11
:
1
2
4
5
7
8
10
11
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ロミオ~!

IMGP8879.jpg

 「犬連れあるある」だが、犬を連れていると一人で歩いている時のざっと50倍は話しかけられる。私は自他共に認める人見知りなので当社比にすると500倍ぐらいの感覚だ。



IMGP8877.jpg

 これが「かわいいですね~」なら「ありがとうございます」で返せるのだが、胴長短足の特徴的なフォルムを持つ犬と生活するとまた話は違ってきて、「足短っ!」とか「よう肥えとるな~!」と名古屋弁で独り言のように言われると、何も言い返せないばかりか、心にドス黒い感情が生まれ、人見知りに拍車がかかって大変だった。

 最近はそういう言葉も聞き流せるようになったし、周囲(社会)の犬種への理解も深まり、「あれはコーギー犬でそういう体型なんだよ」って年長者に説明する利発なお子さんもいて、実に痛快だったりもする。

IMGP8880.jpg

 閑話休題、4月から息子が幼稚園に通うようになり、昼休みに実家に顔を出す必要がなくなったったので昼休みの時間、ラブと散歩していた。職場の近くには中学校と高校、図書館もあり、木々も多く、涼しいので大助かり。現在はアスファルトで目玉焼きが焼けるぐらい熱されているし、息子も夏休みで実家にいるので行けてないってわけで今回はガッツリ2カ月前の画像♪

 中学校の近くを通るとちょうど掃除時間だったらしく、グラウンドに出てきた男子チューボーにロミオに愛をぶつけるジュリエットのごとく、柵越しから大きな声で「コーギー超かわええ!」って言われると、人見知りなおっさんもテレなく「ありがとう!」って言えるから不思議♪犬が立派なコミュニケーションツールになり得ると確信した瞬間だった。

 しかし、数日後、同じ場所で女子中学生に「ラブパパさんだ~!」って言われた時はめっちゃテレた。普段からラブをかわいがってくれるコでラブも即座に反応し、柵に顔を突っ込んで喜んだので注目を浴びた。

 同級生が大勢いる中、声をかけてくれた彼女の勇気に私も全力で応えたかったが、私に向けられる「あのおっさん、ラブパパって言われてっけど何者?」という中学生達の視線が痛くて、小っちゃい声で「おおぅ!」と言うのが精一杯。ラブだけ「(ロミ)ウオ~ン」と全力で叫んでいた。

 その日の夕方、いつもの公園で再会できたのでその分、全力で「ひさしぶり~!」と声をかけましたとさ♪

IMGP8876.jpg
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

犬人

Author:犬人
犬人 1976年8月26日生まれ
 犬と祭りとサッカーをこよなく愛するお調子者。2008年奇跡的に結婚。以後、嫁も愛する。2012年長男も誕生し、三人と一匹の家族生活は最高の一言!

ラブ 2004年4月29日生まれ
 三色毛モジャのコーギー犬。カイヌシに似て調子乗り。性格はヒト、イヌ問わずフレンドリー。でも売られたケンカは必ず買っちゃう太っ腹。カイヌシの結婚後、しばらく嫁にいじわるをし、嫁に小姑ならぬ「コ姑」と呼ばれるも、長男の誕生を機に改心。今はお姉ちゃん犬として活躍中♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR