11
:
1
2
4
5
7
8
10
11
14
16
17
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

のどか。

IMGP0184.jpg

 庄川沿いに作られた岐阜と富山のダムを訪れた後は庄川沿いにある世界遺産の合掌造りを見に行ってきました。



IMGP0159.jpg

 合掌造りといえば、岐阜の「白川郷」という名が真っ先に出てくると思いますが、富山県の五箇山(ごかやま)にも合掌造りの集落がそのまま保存されています。

 実は9月に行った信州(長野)旅行、当初は息子の運動会終わりに富山まで行って夕方、五箇山で宿泊。高山経由で安曇野や上田に行く予定を立てていたのですが、空気を読まずに映画の試写会を当てやがった不届き者がいて、直前に熱を出した息子の体調やお財布事情も鑑みて、こちらの観光をなくなく諦めた経緯があったので今回めちゃくちゃ行きたくなったんです。

IMGP0137.jpg

 五箇山は5つの谷に分かれていることからその地名がつき、世界遺産に登録されているのは相倉合掌集落と菅沼合掌集落の2つ。五箇所全てを回るのも可能ですが、そこは犬連れ・幼児連れ、私達は菅沼合掌集落を選びました。

 選んだ理由のひとつはまずアクセスのよさ。東海北陸自動車道五箇山インターを降りてすぐ、私達のように一般道(庄川)沿いからも入場しやすい。

 駐車場は集落の上にあるのですが、そこからエレベーターで降りていけます。ワンコOKもうれしいところ。もちろん歩いて散策しながらもいけます。エレベーターで降り、トンネルを抜けるとそこは昔話の世界♪

IMGP0194_201610131701561a6.jpg

 もうひとつはその雰囲気。私以外の人も感じているかもしれませんが、白川郷は観光地化されすぎていて、それ以前の「白川郷」を知ってるイヌ飼いからするとガッカリすることが多いのです。

 10年前は犬連れでもゆったり楽しめたのですが、それ以降に訪れるとまるで別世界。当時の犬連れ観光客のマナーもひどかったのだと思いますが、犬連れを拒否しているような雰囲気で「もう二度と行かねぇ」って決め、現在に至っています。

IMGP0173_20161013170144a51.jpg

 それに比べてこちらの集落は一言で言えば「のどか」。日本の原風景を感じることができ、犬連れ・幼児連れが安心して散策できるコンパクトさも言うことなし!

 この「のどか」をうまく表現できませんが、実際この地にワンコと立ってみたら感じること間違いなし!これからの時期は雪まみれになってて神秘さが付け加えられていることでしょう。機会があったら訪れてみてください♪

 できたら白川郷も訪れてその雰囲気の違いを肌で感じて欲しいなぁ、もし言うほど当たりがキツくなかったら私に教えてくださいね♪

IMGP0165_2016101317014245e.jpg
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

犬人

Author:犬人
犬人 1976年8月26日生まれ
 犬と祭りとサッカーをこよなく愛するお調子者。2008年奇跡的に結婚。以後、嫁も愛する。2012年長男も誕生し、三人と一匹の家族生活は最高の一言!

ラブ 2004年4月29日生まれ
 三色毛モジャのコーギー犬。カイヌシに似て調子乗り。性格はヒト、イヌ問わずフレンドリー。でも売られたケンカは必ず買っちゃう太っ腹。カイヌシの結婚後、しばらく嫁にいじわるをし、嫁に小姑ならぬ「コ姑」と呼ばれるも、長男の誕生を機に改心。今はお姉ちゃん犬として活躍中♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR