10
:
1
2
4
5
7
8
10
11
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

勝ち旗。

 犬人です。今回は歴史と地理のお勉強。我が家から車で10分かからない距離に勝幡(しょばた)という小さな無人駅があり(名古屋鉄道)、名古屋に出る時よく利用しているんですが(今日も利用します♪)、昨年頃から少しずつ周辺の道路や設備が整備され、先月末、最後に設置された像がこれ!

P1020906.jpg

 私と嫁さんがピー助を抱っこしてる像ですってのは大ウソで(汗)、主役は抱かれている赤ん坊♪だ~れだ!

 正解は「理想を持ち、信念に生きよ!」という私がダイスキな言葉を残した織田信長さん♪母親の土田御前に抱きかかえられ、優しそうな表情を浮かべた父親の信秀に見守られています。高さ約2メートル♪

 その昔、こちらに勝幡城という城があり(現在は石碑が残るのみ)、信長さんは勝幡城で産まれたと古文書に記されているんですね~(那古野城という説もある)。

IMGP3740.jpg

 岐阜城のある金華山の麓や岐阜駅、近所には清洲(きよす)城に信長像はありますが、赤ちゃんの像はなく、つまり日本一若い信長像♪

20110619_2343194.jpg

 駅のある愛知県愛西市の「あいさい」という市名と愛妻を掛け、親子愛をイメージしたそうなんですが、この勝幡城、私達が現在住んでる「ピースな」街とまたがってもいて、地元も地元♪

 元々は「塩畑(しおばた)」と呼ばれていましたが、塩の畑は不作で縁起が悪いという理由から信秀が「勝ち旗」の意で「勝幡」に改名したといわれていて、それが現在の地名になっています。

 もっと言うと夫婦の実家の街は当時、商業都市の湊(みなと)町で「信長の台所」と呼ばれていて、その後、楽市楽座に行き着く自由経済の知識をここで学んだと言われていますからホントにお膝元。

 鳴かぬなら殺してしまえな性格は困るけど、この春、ピー助も信長さんみたいな強い人間目指してゆかりの地を訪れてみようかな?

 でもよかった、信長さんよく鳴く(吠える)コが好きみたいで(笑)♪



 2枚目の画像は金華山の信長像で数ヶ月前に撮ったものですが(12年12月)、3枚目の清洲の信長像の撮影日はなんと6年近く前の07年の1月2日!ラッちゃん2歳、若い!

 清洲の像には昨年夏、もう1体そばにやってきた像があるのでお城と一緒にいつか紹介できたらと思いま~す♪
スポンサーサイト

comment

ふるさと(=´∀`)人(´∀`=)

もう、行かれたんですね(^_-)
ニュースにも出てて、一躍有名駅⁈になりましたよね。私も通所の送迎でチラッと車窓から…ご利用者様 大喜び(^-^)/ 愛西市長⁈…粋なもの造ってくれたよ笑

らぶパパ…私のふるさと、詳しくアップしてくれて有難う(^ー^)ノ
実は、私、生まれも育ちも塩畑人
当時、小学校の遠足には、歩いて勝幡城址行ったものです。今よりは、らしい塀とかあったよーな、、
その後、遠足で行く事も絶えたそうで、風化しつつあった勝幡城址。
今現在、再燃しつつある御時世、また、遠足復活して後世に繋げて欲しいなんてね(^_-) いかん、いかん、ロワっちのキャラに無い発言(^_-)

職業柄なのか、地元愛なのか、力が入っちゃいます。知らなかった事ばかりだったから勉強にもなった。
有難うo(^▽^)o




カメラと犬。

 ☆ロワっちさん

 どういたしまして♪私にとっても地元であることは変わりありませんしね。勝幡城の方もうまく活性化されるといいですね。

 ちなみに以前から知ってたわけじゃなく、嫁さんを駅まで迎えに行った時に発見し、電車待ちしている間に撮影しました♪カメラと犬はいつも持ち歩くに限りますね(笑)!
Secret

プロフィール

犬人

Author:犬人
犬人 1976年8月26日生まれ
 犬と祭りとサッカーをこよなく愛するお調子者。2008年奇跡的に結婚。以後、嫁も愛する。2012年長男も誕生し、三人と一匹の家族生活は最高の一言!

ラブ 2004年4月29日生まれ
 三色毛モジャのコーギー犬。カイヌシに似て調子乗り。性格はヒト、イヌ問わずフレンドリー。でも売られたケンカは必ず買っちゃう太っ腹。カイヌシの結婚後、しばらく嫁にいじわるをし、嫁に小姑ならぬ「コ姑」と呼ばれるも、長男の誕生を機に改心。今はお姉ちゃん犬として活躍中♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR