09
:
24
25
26
27
28
29
30
   

しぶとく・しぶとく。

IMGP1585_20161211160902d7d.jpg

 春になれば13歳になる愛犬、おかげさまでめっちゃ元気。16日は無事歯石除去してもらい、1泊して昨日の朝、元気に退院!歯がピカピカで宝石箱みたいや~!ワンコパワーとご声援、ありがとうございました!



IMGP1560.jpg

 ピカピカつながりで愛知県の刈谷(かりや)PAのイルミネーション画像をUPしながらラブの事を。自分でも無意識に心の準備をしているようで、前々回の最後に書いた某ママさんとの会話でも「来年も(オフ会)きます!」ってすぐに言えない自分に自分でも驚き、軽いパニックになり、ママさんもそんな私を見てすぐに察してくださいました。

 その一方で6年ぶりに会って「ラブちゃん生きてたんだ~、よかったね~!」とおっしゃる(別の)方もいて、ストレートすぎるなぁと苦笑しつつも「しぶとく頑張ってますよ~!」と返していただきました♪

IMGP1566_2016121116090849f.jpg

 この年になると知り合った犬達の訃報を聞くことも増え、病気や治療にとどまらず「看取り」の話も出てくることも。自然とそれがラブだったらと考えたりもして、友達ワンコの死を弔いながら泣くこともあります。

 大体、ラブにバレないよう、ひとり風呂場でシクシクするんですが、一緒にいる時、ふいに涙ぐむと「そんなことで泣くなって、死は別れじゃないってまだわからんの?目に見えなくてもみんな近くにおるわ!」って決まってどぎつい名古屋弁で怒られます。ハタから見たらじ~っと見つめられてるだけですが。

 「この世に生まれ、十数年生きて死ぬ、それだけだて!」って言ってる気がするんです。16日の入院は「やっぱり今日はやめとくわ!」って言ってましたが、そこは迷わず「頑張ってこい」と送り出しました♪

 犬と暮らすことはイコール、その犬の死をどこかで意識しながら生きること。「最後まで面倒をみる」と約束したんだから、逆は絶対に許されない。

 だからといって悲観しているわけでなく、むしろそういう想いがあるおかげで、「今」を生き、幸せを感じられている部分の方が圧倒的に大きい。13歳を目前に歯石をとることも決意したのも、もっともっと長生きするため。

 実は数年前からやってもらおうかどうか悩んでいて、4カ月に一度の健康診断をしてもらいながら獣医の先生と話し、熟考の末、このタイミングになりました。

IMGP1601_2016121116090324b.jpg

 先日読んだ死神が主人公のミステリ小説には「人間は、その日を摘むこと、日々を楽しむことしかできないんだ。というよりも、それしかないんだよ。なぜなら、人間はいつか死ぬからだ。」とありました。人間より圧倒的に寿命の短い犬なら尚更で、だから彼らは「今」を楽しめ、一緒に生活している私達も楽しめるのでしょう。

 オフ会でラブを見ながらベタ褒めしてくださった某パパさんはラブがどれだけ愛情をこめて大事に育てられているかわかるわって言ってくださいました。めちゃくちゃうれしかったです!うれしくて余計に輝いております!繰り返しになりますが、ご声援ありがとうございました!

IMGP1606_201612111609053f1.jpg
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

犬人

Author:犬人
犬人 1976年8月26日生まれ
 犬と祭りとサッカーをこよなく愛するお調子者。2008年奇跡的に結婚。以後、嫁も愛する。2012年長男も誕生し、三人と一匹の家族生活は最高の一言!

ラブ 2004年4月29日生まれ
 三色毛モジャのコーギー犬。カイヌシに似て調子乗り。性格はヒト、イヌ問わずフレンドリー。でも売られたケンカは必ず買っちゃう太っ腹。カイヌシの結婚後、しばらく嫁にいじわるをし、嫁に小姑ならぬ「コ姑」と呼ばれるも、長男の誕生を機に改心。今はお姉ちゃん犬として活躍中♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ジオターゲティング


ジオターゲティング