10
:    

笑顔と一緒に。

IMGP2454_20151015114832698.jpg

 犬人です。10月の連休明けの夜7時、とっくに日が暮れ暗くなった公園をワンコ友達と歩いていると久しぶりにコギ飼いさんに会いました。

 それだけでおっさん涙!というのもそちらのコギさんが9月にお空に旅立っていったから。コーギー特有の病気で発症すれば余命は約3年。だんだん体の自由がきかなくなるので1年前から姿を見かけなくなり、人づてに亡くなったことを聞きました。

 飼い主さんは泣くだけ泣いて、久々に公園を散歩しにきたのだとか。真っ先に見つけたラブがなでていいよと背中を向けるもんだから涙が出る出る!人の心の痛みがよくわかるできた犬です。

 私だって同じコギ飼い同士、キモチは痛いほどわかる!一緒に泣きました。

 その場にいたワンコ達みんなにクッキーをあげ、飼い主さんにもお供えしてくださいと渡し、お話しながらしばらく一緒に歩いて帰りました。

 「体の一部分がぽっかり空いたんじゃなく、体ごとなくなったカンジ、幸い寝られるし、食べられるから胃は残ってたみたいね」とおっしゃられていましたが、この1カ月間の喪失感はハンパなかったのはそこにいた全員よくわかりました。

IMGP2449_20151015114831ccc.jpg

 その帰り道、同時期に旅立ったコナン君のことを想っていました。

 日を置いて、先日25日に参加したオフ会のことを書くつもりですが、1年前、その会の帰りに病気の発症を聞かされ、余命数カ月だったのを1年にグーンとのばし、天寿をまっとうしたコナン君を私は誇りに思う。

 飼い主さんはご自身のブログでコナンを想うと毎日泣けてくるっておっしゃっていましたが、家族思いのやさしいコだったので泣いてたら悲しむと思いますよとコメントさせていただきました。

 うまく言えないけど、たぶんナン君は家族と楽しく過ごしたことだけ覚えていてほしくって、散歩やお出かけしていろんな景色を見たこと、四季の移り変わりやだったり、ニオイだったり、ボールやウマウマだったり・・・そんな楽しい思い出と一緒に想ってほしいと思うの。涙より笑顔で♪

 実際、私が思い出すナン君はいっつも笑顔!浜名湖でも蔵王山でも菜の花畑でも伊良湖岬でも竹島でもニッカニカ!おしりもプリップリ!思い出して私もつられて「でへへ~」って笑顔になってしまいます♪

 こんなカンジに。

IMGP2479.jpg

 これは笑顔の犬、ヒナタちゃんが教えてくれたこと。だから私はペットロスにはならないと思う。だってウチも負けずに笑顔の犬ですから!すぐには無理かもしれないけれど、涙じゃなく笑顔と一緒に愛犬を想って欲しいと思います!

IMGP2476.jpg

 今回UPした砂像の詳細はまた後日、昨夜はご参加ありがとうございました!ハッピーハロウィン!

続きを読む

スポンサーサイト

スーパームーン。

P9282821.jpg

 犬人です。かの夏目漱石さんが英語教師をしていた頃、生徒が“I love you”の一文を「我君を愛す」と訳すと彼は「日本人はそんなことを言わない『月が綺麗ですね』とでもしておきなさい」と生徒に指摘したんだそうです。

 「月が綺麗ですね」が愛の言葉になっちゃうぐらい当時の日本人は奥ゆかしさをもっていたのがわかるエピソード。

P9282831.jpg

 9月28日は特に月が大きく見えるスーパームーンの日!お散歩しながら月見をしました。気づけば私と弟分の虎徹君以外、飼い主さんもワンコも女性ばかり!

 夏目先生の教え通り、そのキモチで弟分も含めたみんなに向かって「月が綺麗ですね」って言いました(笑)♪

P9282839.jpg

 ホントに赤くておっきくて感動!私のコンデジじゃこれが限界で全然キレイに撮れなかったんだけど、ニコルちゃんの飼い主、ニコラブさんのスマホだとめっちゃキレイに撮れたので、休眠中のブログに記事や画像だけでいいからUPしてよって頼んだんですが、ソッコーで断られたのでそこはネット検索等でスーパームーンを見てください(笑)♪

 ちなみにこの日、一緒に見る人がいなかったらラっちゃんにセーラー服着せて(ひそかに持ってきてたの)、「愛と正義のセーラー服美少女戦士スーパームーン!月に代わってお仕置きよ♪」ってやろうと思っていました。

 わかる人だけわかってドン引きしてくださったら幸いです♪

P9282834.jpg

 帰宅後は月見団子の代わりにおやつのじかんさんが特別に作ってくださったラブの名が入ったクッキーをいただきました。

P9282835.jpg

 「らぶ」って入ってるんだよ~。これも最高の愛情表現!ラブも大喜び!「あん」や「がっきー」の分も作っていただいて旅行時にプレゼントさせていただきました。店主のNekoさん、いつも愛情いっぱいの心配り、ありがとうございました!

続きを読む

こころ旅。

IMGP2115_201510061356135d9.jpg

 犬人です。テンション高いまま3日間の出来事を3週間も使って書いてきた旅行記も今回で大団円!国見温泉の入口(麓)で待ち合わせをし、硫黄のニオイを体中にまとったラブさんと再会!でも喜ぶ間もなくここでnaobeeさんとガッキーとお別れです。

 悲しくなっちゃって、息子もバイバイしなって言っても「いや!」って断固拒否!泣きながら「あしたもあそぼうよ!」って言ってる姿に私もウルウル。できることなら父ちゃんだってそうしたいけど国見で泊まることは絶対許さないのだよ(涙)!後ろ髪ひかれまくりながらお別れ!

IMGP2114.jpg

 ヒナタマンマさんとあんちゃんとも初日の待ち合わせ場所「こめこめ」まで同行してもらい、お別れしました。その頃になると息子は泣き疲れて寝てしまいました。

 お2組には大変お世話になりました!再び会える日を信じて!楽しみにしています!

IMGP2121.jpg

 3時に「こめこめ」を出発し、行きにも訪れた『道の駅おおうち』で小休止した後は山形方面に向け南下。2時間以上運転するとあたりはだんだん暗くなり、日没までに夕食をとろうと何気なく入ったのが『道の駅象潟(きさかた)』。

 象潟町は山形との県境、日本海と旅の始めにも紹介した『鳥海山(ちょうかいさん)』にはさまれた街。「こめこめ」のように「ねむの丘」という愛称もあるこの道の駅は、秋田県のお土産大集合ばかりか、レストランに温泉や宿泊施設も完備している最大クラスの道の駅で、しかもしかも夕日の名勝地だって着いてから知って、急いで車に戻ってラブを呼び、姉弟で夕日撮影会~!

IMGP2124.jpg

 日没前の徐々に太陽が海に沈む様子を眺めることができて大満足!これはできすぎでしょうと、ヒナタマンマさんにメールで確認をとってみるとやっぱり~!

 象潟はヒナタ姐さんが海水浴し、波の中で泳ぐことができた思い出の地なんですって!ここでビーグルに会うのもできすぎ~(爆)!

IMGP2112.jpg

 ねむの丘のシンボルになっているのが象潟を詠った松尾芭蕉の俳句に出てくる西施(せいし)という中国の美女像と2ショット。絶世の美女であると同時に魔性の女だったらしいよ、どっかの犬みたいだね!

IMGP2127_20151006135625876.jpg

 こちらは日本の夕陽百選にも選ばれている景観だそうで、納得!これを見ずに帰るのはもったいなさすぎる~!ふと、反対側にある鳥海山はどんなだろうと振り返るともっとすごい景観が!

 デカい道の駅の最上階には大浴場!夕日を見やすいようにガラス張りになっていて、全裸のおっさん達がずら~っと並んでいて夕日に照らされ下からまる見え~(涙)!もったいなさすぎる光景でした(爆)!

P1160335.jpg

 2階のレストランで秋田由利牛、ハタハタの天ぷら、海鮮の3つのミニ丼にハタハタのミニうどんがついてるセットを注文し、3人で食べ、日が完全に落ちるのを眺め、6時過ぎに再出発!ロングラン走行し、最小限の給油と休憩で自宅に戻ってきたのは翌深夜3時でした~。おしまい。

P9202804.jpg

続きを読む

忘れられない思い出♪

IMGP2103.jpg

 犬人です。今回は豪華2本立てブログ。新幹線を見たワレワレは盛岡駅12:48発の在来線で雫石駅へUターン。

IMGP2105_20151002171001e13.jpg

 JR田沢湖線、乗る時も降りる時もボタンを押さなきゃドアが開かないという斬新なシステム♪

IMGP2110.jpg

 超過密ダイヤの名古屋鉄道(名鉄)の名古屋駅が当たり前だと思っている愛知ケンミンにはこの電車だったり、複線じゃなく単線を走るってのもすっごく新鮮!

IMGP2107.jpg

 しかも、しかもその単線を新幹線も一緒に走るんだから驚愕するしかない!旅行前に3歳児には記憶に残らないかもって心配していたことが杞憂に終わるぐらい、何度も新幹線に会えたし、私にとっても忘れられない風景がいっぱいできました♪

IMGP2106_20151002171002e40.jpg

 E5系東北新幹線の靴を脱げば、E6系秋田新幹線の靴下が顔を出すぐらい元々ダイスキな新幹線だったから息子にとってもきっと忘れられない思い出になったことでしょう!午後1時過ぎに雫石駅に到着し、ラブを迎えに西に進路をとりました。

続きを読む

連結開始~♪

IMGP2045.jpg

 犬人です。今回も電車ブログ、電車に詳しくない人のためにざっと説明させていただくと、緑がE5系新幹線(はやぶさ)、赤がE6系新幹線(こまち)といいます。

IMGP2047_20151001173442b64.jpg

 EはEASTの略でJR東日本の新幹線という意味。つまりJR東海管轄の愛知県では絶対に見られない新幹線だってこと。この2つの新幹線は画像のように連結して東京-盛岡間を最高時速320㎞で走るんです!

IMGP2026.jpg

 連結していた2つの新幹線は岩手の盛岡駅で分離。それぞれ青森方面と秋田方面に向かい、反対に別々の場所からきた2つの新幹線は盛岡駅でひとつに連結し、東京に向かいます。

 この新幹線達は東京駅でも見られるけど、分離したり連結する瞬間が見れるのは実はここだけ!テツなら見なきゃダメでしょ~!私も嫁さんもテツじゃないけど(笑)!

IMGP2036.jpg

 ちなみに今年の初めからずっと履いてる息子の靴はE5系新幹線でっす!動画もバッチリ撮ったから見てみてちょうだい♪こっちが分離で・・・。



こっちが連結~。連結開始~♪顔と顔で~(って歌があんの)♪



 TVやDVDでこのシーンは何度も見てるんだけど、やっぱり実際に見るのとでは迫力が全然違うよね!息子の顔ったらない!ホントに連れてきてよかった!



 E2系新幹線(やまびこ)も見ることができ、ウハウハの息子さんでした。これも地元じゃ絶対見れないもんね~。

IMGP2068_20151001173445488.jpg

 リアルタイムだとすでに1カ月以上経ってるんですけど、数日前、兵庫で愛媛在住の方にお会いした際、ボクは新幹線を見てきたんだと自慢したばかりか、その方の「いいな~、みたいな~」というリアクションに「とおいでみれんわ~」と名古屋弁丸出しでこたえていて、隣で聞いてて父ちゃん、E6並に赤くなりました♪

続きを読む

緑パワー。

IMGP1998.jpg

 犬人です。今回は3日連続新幹線の詳細(真相)を。ワンコブログなのに犬1頭も出てこないのであしからず。

 前夜、ヒナタマンマさんやnaobeeさんに勧められ、私が考えたのは最寄りのJR雫石駅(しずくいしえき)から赤い秋田新幹線に乗車してJR盛岡駅(もりおかえき)に行くこと。

 雫石から盛岡は近く、在来線を使っても20分かからない距離。他の新幹線に乗車する値段よりずっと安い値段で秋田新幹線に乗ることが可能なんです。

 特急料金で払う値段と比べると割高ではあるんだけど、息子ピー助が喜ぶんなら乗せてあげたいって思ったんです。しかも盛岡にはピー助が秋田新幹線と並んで愛する緑の東北新幹線がいるんです!

IMGP2010_201510011701027f6.jpg

 よし、行こうって決めたんだけど、私の中では母子で行ってこいって話。ぶっちゃけ東北新幹線にはそれほど愛着ないし、なによりラっちゃんいるしね~。朝、雫石駅に母子を送迎して、そっから小岩井農場でみんなと遊ぶつもりでございました。

 イヤじゃって嫁さんにソッコーで断られるんですが(涙)!

IMGP2014_20151001170057563.jpg

 そこでヒナタマンマさんとnaobeeさんが助け舟。小岩井農場、朝早くからやってるよ、そこで遊んでから3人で盛岡行けばいいんじゃない?雫石駅には無料駐車場もあるよ。最後に「ラブちゃんも預かるよ」って口説かれ、私もその話にのった!新幹線にも乗った!

P1160264.jpg

 それでも嫁さんは依然として乗り気じゃなかったんですが、今度は私が殺し文句、それなら小岩井の後に国見温泉(詳細はまた後日)に行くぞって言ったらOKしてくれました。

 効果抜群!すげ~わ緑の温泉♪

IMGP2024.jpg

 ってなわけで小岩井農場を出て10時35分発の盛岡行き(上がり)に乗車。自由席でおトクに乗り、ドア付近で息子を抱っこして窓の外の景色を見せること10分ちょい、あっという間に盛岡駅にとうちゃこ!

P1160270.jpg

 温泉と同じ緑の新幹線が迎えてくれました。つづく。

IMGP2050.jpg

 こちらが緑の新幹線のエンブレム。新幹線ごとにエンブレムが違うのがわかるかな(秋田新幹線のエンブレムは冒頭の画像に写っています)?

まきば園の誓い。

IMGP1948.jpg

 犬人です。集合写真が終わったので、残りの時間はフリータイム。あんちゃんとヒナタマンマさん、息子を連れて小岩井農場まきば園を散策してると視界に出てくる巨大なボール。

IMGP1952.jpg

 その名もアルマジロボール。二重構造の透明な球体に身体を固定し、斜面を一気に転がるアトラクション。身長120cm以上の方が2人で遊ぶことが出来ますが、回転するたびに中から悲鳴が聞こえてました♪

IMGP1959.jpg

 このスタッフの兄ちゃん達はあと何回これを続けるんだろう。一緒に転がるのも大変そう。その丘の上でひと運動したガッキー組も加わって記念撮影♪兄ちゃん達がすでに腰に手をあててるのがそのキツさをあらわしています。

IMGP1966_20151001165225e3a.jpg

 なにげに人と犬でカメラ目線できてるのがガッキー組だけなんだよな~。ガッキーホントに成長したな~。よし、次行くよ~!

IMGP1972.jpg

 こっちはアルマジロの水上版。水上ハムスターって言うんだって。水面なので安定せず、体幹がなきゃ前に進むどころか立つこともできません。結果、回転車の中を走るハムスターのようになり、周囲を爆笑にまきこむというシロモノ。

IMGP1977.jpg

 子供達にまぎれて大人の女性(お母さん?)が意地でも立とうとして豪快にコケまくる姿に息子は大爆笑!齢3歳にしてSっ気たっぷり。

IMGP1974_20151001164155846.jpg

 ドン引きされるところですが、トンビがタカを生んだ奇跡のルックスでカバーするので女性ウケはすこぶるよく、小岩井の飲むヨーグルトを飲む姿もかわいいんだけど(親バカ)、中身は父ちゃん似の性悪です。ダマされませんよう(画像提供:ヒナタマンマさん)。

b0031538_2354914.jpg

 私達夫婦は1本牛乳を買い、残りをラブとあんちゃん、ガッキーにおすそわけ。

b0031538_23573886.jpg

 皿がないのでガッキーのディスクを文字通りお皿にして順番に飲みました。

IMGP1982.jpg

 三国志の『桃園の誓い』じゃないけれど、ひとつの盃(ディスク)で牛乳を飲みかわし、義兄弟(姉妹)の誓いをした3頭の友情はより強固にキズナもぶっとくなったことでしょう!

IMGP1984_201510011641525a1.jpg

 あと私達夫婦とも義兄弟だかんね(笑)!正味1時間程でしたが全員大満足!ここで別行動となりました。つづく。

続きを読む

じぇじぇじぇのガッキー。

IMGP1906_20151001120837451.jpg

 犬人です。旅行記もいよいよ最終日!犬連れの朝は早い、カンタービレさんやガッキー家の山小屋から車で5分のところにある『小岩井農場まきば園』に朝8時半集合!

 シルバーウィークは大混雑するかわりにこの期間だけ特別に開園時間が30分早まるのでワレワレは開園時間にあわせて現地集合!それでも多くの人でいっぱいでした♪

IMGP1907.jpg

 開園時間にあわせてコンディションを整えているガッキー組、さっそくロングリードにしてディスク!

IMGP1914.jpg

 エンドレスなスイマーは陸(おか)に上がればジャンパーに大変身!エンドレスにディスクめがけて飛んでました♪

IMGP1915_201510011208368be.jpg

 あんちゃんはゴロゴロした後、ラブと花畑で記念撮影♪えっ息子と嫁さん?開園と同時に土産物屋さんに直行ですわ(涙)!

IMGP1920.jpg

 あんちゃんはカメラ目線ができるコだから2ショット写真も撮れるだろうなって思っていたけど、こんなに近く、自然に、笑顔で撮れるとは思わなかった!元々のポテンシャルの高さに加え、マンマさんの愛をいっぱいうけて成長してるんだな~って思いました。

IMGP1925_20151001120935211.jpg

 この旅、一番ビックリしたのがこのコの成長!4年前は写真撮影やモデルなんて無理無理~な、とまったら死ぬマグロ犬だったガッキーが、止まってモデルしてカメラ目線するんだから驚いた~!

IMGP1928.jpg

 ディスクで遊び疲れたタイミングで加わるというnaobeeさんのテクもあるんだけど、それを差し引いてもすげぇよガッキー、じぇじぇじぇだよ!ヒナタ姐さんもきっと喜んでるよ!

IMGP1939.jpg

 3頭で顔ハメもできておっさん大満足!でもこれに満足してゆっくりしている時間はないのです。息子を連れ、駆け足でまきば園を散策することにしました。つづく。

続きを読む

カンタービレ。

 犬人です。2日目のお宿はガッキー家の山小屋からほど近い格安のペンションで夕食も用意していただけるのですが、ヒナタマンマさんやnaobeeさんとお食事したいって私のリクエストで夕食をJR雫石駅(しずくいしえき)にあるレストラン『味力レストラン雫』さんへ。

 駅構内の2階には産直売り場があり、そこから地産地消の食料が提供され、お肉は雫石牛を頂けるお店!ブランド牛がリーズナブルに食べられメニューも豊富!

 高級レストランだと3歳児にはツラいと思い、最初は別のお店も探してみた私でしたが、小上がりの席もあり、観光客だけでなく地元の人も気軽に入れるお店のようで一安心。

IMGP1892_201510010918055f3.jpg

 しかもしかもその案内された席から窓の外を眺めるとすぐそこにホーム!画像の在来線だけじゃなく、通るよね~新幹線。

 この窓枠から秋田新幹線を狙ってみたんだけど、夜になると雫石で停車する新幹線は皆無で、通過する車両ばかりになります。

 停車してくれるんならスピード落ちるし、アナウンスも入るのである程度シャッター切れるんだけど、ホントに一瞬で通り過ぎちゃうし、通過車両は時刻表に出ないから「あっ来た!」でカメラ構えてるうちに通り過ぎる(涙)!しかも暗いからボケボケ~。諦めて食事に専念することに。

b0031538_23251698.jpg

 食事に話を戻すと私は雫石牛の炙り焼きステーキを、嫁さんはスープカレーを注文してそれを3人で食べましたがどれもバツグンにウマく、息子もモリモリ食べました(画像提供:ヒナタマンマさん)。

 さらにリーズナブルなランチ営業もあるみたいで、次の機会があれば(いつだよ!)狙ってみたいと思います。

 ヒナタマンマさんやnaobeeさんとお話しながらここまで喜んでて、ここまで来てるんだから、もうひとつの緑の新幹線を見ないのはもったいないって話になり、時刻表を見ながら翌日の予定に組み込めるか検討すると、ある方法を使えば奇跡的に無理なく楽しめ、全員WIN-WINになることが判明!

 ってなわけで3日連続新幹線とあいなりました~。詳細はまた後日。食後は宿泊のペンションまで同行していただき2日目終了となりました。つづく。

続きを読む

氏より育ち。

P9192794.jpg

 犬人です。田沢湖を後にしてそのままみんなで山越え。東に向かって岩手県に入り、『道の駅あねっこ』で小休止。4年前ここでガッキー家と待ち合わせした思い出の場所♪

P1160216.jpg

 その後は雫石町(しずくいしちょう)にあるガッキー家の山小屋へ。

IMGP1882.jpg

 山小屋って言っても立派なログハウス!4年前もガッキー家(ご夫婦+ガッキー)と私達夫婦とラブ、ヒナタマンマさんとヒナタちゃんの計5人と3頭が宿泊させていただいており、もう別荘と呼んでも差支えがないお宅!ここで夕食の時間までまったり~!

 ヒナタマンマさんやnaobeeさんからいっぱいプレゼントをいただいて恐縮している一方で「ここアタシの別荘だから」って言ってるかのようなくつろぎっぷりを見せるラっちゃん。

 naobeeさんのオヤツ(ガム)支給にラっちゃんはキッチンの隅にポジションを移し、陰に隠れてこっそり食べていました(画像提供:ヒナタマンマさん)。

b0031538_2344241.jpg

 そのスタイルどこで覚えてきたんだって話ですが、普段いろんな犬種のワンコ達が集まる場所でオヤツをもらってるんで、そういうポジショニングだったり姿勢なりを自然に学んでいったんでしょうね~「氏より育ち」だね~。

IMGP1880.jpg

 あんな「はしたない」犬にはなるんじゃないぞって言っておきながら、あんちゃんを「はしたない」恰好にさせるワタクシ。

b0031538_23101453.jpg

 水泳で使った筋肉(主に背中)のストレッチとマッサージをしながらスキンシップをはかるこれも高等テクニック♪おっさん、あんちゃんの心を奪っちゃったかも。これからも抱かれたい男№ワン目指してまい進したいと思います(画像提供:ヒナタマンマさん)♪

IMGP1881_20151001075606a7b.jpg

 ガッキーもようやく田沢湖でイタズラしたのを許してくれたみたいでカメラ目線もしてくれました。

IMGP1885.jpg

 オヤツをみんなが食べ終われば、3頭安心してノーリードで放牧できる間柄。あんちゃんにまたがれてもラっちゃん全然平気~!でも・・・。

IMGP1886_20151001075618a53.jpg

 寝る場所は年功序列らしく、ここアタシのベッドだからね!ってあんちゃんに言うんだけど、お前ここで泊まらないし、なによりガッキーのクレートだってば(笑)!こんな風に夕方まですごし、食事に出かけました。つづく。

続きを読む

あんの花。

IMGP1858_2015093015363212b.jpg

 犬人です。田沢湖水泳部もそろそろお開きの時間。すでに嫁さんと息子、naobeeさんとガッキーは車に戻っており、前回書いたラブのサーフィンに付き合ってヒナタマンマさんとあんちゃんは残ってくれたので御礼にあんちゃんにご奉仕タイム。

 最初はラブと一緒に砂風呂できるかな~って試してみたんですけど、穴を掘るのは好きだけど、埋まるのはハジメテの経験の1歳犬。イヤがってたのでこれは来年以降の宿題♪

 「やれること全部やってやる」のスタンスはあんちゃんにも適用されるので、それならサーフィンの導入部分をやろうということに。

b0031538_23514322.jpg

 まずは身柄を拘束したのち(画像提供:ヒナタマンマさん)、甘い言葉をかける(笑)「あんちゃんかわいいね~」「スレンダーだね~、モデルさんみたい」なんて言ってると・・・。

IMGP1874.jpg

 もれなくテレる(爆)!

 そっからオスワリをさせ、オヤツで誘導してるとアタシも~って出てくるでしゃばりおばちゃん犬と2ショット♪

IMGP1877.jpg

 私がラブを何度もサーフィンさせているのを見ているので、間違いなく自分もやらされる~って思ったことでしょうが、予想に反してやさしい態度のおっさんにあんちゃんメロメロー。

 これがギャップを使った高等テクニック、ガッキー参考にするように(笑)!難なくボードに乗ることができましたとさ。

続きを読む

ヒナタ待ち。

b0031538_2345072.jpg

 犬人です。田沢湖水泳部もいよいよ大詰め!田沢湖の最大深度は423.4mで日本一、世界でも17番目に深い湖。この深さゆえ、真冬でも湖面が凍り付くことはなく、深い湖水に差し込んだ太陽光は水深に応じて湖水を明るい翡翠色から濃い藍色にまで彩ります。

 4年前の旅では秋雨の影響でついぞ快晴の時に見られる翡翠色にはお目にかかることはできませんでしたが、今回はなんとか見れそうな雰囲気♪サーフィンを楽しみながらその時を待ちました。

b0031538_23312291.jpg

 ってか太陽というより「ヒナタ(日なた)ちゃん頼んだ」って心持ち。期待を裏切らない姐さん、パっと陽光が指して、ラブ組出動!

b0031538_23395663.jpg

 片手にデジイチ片手にライフジャケットの取っ手越しにラブとボードを運びます!ワンダバダバダバダ~(冒頭からここまでの画像は全部ヒナタマンマさんの撮影)♪

 ところが時を同じくして遊覧船が作り出す波が発生!

 「ラブちゃんならできるでしょ!」ってお空の姐さんの粋な演出だけどハードルも波も高い(笑)!すっげ~揺れるし、一歩間違えたら私やマンマさんのカメラも即死レベル♪

IMGP1840.jpg

 それも期待の裏返し!行け!波と戯れろ、サーフトリップだ!

IMGP1837.jpg

 何度か波にもまれ水没もしましたが、私もラブも超楽しい!うれしい!楽しさが恐怖を圧倒的に上回る!再び日の光が雲にさえぎられるまでのわずかな時間、ラブ組サーフィンを満喫!

IMGP1843.jpg

 ありがとねヒナちゃん♪

続きを読む

個犬レッスン。

b0031538_23102773.jpg

 犬人です。もうこれは生き様としか言いようがないんですが、田沢湖では「やれること全部やってやる」の精神。「今」を生きる犬と11年生活してるとこうなっちゃう!

b0031538_2383992.jpg

 カッコつけでもなんでもなく、この日、この場所で泳ぐために1年以上、もっと言うと4年近く準備してきたので、同志達に姉弟のこれまでの積み重ねや成長を披露している感覚。

b0031538_2395130.jpg

 普段のようにいつかできたらいいなってスタンスじゃないので、はたから見れば「こんなのできて当然」みたいなステージパパのような厳しい態度に映ってたかもしれませんが、内心は田沢湖という高校球児にとっての甲子園、ラグビーにとっての花園、サッカーにおける国立と同等の夢舞台でいろいろ楽しめたことがめちゃくちゃうれしかった~!

 ホントは息子がボードに乗り、それをけん引する姿も見せたかったし、練習もしてきたんだけど、水量が多く風も出て、波も出てきたコンディションでは無理と判断。昼前に新幹線も見て興奮していたので、サッカー遊びとラブとのレトリーブを済ませた後は嫁さんと共に車に戻らせました。

 エンドレス・スイマーも飼い主さんストップでひと足先に車へ~。

b0031538_22552388.jpg

 ひと通りディスクをレトリーブした後はあんちゃんの個犬指導♪抱っこしてあんちゃんが泳げる深さまで運び、泳がせます。

 実はその前にあんちゃんが泳ぐ動画を見ていて、気になっていたことがあったので実際に見てみたのですが、腰の位置が落ちてました。

 全身に力が入りすぎて、シッポもブンブンだったんですね~。体の力を抜いて腰の位置を高くする姿勢を補助しながらフォームを作り、体で覚えさせてからリード離すことを数回続けました。

b0031538_2311880.jpg

 シッポがあるとそれが舵の役割をしてバランスをとる役目も果たしますが、力が入ると全体が沈んじゃう。そこらへんの脱力を完全に覚えるにはいっぱい泳がせて疲れさせ、力が入らない自然なフォームを身につける必要があります。

 元々シッポがないコーギーははじめっから腰を高くして、体幹使って泳ぐしかないのでシッポに頼ってる(力が入ってる)ってことに気づかないんですけどね~(笑)。シッポがあるコに泳ぎを教えた経験が役立ちました♪

b0031538_2312338.jpg

 あんちゃんはまだ1歳で骨格もできあがっていないので、体に負担のかかる無理な運動は控えるべきではあるのですが、水中運動は背中や腰等、体を痛めないので有効だし、体幹等、インナーマッスルをつけるのに有効。

 冒頭の話じゃないけど今から来年や2年先、3年先に向けて体を作ることは可能。たぶんあんちゃんのレッスンも姐さんに「呼ばれた」理由のひとつだと思うんでぜひ頑張って積み重ねて欲しいな~って思います。

続きを読む

エンドレス・ガッキー。

IMGP1825_20150930135459a02.jpg

 犬人です。正午過ぎに田沢湖に戻ってくると雨は上がり、暑くもなく寒くもない、ただし水量は多いコンディションに猛者集結!

 お待たせしましたここで登場、岩手の同志犬、ガッキー君(以後は親しみをこめてガッキーって書くね)と飼い主のnaobeeさん♪

 4年経ってラブが11歳になったようにガッキーも9歳になったんだけど、われら同志、アンチエイジングの鬼で年中体を動かして体調管理しているコギ達ですから、naobeeさんが制止するまで、エンドレスにダイスキなディスクを追っかけて泳ぐ、エンドレス・スイマー。

b0031538_23124884.jpg

 愛用のディスクが見当たらず(結局車にあった)、同じタイプのディスクを持ってきてたのでラブのを貸出し~(画像提供:ヒナタマンマさん)!

 犬一倍こだわりのあるコで、自分の気に入らないおもちゃだったら絶対遊ばないらしんだけど、ラブのもうひとつのディスクを投げるとガチっと持ってきました。

IMGP1814.jpg

 打ち込めるオモチャがあれば何もいらない、実際、オヤツで釣れないの!求道者のごとく一人もくもくと泳ぐ姿がホントに美しい!ガッキーかっけぇ~!

 あんちゃんやラブのおしりのニオイをかぐ時も顔つっこむんじゃないかっていうぐらい超至近距離で超真剣にかぐ!これも4年前とおんなじでうれしくなっちゃいました♪

 うれしすぎて、ちょっとイタズラしたくなって抱き上げて水に投げ込んだら、怒って近寄ってくれなくなるんだけどね~。そうなるとオヤツで釣れない分、難しい。

IMGP1811.jpg

 こいつなんかいくらでも釣れるのに~!後ろで誰かさんは穴掘ってるし~!以降、こちらでガッキーの写真を撮ることができませんでした。ごめんねガッキー、許してけろじゃ~。

 次回はあんちゃんとラブの合同特訓で~す。

IMGP1823_20150930135457eec.jpg

続きを読む

任務完了!

IMGP1770.jpg

 犬人です。たつこさんめぐりを中断してやってきたのはこちら。すまんの~また今回電車ブログですわ~。

 JR田沢湖駅。ここで入場券買ってホームに入り(ラブは車で留守番)、秋田新幹線と写真を撮ろう作戦!直前にこっそり持ってきていた秋田新幹線のプラレールを息子ピー助に渡すと坊ちゃんニッカニカ!

IMGP1774.jpg

 模型の前でも笑いがとまらないぐらいの電車好き!実物がやってきたらテンションMAX!

IMGP1780.jpg

 その距離、数十センチ!前日に続いてこれだけ喜んでくれらたら本望!連れきた甲斐があるってもんだし、12時間の運転も報われるわ~。

 母ちゃんにも感謝だぞ~!この間書いた宿決めも含め、半分ケンカみたいな説得だったんだから(爆)!

 たつこめぐりと新幹線見物に予想以上に時間を使い、予定していた田沢湖駅近くのお店で蕎麦を食べる時間が無くなり、近くのスーパーでわっぱめしの駅弁を買って済ませたのが唯一の誤算なぐらいで、今回の旅の大きなテーマの一つ、秋田新幹線を楽しむという任務完了!

IMGP1789.jpg

 蕎麦食べられなかったけど明日行く予定があったからいいやってこの時は気にもとめなかったんだけど、以前も書いたように旅行中に蕎麦食べられなかったので、この時、少々無理してでも蕎麦食ってりゃよかったとちょっぴり後悔。

 それにしても田沢湖に戻る車中で息子が「あすもしんかんせんみようか!」って軽々しく言った言葉が現実になるとは思わなかった!

IMGP1783.jpg

 まさか3日連続蕎麦が3日連続新幹線になるなんて(笑)!全くの想定外だったわ~!どんな流れでそうなったかはまた後日♪

 さあ次回は新幹線と並んで大きなテーマになっていた田沢湖水泳ですよ~!

IMGP1801.jpg

たつこ3/4。

IMGP1747.jpg

 犬人です。前回に続いて田沢湖1周たつこめぐり!次は御座石神社(ござのいしじんじゃ)。たつこさんが飲んだ不老不死の泉のあった場所。

 「御座石」の名は以前紹介した角館を作った秋田藩主、佐竹義隆が田沢湖を遊覧した際にこちらに腰をかけて休んだことに由来しています。

IMGP1756.jpg

 藩主様じゃなくても休みたくなる絶景!一度は行って見てもらいたい田沢湖の絶景!

IMGP1752_20150930101740739.jpg

 たつこさんが祭神なので御利益は・美貌成就・不老長寿と女性には嬉しい美のパワースポット。信仰すれば美人は益々美人になるってきいて嫁さんにしっかり参拝するように促しましたが、どうしよ龍になっちゃったら(笑)!

 最初は私やラブの分の賽銭も頼んで母子に参拝してもらいましたが、途中でお目当てのたつこ像があることを知り、ラブを車内に待機させ、一人で参拝しました。

IMGP1764_201509301017527f6.jpg

 境内には半身が龍になった姿の「たつこ姫像」がいらっしゃって、彼女の悲しみや後悔を感じました。奥にはたつこが姿を映した鏡石もあるのですが、そこは遠慮して参拝後は次のたつこさんの元へ。

 3人目は北岸にいるこちらの姫観音像。

IMGP1766.jpg

 昭和15年、国策によって玉川の強酸性の水を田沢湖を取り入れたため、田沢湖の多くの魚が死滅していまい、滅んだ魚と湖神たつこ姫の慰霊のため、募金を呼びかけて建立されました。

IMGP1768.jpg

 慰霊のため姫観音像は田沢湖を見るように建っています。ここでもしっかり手を合わせ、車に乗車すると途端に霧が発生!最後のたつこさんに向かう前にバケツをひっくり返したような大雨が南西側からこちらに向かってやってきました!

 そういえば4年前も神社参拝後に大雨降られてるんだよね~。

 最後のたつこさんのいる東岸から一度、田沢湖を出て雨を回避し、約束の正午に再び戻ってくるとまた晴れてくるんだから、この日はたつこさんの存在を強く感じる一日でした。つづく。

続きを読む

たつこ1/4。

IMGP1698.jpg

 犬人です。2日目の舞台は田沢湖!昼過ぎに田沢湖で泳ぐ約束をしているので、フリーな時間を使って午前中は田沢湖観光。早めにホテルをチェックアウトし、抜け道を使って高原から湖畔へ一気に下っていくと、前日も見た、限りなく透明に近いブルーな田沢湖が!

IMGP1702_20150930094100561.jpg

 湖畔に車を停め、ピー助を連れ、昨夕から散歩していないラっちゃんと朝の散歩。

 志を果たしていつの日にか帰らん。山は青き田沢湖、湖も清き田沢湖♪って替え歌もできちゃう♪志を果たしに息子も連れて帰ってきたよ!稲穂は金色!

IMGP1711.jpg

 そしてかわいいあの娘も金色!

IMGP1737_201509300941341f1.jpg

 この湖の守り神とでもいうべきたつこ像♪

IMGP1735.jpg

 正式名称は下の画像の漢槎宮(かんさぐう)近くにある舟越保武さん作の「たつこ像」。

IMGP1741.jpg

 むかしむかし神成村に辰子という名の娘が暮らしていました。辰子は美しい娘でしたが、その美貌に自ら気付いた日を境に、いつの日か衰えていくであろうその若さと美しさを何とか保ちたいと強く願うようになり、その願いを胸に、観音菩薩に百夜の願掛けをしました。

 必死の願いに観音が応え、山深い泉の在処を辰子に示し、そのお告げの通り泉の水を辰子は飲むのですが、急に激しい喉の渇きを覚え、しかもいくら水を飲んでも渇きは激しくなるばかり。

 そのうち辰子の姿は、いつの間にか竜へと変化し、自分の身に起こった報いを悟った辰子は泉を広げて湖にし、そこの主として暮らすようになった。この湖が田沢湖であり、泉のあった場所が次回紹介する御座石神社(ござのいしじんじゃ)になりました。

IMGP1714.jpg

 再会を祝して、たつこのっけ!

IMGP1725_2015093009413817f.jpg

 息子ピー助は初対面。よろしくね!

IMGP1719.jpg

 これでたつこさんに挨拶し、神社に参拝すれば午後から心置きなく泳ぎまくれるって話なんだけど、実はたつこさん、田沢湖にあと3人いらっしゃるので湖を1周ドライブしがてらあいさつ回りをしました。つづく。

IMGP1724_20150930094814527.jpg

 2日目も絶好調の姉弟でっす!

簡易ベビーベット。

IMGP1686_201509292032557e0.jpg

 犬人です。いよいよ1日目最終回!結局1週間続いちゃった(笑)!初日の宿は秋田自慢の透明度を誇る田沢湖にほど近い、田沢湖高原にあるお宿、チェックインの時間まで少々時間があったのでヒナタマンマさんオススメのサボーカルチャーパークへ寄り道。

IMGP1692_20150929203257866.jpg

 こちら八幡平直轄火山砂防事業の一環として、作られた砂防ダムで公園には広大な芝生広場があり、ダム越しではありますが田沢湖が一望できます。

 展望を眺め、この日の全てのノルマを完璧に達成!出来過ぎなぐらい!

 ホテルにチェックインして、早々と食事と入浴を済ませ、泥のように寝ました。次回は田沢湖めぐりしますよ~!

IMGP1694.jpg

 君らも楽しかったみたいだね♪

続きを読む

のってけれ!内陸線。

IMGP1646.jpg

 犬人です。たった1日を1週間近く引っ張ってごめんなさいよ(次回もあるよ)。ワンコ無視の電車ブログで重ねてごめんなさいよ。角館には駅があり、JRの在来線や新幹線の他に、あるローカル鉄道の終着駅にもなっています。

IMGP1637_20150929201736327.jpg

 正式名称『秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線』(あきたないりくじゅうかんてつどうあきたないりくせん)漢字だけで13文字も使っちゃう鉄道。

 その名の通り秋田県の内陸を縦貫するような路線で、元々は日本三大銅山の一つであった阿仁鉱山(あにこうざん)から産出される鉱石輸送のため作られたんですが、全線が開通したのは1989年と最近で、その頃にはとっくに阿仁鉱山は閉山になっていました。

 最盛期の頃は満杯の乗客を乗せて1日中北へ南へ疾走していたそうですが、現在は人口の減少やモータリゼーション(車社会)の到来でローカル鉄道はどこもそうなんですが、経営は厳しい様子。

 ただし、こちらの縦貫鉄道、山深い奥羽山脈を走ったり、昔ながらの田園風景や花畑、新緑や紅葉等、愛すべき日本の風景を楽しめる路線!温泉もあちこちにあって観光列車としての魅力は十分!

IMGP1644_201509292017480de.jpg

 機会があったらのってけれ!内陸線!

IMGP1618_20150929201732544.jpg

 お目当てだった真っ赤な車両ではなかったけれど、車庫にあった黄緑の車両で写真を撮りました。

IMGP1682_20150929201747e0b.jpg

 最後にお気に入りのお店で嫁さんが愛してやまない『いぶりがっこ』を爆買いし、その間、姉弟でお店のレンガ造りをバックに2ショット!長かった一日も終わりを迎え、今夜の宿がある田沢湖方面に向かいました。つづく。

続きを読む

来てます、来てます♪

b0031538_23315911.jpg

 犬人です。あんちゃんと角館散策。2頭のフレンドリーっぷりを見て、イケると判断し、途中から私があんちゃんのリードを預かり、ヒナタマンマさんに撮影をお願いしました。カメラを構えているマンマさんに向けて笑顔全開の2頭♪

 冒頭の画像はマンマさんに撮っていただいたのですが、私が撮りたいローポジションの目線そのもの!変わらず同じ犬目線でいてくれるマンマさんに感謝!

 リードを持ったまま昔ながらのレトロな郵便ポストに隠れ、撮ってもらうとこんな不思議な画像も撮れました。

b0031538_23275572.jpg

 あんちゃんがビーグルサイズになってポストに飛び乗ってるように見えません?あんちゃんは私に向かってオスワリしてるだけなんだけど、色合いが一緒なので違和感ゼロの奇跡のコラボ♪

IMGP1592.jpg

 前回も紹介したこの画像、アングル的にここがいいと決めた場所が隙間がある排水溝の上で、そこにフセをさせるのはなかなかのハードルの高さですが、「できるできる」と命令し、あんちゃんと並んで撮影しました。

 この時、ラっちゃんはマンマさんのカメラのシャッター音をコマンドの解除と判断して出ていこうとするので「もう~」とキレつつも内心、おかしいなと思っていました。

 シャッター音がコマンド解除だったのはずいぶん昔のことで、いつもは私がシャッター切っても「よし」って言うまでこないんです。

 導き出される答えはひとつ。シャッター音を解除にしていた姐さん犬が一緒にいたとしか考えられない!

 そう考えるとさっきの画像のあんちゃんとラブの間の変なスペースも説明がつくし、ポストの画像も「あんちゃん、ここで座って」って言うアシスタント犬がいた気がします♪

IMGP1586_20150928201756341.jpg

 こっちも変な写真撮れたけど(笑)!

IMGP1585.jpg

 そう思ったら我慢できず、帰りに駐車場に向かいながらマンマさんにボソっと「姐さん来てて、3頭で歩いてる気がする」って言ってしまいました。見えないんだけど、そこにいて2頭を後ろに先頭切ってる気がビンビン感じるの!

 だってこの距離が平気なコ達だもん。姐さんが来たらさすがのラっちゃんも道空けるもんね~!やっぱり来てたんでしょ?

IMGP1613.jpg

 間違いないみたいです♪次回はまた電車ブログに脱線しま~す(爆)!

みちのく京都旅。

IMGP1573_201509282008132ad.jpg

 犬人です。前回に続いて角館(かくのだて)散策を始める前に、このブログを読まれているのは東海地方にお住まいの方が多いと思うので簡単ではありますが角館の説明を。

IMGP1583.jpg

 江戸時代、ここには角館城があり、現在角館と呼ばれる地域はその城下町。公家出身の当主の影響を強く受け、京の都のように広い道路や水路が整備され防火対策も施され、その景観は江戸初期から現在までほとんど変わっておりません。

 ここが「みちのくの小京都」と呼ばれるのはそのため。その名の通り『武家屋敷通り』には武家屋敷が並び、歩くだけで江戸時代にタイムスリップ!

IMGP1569.jpg

 正直、10代だったらこのよさがわからないと思いますが、20代・30代と年を経て、ここを歩き、散策しながら町に息づく様式に触れるのはこの上ない旅の贅沢!

 しかも愛すべきワンコと一緒に感じられるんだからサイコー!屋敷等の敷地内中には入れないんだけど十分満足!

 明治の近代化の影響を受けず、残されてきたこの武家屋敷地区一帯を昭和51年(私の生まれ年!)、「重要伝統的建造物群保存地区」として選定されたことをきっかけに国内外から多くの観光客が訪れるようになりました。

 すでに紹介している秋田新幹線や秋田空港の存在も大きく、実際、4年前に訪れた際は秋田空港からやってきたお隣の国々の人達でいっぱいでしたが(秋田が韓流ドラマの舞台になったため)、今回は平日の午後ということもあって人も少なく、母子も十分楽しめました♪

IMGP1600_20150928200811590.jpg

 ネコの雑貨専門店の前にはホンモノのようなネコの置物があってよしよししてきましたよ~。

IMGP1611_20150928200820afd.jpg

 あか~ん、そうこしているうちに、あっという間にスペースが埋まってしまった!追記で替え歌も書いたのでこぶし使って歌ってくださいませ♪次回も続きま~す!

IMGP1608.jpg

続きを読む

ふたりはともだち。

IMGP1557.jpg

 犬人です。「こめこめ」を後にし、京都の公家文化を色濃く残す美しい町、角館(かくのだて)に着くと午後2時近く。

IMGP1553.jpg

 水遊びしたばっかなので犬達を車に残し、名物の稲庭うどんやマンマさんオススメの角館そばもいいかなって思ったのですが、蕎麦は翌日、明後日と食べるつもりだったし、朝ガッツリ食べた海鮮丼がお腹に残っていたし、これ以上満腹になると睡魔に襲われ運転できない気がしたので4年前訪れなかった画像の櫻丸珈琲(さくらまるコーヒー)で軽食ランチ。

IMGP1556.jpg

 私はカフェオレを息子と嫁さんはオレンジジュースとピラフを食べました。テラス席ワンコOKなのでラブもあんちゃんも一緒。ここでマンマさん手作りのマンゴーマフィンをいただきました。ごちそうさまでした。

IMGP1554_2015092707423004c.jpg

 余談ですが旅行中、3日連続で食べてもいいと思っていた蕎麦を結局一度も食べることなく帰ってきちゃったので今はめちゃくちゃ新蕎麦食べたい気分!今月(できれば明日か明後日がいい)岐阜の山奥まで食べに付き合ってくれる人やワンコ、ワゴン車(笑)、連絡待ってます♪

 話を戻してその後は江戸時代から続く武家屋敷を散策~。

IMGP1559.jpg

 4年前はマンマさんが動物愛護フェスタへの出店(ボランティア)があり、代わりに後日登場する岩手のコギ君とデートしました。角館は今回が2度目で(息子はハジメテ)あんちゃんも2度目。

IMGP1567_20150927074244d70.jpg

 えっ~近くに住んでるのに~って茶化すおっさんですが、足が長いだけであんちゃんまだ1歳ですから~。ラブおばちゃん11歳ですから~。

 ラブもここ数年で多くの友達ワンコとふれあってるし、あんちゃんも社会化できてるコではあるんだけど、それを鑑みても初対面でこれだけ距離を縮めるかと驚くばかり!

IMGP1564.jpg

 年の差コンビだけど親友になりそうだと感じた瞬間でした。次回は本格的に角館散策を♪

続きを読む

しんざいちょくつう。

IMGP1531_201509260644367ea.jpg

 犬人です。いよいよこれから本番ってところでワンコブログにあるまじき電車ブログを。

 シリーズの最初に書いた通り、秋田には愛知では絶対に見ることができない、赤い新幹線が走り、その路線上に「こめこめ」があります。

 息子ピー助に彼がダイスキな秋田新幹線を見せてあげたい!「こめこめ」にきたもうひとつの理由です。

 でも新幹線って一瞬、しかも高架でしょ~。わざわざ見せにいったところで3歳児は覚えてないんじゃないの~?ってウチの嫁さんみたいなことを言う読者さんもいらっしゃることでしょうが、ノンノン、秋田新幹線はある理由からゆっくり走るのでしっかり見られるのです。

 それがタイトルにある新在直通(しんざいちょくつう)方式。

 新幹線と在来線区間を直通運転することで、在来線区間は新幹線の規格に合わせており、秋田新幹線は秋田駅まで在来線区間を走るのです。

 その区間は最高時速130kmを越えられないので厳密に言うとここを走る際は新幹線とは呼ばず、他に新在直通方式を採用している山形新幹線とでミニ新幹線とも呼ばれていますが、私達にとっては願ったり叶ったりのまぎれもない新幹線!

 なにが言いたいかっていうと、見にくい高架を走ることなく、130km以下のスピードで(橋の上だから余計に速度を落とす)通過する赤い新幹線が「こめこめ」で見れるってこと!

IMGP1503_201509261018190a2.jpg

 運行ダイヤを確認し、私は三脚を立ててビデオを回しつつ、一眼レフを構え、嫁さんもデジカメとスマホの両刀使いで見事撮影に成功!

IMGP1511_2015092610181697f.jpg

 画像や動画をご覧の通り、息子の喜びったらない!こんだけ喜んで動画も画像も見せたら記憶に残るし、大きくなっても絶対覚えてると思うわ~!

 冒頭の画像、赤い橋(の向こう側)に写ってるのも『秋田新幹線E6系こまち』だよ~ん。

 無事、初日のノルマを達成したところでみんなで角館(かくのだて)を散策することにしました。つづく。

1443178401cEW3sH4f66DOeW21443178397.gif

続きを読む

聖地で待ち合わせ♪

b0031538_22284315.jpg

 犬人です。今回は怒涛の画像放出!『道の駅なかせんこめこめプラザ』、通称「こめこめ」で待ち合わせしたのはヒナタマンマさんとビーグルMIXのあんちゃん♪あいさつもそこそこに「こめこめ」の裏にある川でさっそく川遊び(画像提供:ヒナタマンマさん)!

IMGP1521.jpg

 他人から見れば4年ぶりの再会なのにサバサバしてんな~って感じるかもしれませんが、飼い主同士、ほぼ毎日ブログを通して会っているので4年ぶり感がまったくない(笑)♪

 飼い主同士はわかるんだけど、ラブもあんちゃんも昔からの友達のように仲良く接しているので不思議な感覚。ラブはマンマさんの事をしっかり覚えていて、マンマさんの元にすっ飛んで行った時はさすがに泣きそうになりました♪

IMGP1540.jpg

 マンマさんのこと忘れるわけないでしょな顔♪

IMGP1539.jpg

 あんちゃんにこれがハジメマシテだよって言っても半信半疑。会ってなかったっけな顔♪

 ヒナタマンマという名からわかるように、先代犬にヒナタちゃんというコーギー犬がいて、まるで双子じゃないかって思うぐらいラブそっくりなヒナちゃんを姐さんとあがめ、刺激を受けまくり、会いたくなって4年前、3日間一緒に遊びました♪

 その2日目に一緒に遊んだのがこの「こめこめ」。今はお空の上だけど、やっぱり思い出の聖地で待ち合わせしないとね~って言ってるそばからBLUE SKYになるんだから恐れ入る(笑)!

 なんでも私達が到着するまで雨が降っていて、マンマさんがお住まいの秋田市では午後になってもガンガン雨が降っていたそうです。

IMGP1543_20150926094559a83.jpg

 マンマさんの指示でおもちゃをレトリーブ(画像提供:ヒナタマンマさん)♪

b0031538_2243265.jpg

 晴れ男だから大丈夫っていうのは私の特殊能力でもあるんだけど、今回ばかりは絶対ヒナちゃん!その後も「いるよ」って見えないけど肌でビンビン感じられるような出来事が続くんですが、それはまた次回以降に♪

IMGP1552_20150926094611da8.jpg

 次はあんちゃんの番ね~!

続きを読む

呼ばれて飛び出てじぇじぇじぇ!

P9182776.jpg

 犬人です。8月18日、ラブさんが全国ネットで放送され、それを見終わった直後、天の啓示がありました。「こっちに遊びにきなよ」って。それと呼応するように「こっち」にお住まいの方の某ブログでワンコが川遊びしているすぐ近くを息子ピー助がダイスキな新幹線が通ってるということも発覚!

 「呼ばれてる」って強く感じ、嫁さんに話しました。「一緒に行きたい」じゃなく、「ピー助は絶対に連れて行く、だからお前もこい!」ってノリ。

 いつもだったらお前何様のつもりだってキレられる我が家のパワーバランスですが、嫁さんもうすうす感じていたようで了承してくださいました。

 ってなわけで行ってきたのは秋田県と岩手県!じぇじぇじぇ~でしょ?でも4年前も行ってんの。有休を一日使い、シルバーウィークの始まる直前9月18日に出発しました。

20110923010128898.jpg

 一般的には東京を避け、中央自動車道から新潟に出て、福島経由で盛岡を目指すルートで、4年前は行きにこのルートを使いましたが、走行距離1,000㎞、ノンストップで行っても14時間はかかる上、日本海側(新潟)から太平洋側(福島)に走るムダも多く、シルバーウィークで『嵐』さんとそのファン達が集結、宮城県周辺の宿を占拠しているという情報もあってかなりの苦行が予想されました。

地図

 そこで私が選択したのは最初から岐阜県を突っ切って富山に行き、そのまま日本海側を北上。新潟で一般道(無料の高速区間も含む)を走りながら(画像緑の部分)、山形から秋田に入っていくルート。走行距離800㎞、ノンストップなら11時間ちょっと。これなら時間も距離もお金だって大幅に短縮できる!

 迷わずこのルートとし、平日ETC割が使える18日の午前0時に出発!長距離移動が苦にならない姉弟、すぐに寝て、新潟県で一緒に日の出を見ながら朝8時半に最初の目的地、山形県の『道の駅鳥海ふらっと』さんに到着♪

P9182777.jpg

 開店の9時まで仮眠をとって、開店と同時に日本海でとれた魚と鳥海山(ちょうかいさん)のふもと、遊佐町で作られた「遊YOU米」のコラボを海鮮丼でいただきました!ピー助はそのコラボをミックスフライ定食で食べ、秋田上陸!

 どんどん北上して由利本庄市の『道の駅おおうち』でトイレ休憩と散歩休憩し、隣接するJR羽後岩谷駅(うごいわやえき)で羽越本線(うえつほんせん)の電車を眺めて再出発!

P9182779.jpg

 ラっちゃんずっと寝てて生あくび。疲労ゼロの体力フル充電!

 無事、約束の地、大仙市にある『道の駅なかせん』に12時前に到着!友達ワンコを待ちました。つづく。

ごめんね、ラっちゃん!

 犬人です。もう言っちゃってもかまわないと思うのでここでカミングアウト、実はラブちゃん、シルバーウィーク直前に股関節を痛めちゃいました。詳細は追記で。

続きを読む

ワイマーソニック。

IMGP1498.jpg

 犬人です。9月の中旬、尊敬する大型犬飼いの兄さんがご自身のブログや仲間内に「ワイマラナーでオフ会は無理かもしれないけど、フェスぐらいはしたいね~」っていうお話をされ、「フェスよぐね?」「フェスやるべ!」って集まることになりました♪

 その前日、公園散歩中に兄さんから「明日よかったらきてね」と声をかえられたワタクシ、ふたりと一匹で午前中遊び、お昼に顔を出して、そのまま川遊びに出かける予定を立てて現地に到着するとワイマがいるわいるわ♪

 妄想どころか完全にフェスでオフ会!ワタクシ3週間遅れで勝手に命名!サマーソニックならぬ『ワイマーソニック』(画像提供:ブラックモア!(^^)!さん)!

ワイマ3

 子連れなので、兄さんのワンコ達を預かった後、少し離れた木陰で昼食をとり、おいとまして川に出かけようと思っているところで「これから川に行きません?」って誘われる(爆)!日差しが出て暑くなったので、私達が普段遊ぶ場所で川遊びしました。

ワイマ

 いつものメンバーだけなら安心して息子を放牧できますが、数が多いし遊びがワイルドすぎてピー助を送り出せない状況で撮影は完全に諦めました(画像提供:フランベママさん)。 

 場所をズラし、はしっこでレトリーブ遊びしててもソッコーでレトリバーにレトリーブされ、サッカーボールも強奪されるわでラブちゃんブチギレ。しばらく砂場で観戦することにしました。

ワイマ2

 一緒に来てたフランソワちゃんもベティちゃんも寄ってきて、気分はシッター。わかりにくいけど、ひざの上には栞那(カンナ)ちゃんを乗せて眺めていました(画像提供:フランベママさん)。 

ワイマ5

 何組かお帰りになり、落ち着いた頃に川遊びを楽しみましたとさ』(画像提供:ブラックモア!(^^)!さん)♪

続きを読む

お金は大事だよ~♪

P9122768.jpg

 犬人です。思うところがあって3歳児と11歳犬がいる中、長距離移動を強いる旅行の計画を立て、シルバーウィークに行ってきたんですが、事前に用意した大金が、めちゃくちゃ楽しい思い出や大量のお土産に姿を変え、きれいさっぱりなくなる様を見て、なんというか、お金の大切さを実感しました。

 ウチの市は『子ども手当』がこれまで月6,000円いただいていたのが3歳から月1万円にUP!やりぃ~と9月、ウルトラマン人形を2,500円分(それだと某通販サイトで送料無料になる)使ってしまったという話をブルテリちゃんを砂に埋めながらそのママさんに話すと「これからお金がとんでもなくかかりますからね!」と釘を刺されました。

 肝に銘じます。銘じますのでイキナリ会った第一声に「オゴってくれ」とか言わんといて。1回だけオゴるつもりでこの間の食事会も参加したのにドタキャンされて軽くキレてます。逆にオゴってもらいたいぐらいだわ(爆)!

P9122766.jpg

 自分で言うのもなんですが、私は元々ケチケチ。普段も自分の出費は最小限におさえ、衣服もここ数年(仕事のワイシャツや下着をのぞいて)買ったのは3着。

 ひとつは登山用のウェア、ひとつは海パン、ひとつは水遊び用のピチピチのクールシャツ、今回の旅に全部持っていって余すことなく使った(笑)!

P9122774.jpg

 あとは大きな買い物といったらカメラのレンズとミニテントとカヤックぐらいだけど、それもラブを撮りたいから、災害に遭って避難所でラブと寝るため、水害に遭ったらラブと脱出するためって全部愛犬との生活に必要な必需品として購入しました(爆)!

 ただそんな私も息子ピー助のことになるとタガが外れ、財布のヒモが全開になっちゃう!電車にしろウルトラマンにしろ、際限なく使っちゃって、冷静になった1カ月後、ブログに書いて反省しています。

P9122772.jpg

 電車もウルトラマンも、もっと言うならイヌもぜんぜん興味なかったんだけどな~、今じゃ全部ダイスキだ~!

 一緒に楽しんでる分、フツーの父子よりずっとキズナはぶっとく、長距離移動も連泊も全然平気で、知恵以上に体力もずいぶんつきました。

 その原動力になったのは間違いなく、電車やウルトラマンの玩具、そして姉ちゃん犬の存在!

 「父ちゃんは頑張るコが好きだ!だからガンバレ!頑張ったら○○買ってあげるよ!」で、こわがってたボディボードも再びラブと楽しめるようになりました♪

 ラブに会い、嫁さんと出会い、家族になれたことはすっごくハッピー、でもそれ以上にその家族に息子がやってきてくれたことは人生最高の出来事だと思ってるし、反省するんで、目をつぶってくださいませ♪

P9122775.jpg

続きを読む

志摩の風♪

IMGP1491.jpg

 犬人です。連休前の週末、久々に晴れもして家族みんなでお出かけしたいところでしたが、9月は町内の当番になってしまい、週末にご近所さんを回って町費を集金することに。

 その役をウチの「できた嫁」さんが買って出てくれたので(ありがとう)、「ふたりと一匹」で午前中お出かけ~。

 暑さもずいぶんやわらぎ、空気もカラっとしてきたので、前々からリサーチしていて息子に見せようと思っていた電車を見に行きました♪

IMGP1493.jpg

 それが大阪や名古屋から三重県志摩市にある賢島(かしこじま)駅まで運行する近畿日本鉄道(近鉄)の観光特急。近鉄50000系電車「しまかぜ」は6両編成で、大阪難波駅~賢島駅間、近鉄名古屋駅~賢島駅間を各一日一往復(水曜をのぞく)。2時間ちょっとで走ります。

 名称の由来は、志摩に吹く風の爽やかさと、車内で過ごす時間の心地よさから名づけられました。青い車体が青い空とよく似合う!

IMGP1494_20150915160813c61.jpg

 一日一往復ってことは一日に2回しかチャンスがないってこと。

 昨年から息子の影響で鉄道好きになったおっさんはそこらへんがわかっておらず、毎年訪れる伊勢神宮参拝の帰りに見ようと思い、昨年末、伊勢の駅(宇治山田駅)で途方にくれ、模型を見せて無理矢理納得させました(笑)♪

P1130390.jpg

 しかし、今年の初め、最寄りの近鉄の駅で「しまかぜ」を偶然発見!朝、検車区が隣接するこの駅に停車するのがわかり、それなら、そのあとに名古屋に向かって乗客を乗せ、賢島方面に向かうはずだと運行ダイヤから正確な時間をつきとめた時、季節はワンコに厳しい夏になっていました~。

P1130907.jpg

 今回、ラブも楽しめる気候になり、めでたく撮影することができ、志摩の風を感じることができました♪

IMGP1495.jpg

 特急電車だからあっという間に通り過ぎちゃうんだけど、息子さん大興奮!父ちゃんも頑張った甲斐があった!その後は自宅方面に帰りがてらJRの駅と名鉄の駅を見て戻り、川遊びすることにしました。つづく。

続きを読む

ずんずん姉妹。

P9052764.jpg

 犬人です。前回、夕方いつもの公園で散歩した際、この美犬ワイマにも会いました。

 ってことは自動的にこのコもきてるってわけで栞那(カンナ)ちゃんです。2週間ぶりなんだけど、2週間で体重が2㎏増加したそうで、「すくすく」というより「ずんずん」成長中♪

 これで抱っこはさすがにキツいし、カートもすっかり手狭になってきました。

P9052761.jpg

 セドハイ兄妹とワイマつながりでイブキ組のお友達の黒ラブちゃんとワイマちゃんもやってきてちょっとした品評会の様相を呈していました(画像提供:イブキさん)♪

fc2blog_20150906231814d43.jpg

 私は顔が全然違うって判別できるけど、できない人が大多数なんだろうなぁ。

 この後、ダイスキなイタグレちゃんとブルテリちゃんもやってきたんですけど、あっという間に暗くなって写真撮れなくなったし、なにより幼児連れなのでひと足先に失礼しました。

P9052744.jpg

 それでも、おっさんはしっかりカンちゃんを抱っこしてきたんだけどね~。息子にもナデナデさせてくれてありがとね!

P9052762.jpg

 一緒に遊ぶってことはないけれど、ラっちゃんと彩楓(イブキ)ちゃんはお互い信頼し、安心してくつろげる仲♪

 イブちゃんの協調性は同世代のワンコに比べて飛び抜けていて感心するばかり。ラブも高い方だと思いますが、できるようになったのはずいぶん年をとってから。

 カンちゃんに社会性を身につけさせるという本来の目的とは別にイブちゃんの社会化もさらに高まっていると思います。それこそ「ずんずん」(笑)!

 社会性を上げるために6頭目の家族としてイブキ家にで奉公してみる?6頭の中で飛び抜けて年食ってるけどさ(爆)!

プロフィール

犬人

Author:犬人
犬人 1976年8月26日生まれ
 犬と祭りとサッカーをこよなく愛するお調子者。2008年奇跡的に結婚。以後、嫁も愛する。2012年長男も誕生し、三人と一匹の家族生活は最高の一言!

ラブ 2004年4月29日生まれ
 三色毛モジャのコーギー犬。カイヌシに似て調子乗り。性格はヒト、イヌ問わずフレンドリー。でも売られたケンカは必ず買っちゃう太っ腹。カイヌシの結婚後、しばらく嫁にいじわるをし、嫁に小姑ならぬ「コ姑」と呼ばれるも、長男の誕生を機に改心。今はお姉ちゃん犬として活躍中♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR