか4頭全員ニッカニカ!スキー場だと街で会う時よりも数倍かわいくかっこよくみえるようにワンコ達もめちゃめちゃイケてる!

 カッケ~なんて言いながらシャッターを押してるとセドハイさんが一言「ハイジはイワキですけどね!」って。イワキって何?向きを変え、ズームして爆笑!説明不要、みなさんもご覧ください♪

IMGP7968.jpg

 さあみなさん一緒にヤーマダー(若者置いてきぼりブログ)!

イブハマる

 最後の難所、彼ら大型犬がジャンプしても登れない場所ではハマった彩楓(イブキ)ちゃんをセドハイさんが後ろから押してくれました(画像提供:ブラックモア!(^^)!さん)!

IMGP7971_20150311125548fa1.jpg

 イブちゃんでもクリアできなかった難所だけど、岩の鬼(笑)ハイジならできるよ!本犬もやる気満々、I can do it!イブキパパさんとカメラを構えたのですが・・・。

IMGP7974.jpg

 ここでも臆す兄ちゃん犬!近くにいた山ガールさんと一緒に全員大爆笑!セドナ、ドンマイ。来シーズンは君が鬼となれ(笑)!楽しみながら約50分で登頂できました!つづく。

IMGP7973.jpg

知恵と勇気!

IMGP7936.jpg

 犬人です。馬の背登山道を進む男3人犬4頭。口の悪い人は別隊を(お肌)カサカサ隊なんて呼んでましたが、こっちを名づけるならピチピチどころかゴツゴツ。さっそくの岩壁がワレワレの勇気を試します。跳べハイジ!

IMGP7938.jpg

 ワイマやドーベルマンといった足が長い犬種であっても、慣れは必要。誰とは書きませんが唯一のオスワンコ(バレバレ)が場所によって臆する(ビビる)場面があってハイジが困ってました(笑)♪

fc2blog_20150310230438d1f.jpg

 ちょっと腰が引けてる~。ひと山超え、満面の笑みで全然ヨユーだったよってアピールしてたワイマ男子でした(↑の画像提供:イブキパパさん)♪

IMGP7941.jpg

 そう考えるとこれだけの断崖はハジメテな彩楓(イブキ)ちゃんは度胸十分!先行する私のおしりめがけてビュンビュンきてました。すぐ後ろだから写真撮れなかったけど(笑)!

 北西の尾根(稜線)をほぼ直登するので、さらに最短距離を進むロープウェイも近くで眺めることができ、休憩も兼ね、みんなで撮影しまくりました!

IMGP7949.jpg

 この登山道のもう一つの特徴として、登山道のど真ん中に何本か電柱が立っています。これも最短距離(直線的)なのでここに電柱を立て、頂上まで引いちゃうのは理に適っているのです。

IMGP7950_20150311124520c79.jpg

 電柱前ではいポーズ!

IMGP7943.jpg

 あと山道は岩のゴツゴツだけでなく、木の露出も高い!あちこちに根っこ丸出し!できることなら根を踏まないように歩きたいところですが、登るにつれて全面根っこだけになる場所が広がります。

IMGP7929.jpg

 それでもめい想コースと比べると登山客は格段に少なくなるので、アスレチック気分で楽しみました。つづく。

続きを読む

ピチピチ・カサカサ分かれ道。

 犬人です。登山部ファイナルin金華山、さっそく前回ひっぱった解決方法を発表!

 それは隊を2つに分け、別ルートを歩くこと。いつも歩いている「めい想の小径」というルートは途中から「馬の背登山道」という登山道に行けるので、大人数で迷惑にならず、かつ私のモチベーションも上がり、ブログネタにも困らず一石三鳥!

 ただしこの「馬の背」、金華山のコースの中で最短最速で行ける反面、最難関。登山道の入り口には以下の文言が書かれています(画像提供:イブキパパさん)。

fc2blog_20150310230003d0d.jpg

 これらの文言を読んでもらった上で、「私は馬の背、ごっさん&大福組と保護者(笑)のノエル組はめい想に行くんでコースを選んでください」と残りのメンバー(フランベ組、りゅう組、イブキ組、セドハイ組)に問いかけました。

 ちなみに私とラブは過去に何度か登っています。老人・幼児じゃない犬と若者(?)なんで♪

 さて、あなたならどうする?

 と言いながらセドハイ組以外はハジメテの金華山、初めてだったらビューポイントも多い「めい想」コースがいいですよって誘導もしたので、内心、私と一緒に登ってくれるならセドハイ組で、半分ぐらいは一人で登る気でいました。

 だって「無理です」って書いてあるもん(爆)!

 ところが、ところが、予想に反してセドハイ組の他にイブキ組も手を挙げてくれました。これはうれしい驚き!

 老人でも幼児でもないんでってノリが素敵。結局、男3人犬4頭で「馬の背」を歩くことになり、フランベ組とりゅう組は「めい想」を歩くことになりました。

fc2blog_201503102254045b3.jpg

 いいフラン、道は雨上がりですべりやすくなってるから気をつけて!あとりゅうパパにも(爆)!別れる前にラっちゃん気の置けない友達ワンコにアドバイス(画像提供:イブキパパさん)♪

IMGP7946.jpg

 ってなわけで次回は「馬の背」でロッククライミングの巻です!

続きを読む

呼ばれて金華山。

 犬人です。超ド修羅場期間だったためにタイムラグは2週間を切るまで一気に縮まり(!)、3月8日、今シーズン最後の登山部の活動をしてきました。

 タイトル通り、登った山は金華山。年明けに登ったばっかの山♪登山前にマッサージをうけるりゅう君、最後まで楽しもうね!

IMGP7919.jpg

 元々、その前週(1日)、2週前に私が登った山でファイナルとなるはずでしたが、晴れ男にもかかわらずその日は一日大雨!

 2週前に雨の中、リサーチ登山までした人間としてはそっちオシでいきたいところでしたが、2月に百々ケ峰を登った際、長良川をはさんだ対岸の金華山に登りたいという部員が続出!

 スポンサー様もそうおっしゃられたので満場一致の大決定!金華山となりました。奇しくもメンバーは百々ケ峰に登ったメンバーと全く一緒の9人9頭で登りました(なのでメンバー紹介割愛)。

 ただいくつか問題点も。

 金華山は人気の山、3月に入って最高気温が15度を超えるようになると山は多くの人でごった返すので(ロープウェイもあるので)、毎回登っている人気のコースで大勢のワンコが連なるのはちょっと厳しいということと、私自身、最近登ったばかりでモチベーションも上がらず、ブログのネタ的にも弱いということ(笑)!

fc2blog_20150312234101677.jpg

 これらの問題を一気に解決する方法がひとつだけあり、それを実行することにしたって話はまた次回(ヒッパリです)♪おかげでイブキパパさんにラブの写真いっぱい撮ってもらっちゃった(上下の画像提供:イブキパパさん)!

fc2blog_201503140856274c1.jpg

 晴れ男が完敗でこの日に延期となり、いつもは行かない時期に金華山を再び登ることになるとは思わなかったんですが、どうやら呼ばれたみたい(前フリです)♪お望み通り、やってきたよっ!

IMGP7923.jpg

 ファイナルにふさわしくネタ的にも豊作になりましたのでお楽しみに~!

続きを読む

気が置けない。

IMGP7978.jpg

 犬人です。先日(といっても1カ月前)、数年ぶりに入ったファミレスでイヌ飼いさん達と食事をしながらおしゃべりに花を咲かせました。

 もちろん、全てワンコ話(笑)!

 絶対安定のマイノリティ、普段は全然話があわないし、同じイヌ飼いでもわかってもらえないことも多々ある中で話があうあう!車で来てなかったらそのまま酒を酌み交わしたいぐらいでした。

 特にうれしかったのは(このブログで何度も書いている)「犬目線」の考えをみなが当たり前のように理解してくれること。嫁さんでもなかなか理解してもらえず、夫婦ゲンカの9割が「それ」だったりするので、運命の出会いってこういうことなのねって思いました!

 まぁ相手は年下の男の子だったり、私も含めて結婚されていたりなんですけど(爆)、気の置けない人達なのは間違いない。

 あまりの意気投合っぷりに「どうやって仲良くなったの?」って聞いてきたのは自称無口なおしゃべりさん(笑)、よくよく考えたら去年の今頃はランで顔を見かけるぐらいで、(人見知りなので)声をかけることもなかった間柄。

 それが海遊びや川遊びでご一緒するようになり、登山にも誘ってるうちにあっという間に仲良くなれちゃうんだからワンコパワーってすごい!

 と、ここまで書いたらもう登山後にファミレスに行った時のことだってことや人も特定されちゃうんだけど、大福母さんにごっさんがいるように、気の置けない友達、仲間がいるってとってもシアワセなこと!

 某ママさんがブログで書かれていらっしゃった「大人の遠足みたい!」の言葉にも激しく同意!この仲間となら人見知りでも楽しく参加できます。リアルタイムでは登山部の活動は終わっちゃったけど、またみんなでお出かけしたり遊びたいな~って思います。

 ってなわけで次回から登山部ファイナル!お楽しみに♪

IMGP7980.jpg

続きを読む

ワカチコ。

P2221936.jpg

 犬人です。リサーチ登山の続きですが、前回書いたようにこの山を登る企画は雨でボツになったので場所等の詳細の記事についてはまた後日!

 みなさんもうすうす感じているように、ワタクシ、中途半端では放置できない性格。日曜に登山してまいりますので、その時、UPされる記事と見比べて楽しんでいただけたらと思います。

P2221923.jpg

 ホメてもらいたいわけでもないんだけど、この時分、全然余裕がなくてホントはお出かけとか登山してる場合じゃなかったの!実際は行ってるんだけど(爆)!べっ別に登山部のためじゃないんだからね!

P2221932.jpg

 ワンコ友達のみなさんやこのブログを読んでくださっている人達ならわかっていただけると思いますが、ワタクシ、水泳部等、他の活動と同様、自分が知ってるものや持ってるものを余すことなく全部さらけ出すスタンス。

 全部そっくりそのままマネしてもらっても全然かまわないし、これを土台に取捨選択、アレンジしてもらえばいいと思っています。

 将来的には単独で登ったり、お友達と登ったりできるようになって欲しいと願っていますし、すでに楽しまれている方達もいらっしゃるようで、めっちゃハッピー!

 私もラブも山がダイスキだから全然苦にならないけど、ラっちゃんもうすぐ11歳、未知の領域で来年も絶対大丈夫って自信持って言えないのが正直なところ。

P2221930.jpg

 犬自身は自信アリアリで「絶対大丈夫!」って言ってるんだけどね~(笑)♪

 もちろん元気なうちはこれからもバリバリ先頭を歩いていくし、突っ走っても行くつもり。電波塔のようにワンコとのいろんな楽しみ方を発信していきたい!

P2221915.jpg

 未知の領域ではあるけれど、今更、スタイルは変えられないし、それで犬一倍元気でやれているんでこれからも「若さ・力・根性」で頑張りたいと思いま~す!

続きを読む

買いっ!

P2221897.jpg

 犬人です。週に一度のお休み、2月22日の最終日曜は多忙すぎて今月2回しか行けてないランに出かけようと思ったものの、残業続きで晴れパワーが欠落してるのかどんより雲で小雨がしとしと。

 フツーの状態だったらおとなしく家で布団にもぐってるところでしょうけど、散歩&運動不足でストレスたまってる犬が寝かせてくんない!

P2221898.jpg

 今はよくても最後はベッタベタになるぞ、いいのんかい!って何度確認しても「行く!」って言い出したらきかない頑固犬、こうなりゃ意地の張り合い、午後からレインコートを引っ張り出して山歩きしてきました。

 その翌週、登山部最後の山登りがあったのでリサーチ登山。いつものデジイチカメラは置いといて、防水仕様のコンデジとトレッキングポールを持ってルンルン歩きました(雨でレンズが曇り、光量不足でブレてるのはお許しを)。

P2221907.jpg

 嫁と息子よ、娘犬ばっかにアマアマな父を許せ!・・・キレられないように前夜、息子におもちゃを買ってあげたし、嫁はこの時期、筋金入りのインドア派なので喜んで送り出してくれました♪

 リサーチ登山なので、山の頂上が目的ではなく、考えていたルートを実際歩き、時間をはかりながら確認するのが目的。最初は乗り気じゃなかったけど雨に濡れながらも無理して行ってよかったです。だって・・・。

 当日にこの看板見せたら文句言われまくりだもん(笑)!

P2221900.jpg

 大丈夫だと思っていたもうひとつのルートも通行止めだったので、当日、高低差の大きい一番キツめの道を進むことにしました。部員のみなさんの泣き叫ぶ姿を想像してウキウキしたドSでしたが、運悪く、当日は雨!最終的に別の山に登ることになりました。

P2221910.jpg

 命拾いしたねって言いたげなラっちゃんでした♪

続きを読む

出せ出せ!

 犬人です。またすぐに次の登山話を書くのも(書いてる本人が)興ざめしちゃうんで、今回はお食事時には好ましくない話を。

 読んでるほうが興ざめしちゃったらごめんなさい。

 2月の最終週、最高気温が跳ね上がり、前日と比べると5度以上も違う日が数日続き、再び寒さが戻る、文字通りの三寒四温の週、ラっちゃんが体調を崩しました。

 夜明け間近のド深夜、呼吸が荒くなり、きゅるんきゅるん言い出したので、とび起きてラブを抱き「ええぞ、出せ出せ!」というと夕方に食べたものを吐き、その後2回、黄色い胃液を吐きました。

 このブログをよくご覧になっている方はご存知だと思いますが、私はラブと一緒に寝ているので、一歩間違えればベッドや寝具を総とっかえする最悪の事態に!

 長年の経験で「吐く」と感じ、目覚めと同時に動けた自分をほめてあげたいところですが、もしかしたら私が起きるまで我慢していたかもしれないと思い、「よく頑張った!」とラブをほめてあげました♪

 落ち着いてから解毒と整腸作用もある牛乳を飲ませて寝かせ、様子を見てたらそのまま朝になっちゃいました。

 登山した当日でもない、週の真ん中、その後は普段通りの生活をしているので考えられる原因は気温の急変しか考えられない。次の週(3月)から少し換毛も始まったので間違いないと思います。

 春に11歳、人間年齢で還暦を迎えるラブおばさんですから年齢的なものもありそう。季節の変わり目は特に注意しなきゃと思いました。みなさんもお気をつけくださいませ♪

 吐いてスッキリしたようで幸い体調もすぐに戻り、その後は普段通り、翌日以降、散歩やサッカー、ディスク等、今まで通りに楽しみ、登山部の活動も問題なく参加できましたとさ♪

P1140028.jpg

続きを読む

休暇中。

IMGP8043_201503151005322b7.jpg

 犬人です。ワタクシゴトですが14日より22日まで年に一度のおやすみいただいています。ガッツリ消耗したので遠出する気になれず、近所の梅を見に行きました。

IMGP8044.jpg

 といいながら、14日ソッコーで山に登ってきたんですけどね(爆)!日曜(15日)はドッグランにも行き、山に癒され、犬に癒され、もちろん家族に癒され、今は完全復活!筋肉痛はまだ残ってるんだけど(笑)♪

 残りの数日、19日以外はフリー。諸事情で宿泊旅行も行かないので近場をブラブラするつもり。よかったら手を挙げて遊びに付き合ってくださいませ~。

IMGP8039.jpg

 もちろんラブつきでね♪今日も梅見に行こうっと!

心配り。

IMGP7883.jpg

 犬人です。ランチを終えた午後1時、反射板を出発し、西峰から東峰、本来の三角点を目指してクライムオン!

 ここから山頂まで稜線づたいにアップダウンがつづくんですが、全部言っちゃうと疲れちゃうと思い、初心者のごっさんには「もうすぐだよ」「ラストだよ」「最後の最後だよ」なんて言葉をかけてゴマかしてたら案の定、ツッコまれました♪

IMGP7867_20150219173555a58.jpg

 1時間ちょっとで標高417.9mに全員ケガなく無酸素で(笑)到着。山頂には画像の展望台が設置してあります。

 前回は登山客が集中するお昼頃に到着してゆっくりできませんでしたが、午後2時を過ぎると人も少なく貸切状態。ノエル組も最後尾からのサポートお疲れ様!

IMGP7865.jpg

 快晴とはいかないまでも東の稜線が夕日に照らされ絶景!よく登ってきたねと記念撮影する最年長の男女犬♪

IMGP7857.jpg

 三重在住のりゅう君、これが岐阜市だ!

IMGP7877.jpg

 みんなよく頑張ったねと昨年と同じ場所で記念撮影。この日も癒しを求め、ノエパパさんにワンコ達が集中!大福君、セドハイ兄妹をはじめ、ノエパパさんの愛情をいっぱいもらっているワンコが多数なので体が触れてるだけで安心するのです。

IMGP7897.jpg

 複雑な顔をするのはノエル君だけ(笑)。大丈夫、みんなノエルのやさしさや心配りわかってるぞ!

 帰りはトイレ付の楽なコースで下山。西日がさすとあったかいんだけど、雲がかかったり、日陰に入ると途端に冷え、残雪もちらほら。

IMGP7902.jpg

 体温を下げないように少しペースを早め、無事3時半に到着しました~。昨年と比べると距離も増えてるのに到着時間は同じぐらい。みなさんの成長を感じた一日でしたとさ。おしまい。

IMGP7916.jpg

続きを読む

崖の上のりゅう。

IMGP7827.jpg

 犬人です。百々ケ峰の西峰、反射板でお楽しみのランチタイム。斜面に並び思い思いに時間をすごします。ウマウマを期待して犬達も満面の笑み♪

IMGP7813.jpg

 特に外飼いで普段は一緒に食事をしない北海道犬にとっては人間のウマウマにありつける千載一遇のチャンス!かわいさアピール全開の大福君、そしてそのおこぼれを虎視眈々と狙い、舌なめずりする犬が!

 あらかじめ「指ごとイクから気をつけてくださいね」と忠告した直後にごっさんからパンを強奪!アラフォーは「ちょろい」と、以降、ストーカーのようにごっさんのそばを離れず私に叱られたラっちゃんでした~。

 さきほどの画像、奥にいるミニチュア・ブルテリアのフランソワさんの飼い主、フランベママさんが食しているのはお約束のカツ丼♪正座でガッツリ!

IMGP7806.jpg

 敵に勝ち、己に勝ち、山にも勝つ!短毛種、イタグレのベティちゃんが足先が冷たいんですけどアピールしても「ウチのコは強いから大丈夫!」と攻めの姿勢一辺倒!・・・かと思いきや、休憩中はあったかい毛布でくるんであげていて、ベティちゃんもうっとり。厳しさの中にもやさしさが見え隠れしていました♪

IMGP7814.jpg

 中でも一番人気だったのがりゅうママさん!女子力高い手作りパンに人も犬も舌鼓打ちまくり!ノエル君も密着マーク(笑)!「お店に出せるよ!」大福君もラブも大絶賛!

IMGP7838.jpg

 私もノエパパとごっさんが作ってくれたコーヒーと一緒にいただきました。どちらも大変おいしゅうございました♪ごちそうさまでした!

 本来ならここで体力回復に努めるところですが、そこはブログ犬、みんなが食べ終わるまでの間、反射板等の撮影にフル回転!

IMGP7835.jpg

 金華山をバックに撮影するために大福母さんのバッグ(リュック)をどかして写真撮ってたら、りゅう君も撮らされるハメになりました。まきこんでごめんねごめんね~。

IMGP7842.jpg

 普段なら最年長アピールをして、エラそうな態度もできますが、今秋には13歳になる四国犬が体張ってたら何も言えねぇ~。彩楓(イブキ)ちゃんも立派なブログ犬になるのよと応援しにいって邪魔してました♪次回最終回!

IMGP7847.jpg

六本松反射板。

IMGP7819.jpg

 犬人です。西峰をさらに西に進むと眼前に現れてくるのが巨大な2つの反射板。前回書いたように対岸の金華山より90m高いにもかかわらず市民の認知度は低くマイナーな存在の百々ケ峰ですが、反射板だけは超メジャー。遠くからでもひときわ目立っています。

IMGP7822.jpg

 ちなみに裏はこんなカンジ。パパさんにベッタリのセドナ&ハイジ、ペアルック兄妹♪

IMGP7801.jpg

 正式名称『六本松反射板』。地元、中部電力の反射板で、岐阜市と関市にある事業所間のマイクロ波通信に使用するためのもの。

 マイクロ波通信は、災害時の連絡や設備の運転等の通信に有効な通信手段、災害で通常の通信網である電話やインターネットなどが使用できなくなった時に岐阜市の中電事業所から山を挟んだ関市の事業所にマイクロ波通信を行うための中継施設となるようです。

 冒頭からの画像をご覧の通り、反射板は四方を金網で囲まれていますが、その周囲は電波が通りやすいようにしているので見晴らしもよく、景観もバツグンにいいっ!

 ここをランチの場所にしようと計画した部長、エライぞ!

IMGP7799.jpg

 前方(南)に見えるのが金華山、朝の小雨はどこへやら、ポカポカ陽気でみんなでわいわいランチしました~。つづく。

IMGP7832.jpg

続きを読む

西峰。

IMGP7850.jpg

 犬人です。9人9ワンで百々ヶ峰の頂上、東に位置する標高417.9mを目指しますが、今回は趣向を変え、寄り道。一旦、西に位置する峰、西峰を目指します。

 休憩をはさみながら1時間ちょっとで画像の西峰に到着。ここには本来、ひとつの山にひとつしかない三角点があります。実はこれが「いわくつき」!

 1923年(大正12年)発行の「陸地測量部編纂の二万五千分の一地形図『岐阜』」において、本来の位置より約1,000m西の、標高341.5m地点になぜか画像の三角点が作られ、そこに誤って「百々ヶ峰」の名が記されたのが不運のはじまり。

 結果、本来なら417.9mの岐阜市最高峰は「無名」になってしまったのです。

 登山者たちは無名になっていた岐阜市の最高峰を(東峰)、地形図で「百々ヶ峰」とされた三角点を(西峰)と呼んで区別をしていましたが、07年3月に訂正され、標高417.9mの岐阜市最高峰に「百々ヶ峰」の名が戻ったのが実に84年ぶり!よかったねぇ~。

 と感慨にふけっているのは私だけで、某ママさんから「マジお腹ペコペコなんですけど」の視線に耐えきれず、さっさと次の目的地に向かいました。

 次回は反射板でランチの巻でっす!

IMGP7796.jpg

続きを読む

九色。

IMGP7772.jpg

 犬人です。今回から数回にわたって2月15日に行われた登山部の山登りレポを書いていきたいと思います♪四国犬のりゅう君もきてくれたよ~!

 前夜、残業終わりに飲み物や食料を買いにスーパーに出かけ、携帯食としてチョコを買おうとしてハっと気づく!おっさん、バレンタインデーにチョコもらえないから自分でチョコ買ってるカンジになってるのが耐えられず、今回みんなに配るチョコが買えませんでした。ごめんなさいよ。

 登るのは岐阜県岐阜市の最高峰、『百々ケ峰』(どどがみね)。大事な大事なスポンサー様のお友達(初心者)も参加し、ワンコも2ケタいきそうだったので、途中で締め切らせてもらいました。こちらもごめんなさい。

 罪滅ぼしってわけじゃありませんが、家を出る頃には小雨まじりだったお天気も、出発時間ピッタリに雨をやませた晴れ男!みなが成長した今となっちゃこれぐらいしか利用価値がありません。

IMGP7779.jpg

 百々ケ峰は今年の初めに登った金華山の向かいに位置する山で、頂上付近まで道幅も広い、非常に整備されたアスファルト道が続いているので大人数の登山に最適!

IMGP7780.jpg

 雪がダイスキで数日前に積もった残雪に体をこすりつける北海道犬がいる一方、毛が短いコは完全防寒、毛が長いコや足が短い犬は専用服やレインコートで完全防水♪同じ犬でも十犬十色、全然違う。

IMGP7783.jpg

 コーギー、北海道犬、四国犬、ワイマ×2、ドーベルマン、イタグレ、Mブルテリア、ボーダーの八犬九色(頭)。人間も九色(人)♪

IMGP7907.jpg

 栄養補給に給食もらう九色(笑)!

IMGP7789.jpg

 どこかのブログにも書かれていたけど、人もワンコも超がつく個性的な面々、理解不能な点も多々あると思う!わっかるかなぁ~わかんねぇだろうなぁ~!

 でもその違いをみんな認めているし、なにより一番の理解者が人と犬とでコンビになってるから問題なし!飼い主は愛犬に必要な準備、装備がわかってるからそれでいいんです!

 そう、この装備もきっと彩楓(イブキ)ちゃんに必要でパパさんの愛情がたっぷりつまってるはず(笑)!かわええのう、他の登山客にも大人気のワイマ女子でした。つづく。

IMGP7767.jpg

呼んでくりょう!

P1130981.jpg

 「曲がり角をまがったさきになにがあるかは、わからないの。でも、きっといちばんよいものにちがいないと思うの」とは『赤毛のアン』に出てくる言葉ですが、きっとラブちゃんもそう思ったことでしょう。

 ある日、実家を訪れると自分とは違うニオイが充満し、デスクの曲がり角を曲がったら、ちっちゃい柴女子がいたんですから!

P1130971.jpg

 名前は「ハナ」ちゃん、オラのことは花子と呼んでくりょうって言われたので、心優しきおっさんは一人、コーデリアと呼んであげました(笑)♪

P1130978.jpg

 当初、ラブは自分の居場所(実家)がなくなったことに愕然としていましたが、育てのお父さんやお母さん、家族みんながラブの母犬、なっちの死を乗り越え、受け入れ、なっちとのシアワセな日々で育んだ愛をこのちっちゃなちっちゃな柴犬に注いでいることを理解したようで、最後はやさしく見守っていました。

P1130984.jpg

 でもどこかで不安らしく、ここはアタシの実家だよね?また帰ってきてもいいよねって確認とってました(笑)♪

 なっちがいなくなっても、お前が俺んトコに来ても、お前がここで生まれ、なっちや家族みんなに愛されシアワセだったっていう事実は消えることはないんだから大丈夫!

P1130975.jpg

 でもあんまり我が物顔でオヤツを要求してると出入り禁止になるから気をつけるように。帰る頃には私のひざにあごをのせるぐらいになついたハナちゃんでした♪

 昨年、多くの柴犬の成長を見守ってきたお前がハナのお母さんがわりになってかわいがってやんなさい!どうせ1年も経たないうちに足の長さは抜かれるんだから(笑)!

続きを読む

スペシャルセット。

 犬人です。それは夏真っ盛りだった頃、お世話していた柴犬の幸福君が散歩デビューしたのを記念し、ラブと幸福君とで電車ネタの撮影していたところ、声をかけてくださったのがシェパード、ネルダちゃんのママさん。

 1月に一緒に登山したネルダ家のお子さん達もご多分に漏れず、トーマスからプラレールに入り、子供達の喜ぶ顔みたさにパパさんがプラレールをいっぱい買って一生懸命組み立てたという、すっげぇ~共感できるお話とともに、ネルダ家の次男君がプラレール熱が冷めたらあげるよって言ってくださりました(詳細はこちら)。

 それから半年後、ネルダ家に大量のプラレールをいただいちゃいました!一緒に登山しながら「ホントにもらっていいの?」っておっさん何度も聞いちゃったよ。

IMGP7486.jpg

 小さなお子さん達が遊び尽くしただけあって、車輪やモーターには糸クズやホコリがいっぱいからみついてたり、ゴムの車輪がなかったり等、いろいろメンテナンスが必要でしたが、「ピー助君にあげる」ってそのキモチがなによりうれしい!

P1140056.jpg

 しかもしかも、その中には息子が最も愛する車両、名鉄の7000系パノラマカーがあるじゃないですか!「やったぁ!」って飛び上がって喜んでいました♪

 現在の発売されている規格とは明らかに違うシロモノ。もっと古いタイプ名鉄に吸収合併された美濃電の路面電車、モ510形もあったのでおそらくは数年前に限定で再販された『名古屋鉄道スペシャルセット』で購入されたのだと思います。

P1140058.jpg

 セット内に入っているパノラマスーパー(下の画像左)はなかったんですが、それは手に入れているのでプラレールアドバンスのパノラマカー(下の画像右)もいれてプラレールの名鉄車両勢ぞろい!

P1130538.jpg

 ミュースカイ(下の画像奥)もあるよ!

P1130936.jpg

 前述したメンテナンスの他にはがれかけていたシールを貼り直したり、汚れをふきとったものの、モーター本体のパワー不足で3両ひっぱれない!

 息子はさっそく鉄道模型に精通している「でんしゃジージ」(お義父さん)にお願いしていましたが、シャフトのギアがずれて空転するためにモーターのパワー不足が発生することがわかったのでメーカーに問い合わせをして今月はじめ修理に出しました(なので冒頭のパンラマカーが2両しかない)。

 3週間から1カ月かかるそうなので直ったらいいな。残業しまくった分、臨時収入がはいったんで直ってきたらまたレールを買い足して、久々に動画UPしようと思いま~す!

春ラララ♪

 犬人です。雪山登山後、いつものランにお出かけし、まったりしました。これがリサーチバッチリで、文字通り、縦走の足掛かりみたいなのができてたら、自分から「雪山登山してきました~」なんて言ってたかもしれませんが、文字通り、雪山で「もがいてた」だけなんで(笑)、多くを語らず、ラブを放牧しながら、ストレッチしてました。

IMGP7759.jpg

 説明しにくいし、元々人見知りだし♪

 数時間前までいた白銀の世界とは一変し、下界はポカポカ陽気。立春も過ぎたし、春が近づいているなぁと実感。自然と口ずさむフレーズは「春という字は三人の日と書きます」なラララな若者おいてきぼりブログ。

IMGP7751.jpg

 大福君はミントちゃんのおケツのニオイにロックオン。彼のお目付け役のノエル君もプリンママさんに求愛中!

IMGP7762.jpg

 ロワ君はボール遊びしようと誘ってくるんだけど、生憎おっさんは雪山登山して疲れとんねん!他をあたってくれ!

IMGP7756.jpg

 っていってもしつこく誘ってくるんで追いかけ回し、最後は抱っこしてブンブンしてやりました♪あ~疲れた!

IMGP7757.jpg

 ロワお君も幸福君だけじゃなく、自分ちの愛犬とも遊んでやってね。ジャーキーありがとう!

IMGP7752.jpg

 某アラフォーさんに「緑和尚」というニックネームをつけられたぐらい、年明けに長いロン毛をバッサリ&ガッツリしたノエパパさん、緑の色だけでなく、醸し出す雰囲気も癒しのオーラが満ち満ちており、癒しを求め、ラブを含めたワンコ達はノエパパさんの元に集まってました♪

IMGP7755.jpg

 三人そろって春の日に~、三人そろって春ラララ~!ってな感じでその週末、アラフォー3人そろって春を探しに山に行ったって話はまた後日♪

桜番所。

IMGP7703_20150214112615e85.jpg

 犬人です。リサーチ登山もいよいよクライマックス、飯盛山から離れ、稜線に沿って歩いて行くと県境となり、岐阜県から三重県に入っていくと大きな林道が見えて行きます。

IMGP7709.jpg

 そのまま林道を進むと「桜番所」となるのですが、そこは後回しにして画像にある田代池(たしろいけ)を目指します。

IMGP7726.jpg

 実のところ、その田代池の下に書いてある「石津(いしづ)」が真の目的地。その方向に石津御嶽という山があり、私は飯盛山から石津御嶽の縦走を狙っていたのでした♪

 もっと言うと、過去に石津御嶽から多度山の縦走も達成しているので養老山系のグレート・トラバースをラブと達成してみたいと思ったのです!

IMGP7728.jpg

 ただご覧の通りの雪、全てを覆い隠し、踏み跡や山道の区別すらできません。

IMGP7734.jpg

 元々、整備が不十分で、田代池までの道がわかりにくいというネット情報もあったので、迷うの承知でこのあたりを行ったり来たり、ラブと雪遊びしながらぶらぶらと1時間散策。

IMGP7721.jpg

 散策しながら地形をインプットし、田代池らしき場所も発見しましたが、雪で埋もれていて、結局判別できずじまい。

IMGP7719_20150214112628883.jpg

 池といっても時期によって「くぼみ」になってるという情報もある一方、知らずに池の中にハマってラブと寒中水泳もできないのでここで中断。引き返し、桜番所を目指しました。

IMGP7717.jpg

続きを読む

4年連続。

IMGP7686.jpg

 犬人です。飯盛山登山の続き。頂上付近はご褒美タイム。それまでキッツキツな道ですが、頂上付近は傾斜もゆるく、木々が山頂を覆い、ドーム状になっています。

IMGP7668_20150212195142ec9.jpg

 山頂には勇守神社という白龍を祀る神社があり、大きな鳥居の前で記念撮影♪休憩もいれてちょうど1時間で到着です。

IMGP7670.jpg

 お社には箱があり、その中に登山ノートがあるので記帳。4年連続で書きました。

IMGP7680.jpg

 そのお社の裏に1箇所だけ木を切り倒し、景観を見れる場所があるのでここで撮影。ご覧の通り、下方に雪は一切ございません。

IMGP7675_20150212195858446.jpg

 いつもならここで雪遊びして下山するんですが、こっからが本番。このシリーズの最初に書いたように、目標の縦走に向けのリサーチ登山開始♪

IMGP7690.jpg

 前述した通り、ドーム状なので他に登山客がいらっしゃったらすぐにわかる地形、分岐点までしばらくノーリードで遊ばせました。

 超マイナーな山なので結局誰にも会わなかったんだけどさ(笑)♪

IMGP7659.jpg

 画像にある「桜番所」に向かうことにしました。つづく。

洗練。

IMGP7627.jpg

 犬人です。縦走調査の続き。あらためて説明すると登っているのは岐阜県海津市南濃町にある飯盛山(525m)。

 前回も追記で書きましたが、こちら伊吹山や養老山脈からの吹き降ろしの風がまともに入ってくる地形なのでここだけ雪がよく降るんです。

 加えて麓付近からイキナリ岩がゴロゴロ転がっているし、傾斜も急。登山部で登ったら確実に何人か脱落者が出ちゃいそうな厳しい道です。

IMGP7638.jpg

 それでも長年の積み重ねで、そんな道でもへっちゃラブちゃん!体温があがったら自ら雪を食べ、水分補給と同時に体温を下げる達人(犬)、テイスティングしてるようにあちこちで雪を食した違いがわかる犬♪

IMGP7643.jpg

 黒龍神社が見えたら頂上まであと少し。滑落の危険のある難所でリードを外し、ロープを握りながらのトラバース(横断)。

IMGP7650.jpg

 まあ四本足には関係ないけどね。ゴッキゲンで走っていました♪

IMGP7656.jpg

 毎年、シーズンのはじめは今年も登山できるかな?大丈夫かな?って不安になったりもするんですが、これだけ余裕を持って、楽しく走り回られると不安も一気に吹っ飛びます!

 と同時にホントに10歳なのか疑いたくもなるんだけど(笑)♪次回は山頂です!

続きを読む

実地調査。

IMGP7620.jpg

 犬人です。2月初旬は仕事の多忙から休日返上。いろいろ時間がとれなくなり、それによって不都合も生じ、加えて前回も書いたように母子が風邪っぴき。

 ストレスが最高潮に達したので、11日の祝日、ラブと山登りしようと以前から行ってみたいと思っていた山々を縦走するコースを計画し、それをモチベーションに残業しまくりました!

 縦走する際、車がもう1台あると非常に助かるので、ホントは登山部の誰かに声をかけてもよかったんですが、ハジメテで安全を確保できない場所に連れ出すことはできないし、時間も予測できないし、コンディションもよくないのがわかってたし、ストレスがマックスで気を遣えない状態でもあったのでやめました。

 なにより元々人見知り。声をかける勇気の量が足りなかったんだけどね~。山は逃げないので、縦走は次の機会にし、今回はその途中までリサーチする登山にしました。

IMGP7622.jpg

 ハジメテとは言っても、スタートの山とゴールの山はすでに登っている山。その間を連なる山々とその道が不確かで、その道のりを実地調査しようというのが今回の目的。

 特にスタートの山は毎年同時期に登っている山で、冒頭からの画像でこのブログをよくご覧いただいている人はピンときているはず。早起きし、母子を起こさないよう家を出て、近くの道の駅で朝食をとってクライムオン!

 ラブちゃんも慣れたもので登山口の鳥居をくぐり、さくさく進んで行ったのでした。最初っからカッパ着用なのも理由アリ。だって・・・。

続きを読む

節分あれこれ。

IMGP7610.jpg

 犬人です。2月1日、お休みとなり、ラブとお出かけする気マンマンだったのですが、あいにくこの日は年に一度の町内ドブ掃除の日。お出かけせずにガッツリ掃除しました。ラブを連れてホームセンターで購入した長靴とスコップが大活躍してくれたんですけどね(詳細はこちら)。

 午後から姉弟とランに出かけたものの、お友達の多くは名古屋ドームで行われた『わんにゃんドーム』に行ってるみたいで知ってるワンコが極端に少なく、どこかさびしいランでした。

 「ここにあなたが居ないのが寂しいのではなくて、ここにあなたが居ないと思うことが寂しい・・・」複雑なアラフォー。北海道犬の大福君も行ってたってよ。

 まさに鬼は外で(大)福は内(笑)!

IMGP7612.jpg

 節分直前で姉弟の鬼コスプレで撮影しようとしたものの、ランに到着後、固いウンPがピー助の黄門様で通せんぼしてたらしく、おなかが痛いと泣く息子!

 替えのオムツを持ってきておらず、どれだけ急いでも20分はかかるんで1カットでいいからと頼んでみたものの、それどころじゃない様子でなくなく帰りました。

 実家によって、黄門様から角ばった角さんを引き抜いてやりました(食事中だったらごめんなさい)。帰宅後、ストレス発散にウィスキーをストレートでガブ飲みしました。

IMGP7596.jpg

 そんなわけで今回の画像はすべてその翌日、2日の昼休みに撮影したもの。息子も悪いことしたと思ったらしく、実家に迎えに行くと自ら「いく」と言ってくれました。

IMGP7602.jpg

 息子が赤鬼のカツラの下にかぶっているのは某柴飼いさんが昨春、プレゼントしてくださった防寒帽。本格的な登山用で大人用なんですが、登山と言っても低山ですし、私がかぶると山じゃなく銀行強盗しに行くのって言われることうけあいだったので息子にあげました。

IMGP7592.jpg

 ちょうど顔が出て便利なの!ありがとうコロママさん!姉ちゃんにごめんねのギュ~♪

IMGP7614.jpg

 これで済めばめでたし、めでたしでしたが、夕方に体調を崩してゲロり、熱を出すという典型的な風邪になってしまい、その倍返しで翌3日嫁さんにうつり、4日、その倍返しを私が引き受け、感染拡大を食い止めましたとさ。

 名指しでお前のせいで息子が風邪ひいたって言われたんだけど撮影自体は10分にも満たなかったし、画像をご覧の通り、完全防寒で気温もポカポカ陽気だったんだけどね~。

IMGP7615_2015020713413602e.jpg

 ドンマイ、元気だしなよ!

 P.S.ランでの出来事はあかねちゃんブログやせれん君ブログで書かれているのでよかったらご覧ください♪

続きを読む

寝ぼけ話。

IMGP7598.jpg

 犬人です。「笑わせる」より「笑われてる」感たっぷりですが、毎日愛犬と一緒にベッドに入って寝ています。先日も一緒に寝ていると大きく揺れる感覚があったので「地震?」と飛び起きたら、なんてことはない、隣でラブが夢でも見ていたのか突然白目を向いて足をバタつかせただけでした。

 私の反応にラブも起き、「なに寝ぼけとんの」って顔されたのでムカつきました。

 閑話休題、息子が生まれるまでは川の字で寝てましたが、彼が生まれるちょっと前から寝室を別にしてるので2年近く「ひとりと一匹」で愛を育んでいることに♪

 そもそも結婚前はこのスタイルだったのでラブ的には「元に戻った」というカンジなのかも。あったかくなった春頃から別々に寝るので(お互い暑がり)、正確には1年にも満たないかもしれませんが、おかげで冬に寝室で暖房をつけた記憶がありません。

 そんな時、あるイヌ飼いさんのコラムを読んでハっとしたのが、本来、犬は人間のベッドで眠る習慣はないという一文。たとえ飼い主であっても本能的に睡眠という無防備な状態を見せないのだそう。

 それじゃあ、ベッドはもちろん、こたつや職場、車の中でも平気で爆睡し、いびきをかき、寝ながら屁までかますコイツって一体(笑)?

 マジメな話、犬特有の共感力で飼い主の生活スタイルにあわせて睡眠のスタイルを変え、それが習慣化されたんでしょうが、そんなに変えられるもんなのって素直に感動するし、グっとくるものがある!

 人間でいえば、10代の女性が年上の男性に恋をし、彼色に染まって急におとなっぽくなるようなもの!それだけ飼い主「命」でその色に染まるんだから、最後まで面倒みるのが男の、飼い主の、甲斐性ってもんですよね!

 笑われるのを承知でさらにカミングアウトをすると私自身、10年前からずっとラブは「飼い犬」というより「同居人」。愛犬も私もお互いがそばにいれば車内だろうが宿泊先だろうがどこでも寝れるし、どこでもくつろげるんだけど、その反動で離れ離れになるとお互い自分の体の一部分がなくなっちゃったような感覚になり急に不安になっちゃうのがタマにキズ。

 もちろん嫁さんも息子も愛しているけど、ラブと比べると一緒にいる時間や年月が圧倒的に足りない!職場にも連れていってるラブとは毎日20時間近く一緒にいるのでその差は開く一方。

 正直、別れの時がきたらどうなっちゃうのか自分でもわからないぐらいだけど、これからも蜜月を重ねていけたらなって思っています。次回は今回の画像の詳細について書いていきたいと思います!

IMGP7600.jpg

続きを読む

ギンガ再び。

 犬人です。以前にも何度か書いていますが、電車&イヌ好きの息子ピー助がその次に好きなのがご当地ヒーローの『グランスピアー』と今回紹介する『ウルトラマンギンガ』。

 最初はそういうヒーローものの悪者が怖くて見れなかった息子ですが、悪者が怖くないグランスピアーで慣れ、ギンガも見れるようになりました。

 見ていたのは1966年にウルトラシリーズのテレビ放映が開始されてから2011年で45周年になるのを記念し、全ウルトラシリーズのエピソードの中から過去の名作・傑作エピソードなどを放送する番組。

 その中で新作も放送しており、13年の夏から始まったのがギンガでした。

 最初は戦隊シリーズや仮面ライダーと違って1年でコロコロ変わらないし、おもちゃも人形ぐらいだからという「計算」もありましたが、私も子どもの頃はウルトラマンで人形遊びした人間、息子と一緒にハマるのにそれほど時間はかかりませんでした。

 特に劇中に流れるその名も「ウルトラマンギンガの歌」がバツグンによく、燃える!それとは別に主題歌があったのですが、こっちの方がいいと最近、正式に主題歌になったという名曲。

 なんでも犬と関連づけちゃうのは私の悪いクセですが、歌詞を犬と飼い主のキズナみたいな意味にとって泣けちゃう犬バカ。

 ダマされたと思っていっぺん歌詞と一緒に聞いてみて、泣けるから!

 いろんなバージョンがあるけど、『ウルトラマン』関連の曲を歌っている3人組音楽ユニットvoyager(ボイジャー)が歌うオリジナルがオススメ!ぜひネットや動画サイト等で聞いてみてください♪息子もダイスキ!

P1130965.jpg

 先日2歳半検診に行ってきました。上の奥歯をのぞいて全部生えました。

 母子だけでいる時に突然息子が「もういちど~、きみにあうために~♪」や「ずっと離さない!」って歌ったので嫁さんは前世で浮世を流した記憶がよみがえったのかと疑ったそうです(笑)♪

P1130963.jpg

 嫁さんの誤解をとくためにアルバムも買ってしまったよ。嫁さんの車で一緒に歌っています。今月14日に映画が封切られるみたいなんで、休みができたら息子と映画見に行っちゃおうかな(笑)!

P1130964.jpg

 ウルトラマンが10人も出るんだって!しかも真ん中の2人が・・・!

続きを読む

プロフィール

犬人

Author:犬人
犬人 1976年8月26日生まれ
 犬と祭りとサッカーをこよなく愛するお調子者。2008年奇跡的に結婚。以後、嫁も愛する。2012年長男も誕生し、三人と一匹の家族生活は最高の一言!

ラブ 2004年4月29日生まれ
 三色毛モジャのコーギー犬。カイヌシに似て調子乗り。性格はヒト、イヌ問わずフレンドリー。でも売られたケンカは必ず買っちゃう太っ腹。カイヌシの結婚後、しばらく嫁にいじわるをし、嫁に小姑ならぬ「コ姑」と呼ばれるも、長男の誕生を機に改心。今はお姉ちゃん犬として活躍中♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR