10
:
1
2
4
5
7
8
10
11
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

所信表明。

 犬人です。今回は長文です。前回の続き。獣医の先生(以下センセイ)に目の下におデキがあるラブを預け、仕事に戻り、夕方まで働きました。

 全く心配がなかったかといえばウソになります。腫瘍であったとしても目のできものは良性が多いという話を前夜ネットで調べていましたが、可能性はゼロではないし、針も刺しちゃいましたね(前回参照)♪

 実際、その夜はほとんど寝ずにラブと朝を迎えちゃったし!

 ただ3度の手術でセンセイを300%信頼してましたし、心配事やわからない不安事はあらかじめ調べたり、センセイに聞いて消したし、説得力に欠けますが経験上、なんとなく大丈夫な気がしてたんですよ。

 むしろ一番の心配だったのは金額の方で(笑)、昼休みに銀行に行き、お金をおろし、診療時間終了間際の7時に迎えにいきました。

 結論から言うと、腫瘍ですらなく、フツーのおデキでした。

 ラブさんは体質的にアレルギーや免疫に対する反応が強いそうで、アレルギー性疾患や寄生虫症などの際に増加する『好酸性白血球』『リンパ球』『好中性白血球』が軒並み高いんで、瘤(コブ)ができちゃったそうです。

 そこでバチーンと思い出したのが数年前、夏に山に出かけた際、同じ箇所にマダニがくっつき、見つけてとったってこと!つぶしたら血も出てなかったので安心して記憶の片隅に追いやってましたが、そこで刺されていたんでしょうね。

 推測ですが、その刺されたところからなにかの菌が入り、6月、反応のよさからぷくぷくしたおデキを作り、それを私が潰したんだけど、反応のよさから今度はもっと強い瘤を作ちゃったんだと思います。

 ラブさんは前夜から絶食状態のためすぐに検査可能。血液検査で異常がないとわかり、腫瘍の心配がなくなったので胸部や腹部のレントゲンはパス。そのまま麻酔と鎮静の注射。

 トロンとしてきたところで周りの毛を切って患部に針をブッ刺し、バイオプシー(生体組織診断)。これで腫瘍でないことが確定。患部を消毒し、目薬を点眼、伸びてた狼爪の爪切りまでしてもらい、最後に麻酔が完全にとけるまで栄養がとれないからと栄養剤の注射をしてもらい、午後のかなり早い段階で施術は終わっていたそうです。

P7231108.jpg

 内服薬1週間分と半日の入院代を加え、福沢さん2人を送り出すと夏目さん1人と小銭が戻ってきました。銀行いってよかったぁ~。近くに酒屋のディスカウントショップがあるのでおつりでウィスキーを1本買って祝杯をあげました。

 前日寝てないからグッスリ!早朝、絶食だったラブと早起きし、一緒にゴハンをモリモリ食べましたとさ♪

P7231109.jpg



 前の画像、パっと見じゃわかりませんよね~。このブログ、常時2週間~1ヶ月近くタイムラグが生じており、読む方にとっては季節感ゼロの大変読みにくい記事になっていますが(いつもすいません)、メリットもあって、急に言えない(書けない)ことが起きても1ヶ月という時間が複雑だった問題をシンプルにしてくれたり、私自身の心も整理され、クリアになり、記事にできるようになります。

P7231111.jpg

 そんなわけで目立たない箇所だということが幸いし、言ってませんでしたが、しれっと日帰り入院なんぞしておりました。追記の画像はその翌日23日に撮影したもの♪

P7231112.jpg

 こちらの奥様にはバレちゃいましたけどね(笑)♪さすがコギ飼い!

 今回のように全てがうまくいくことばかりだとは思いません。ラブも9歳、年をとるにつれ、そういうケースが増えてくると思います。

 ただ前述したようにタイムラグがあるんでそこをうまく利用し、できればこれからも包み隠さず記事にしたいなって思っています。

 ツライ記事になるから書きたくないと更新をやめてしまう方もいらっしゃるでしょうけど、そんな毎日の中にも楽しかったり、かわいかったり、笑える瞬間があって、ずっと悲しみに暮れているばかりでもないってことを同志ともいうべきワン友さんに教えてもらっていたので、その日が来るまで楽しく書いていきたいなって今は思っています♪
スポンサーサイト

comment

No title

ラブちゃん、良くない診断の方でなくて本当に良かったー。
年齢を重ねてくると、人でもそうだけど、
いろいろ何かしら出てきてもおかしくはないんですよね。
事実私自身そうですから^^;
元気いっぱいのラブちゃんでよかった~。
お目目の下の傷もそろそろ目立たなくなっているかな、毛も生えてきたかな?

私もほとんどタイムラグたっぷりでブログアップしてますよ^^
まれに撮って出しな時もありますけど。
タイムラグの間に頭の中でどう纏めようかな(写真選びもあるし)と整理もできますしね。
それに私も隠しごとができない性格なので、いつも読んで下さる方に心配をかけてしまうのですが
アーサーとエルに起きたことは2人にとって犬生の一部分でもありますからね^^
お互いがんばりましょうね~。

ビックリしたけど良かったですね。

なるほどタイムラグの話はこれだったんですね。
確かに撮って出しをしている私には悩みだったりしました。
逆にいい方向に向かっているとばかり思っていた人には詳しく書かなかった事を後悔したり。
とにかくラブちゃんのおできが悪いものではなくて安心しました。
どんな時にも得られるものはありますがまだまだ先ですよ。

スタイル。

 ☆アーエルママさん

 おかげさまですぐに治って、その週末には水泳部してました♪

 今週末も連日スイミング!40度近くなるともうここしか行く場所がないっていうぐらい川に通っています。

 ブログ、最初はイキオイでガガガ~と書いちゃってからしばらく寝かしておき(笑)、後日修整するスタイル。

 アーエルママさんと一緒でその間、どうまとめようか考えたり、画像編集もギリギリまでするんで大変なんですけど、それが楽しかったりもします。

 みなさんに見ていただくものではありますが、自分の、そして愛犬のためのものでもあるのでそこらへんは申し訳ないけど、好きにやらしてもらおうと思っています。

 愛犬家の方々ならわかってもらえると思いますしね♪

 そちらもアツいみたいですね~。お互い乗りきりましょうね~!

ありがとうございました!

 ☆ヒナタマンマさん

 ご心配させてすいません。ただアーエルママさんへのコメントにも書かせていただいたようにそれぞれのスタイルがあるし、定期的に読みに来てくださるような方々にはその「人となり」や「犬となり」は伝わると思います。

 全然後悔することはないと思いますよ。私はラブのおできに針を刺したことを激しく後悔していますが(笑)!

 それにあれだけ完璧なプロデュース!賞賛の声しか出ません。ホントにヒナちゃんにはいろいろ教えてもらいました。またブログに書かせてくださいね♪
Secret

プロフィール

犬人

Author:犬人
犬人 1976年8月26日生まれ
 犬と祭りとサッカーをこよなく愛するお調子者。2008年奇跡的に結婚。以後、嫁も愛する。2012年長男も誕生し、三人と一匹の家族生活は最高の一言!

ラブ 2004年4月29日生まれ
 三色毛モジャのコーギー犬。カイヌシに似て調子乗り。性格はヒト、イヌ問わずフレンドリー。でも売られたケンカは必ず買っちゃう太っ腹。カイヌシの結婚後、しばらく嫁にいじわるをし、嫁に小姑ならぬ「コ姑」と呼ばれるも、長男の誕生を機に改心。今はお姉ちゃん犬として活躍中♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ジオターゲティング


ジオターゲティング