08
:
1
2
4
5
7
8
10
11
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

髑髏杯。

IMGP7379.jpg

 犬人です。前回の続き。京都に比肩するほどの1万人都市をわずか数日で焼失させた人物、それは何を隠そう織田信長!

 この話を書くとそれだけで長編記事になっちゃうんでかなり要約して書かせていただくと、京都に進行し、天下をとりたい信長は滋賀(近江)をおさめる浅井長政(あざいながまさ)と妹、市(いち)を政略結婚させ、同盟を結び、天下統一の足がかりを得たのですが、その浅井と同盟を結んでいたのが福井(越前)の朝倉義景(あさくらよしかげ)、一乗谷の領主でした。

 信長が朝倉を攻め込もうとすると突然浅井が裏切って信長大ピンチ!命からがら逃げきった信長は軍勢を整え反撃!3万の大軍で越前に進行したのでした。

 朝倉の軍勢は2万。一度は防衛線を張った大嶽砦に兵を向けたものの、この砦が早々に陥落したので撤退を決断。一乗谷に戻ろうとしました。

 ところがここで信長軍の激しい追撃にあい、壊滅的な被害を受け、義景が一乗谷に戻った兵はわずか500たらずだったそうです。

 一度死にかかっただけに信長の怒りはすさまじく、兵は皆殺し。柴田勝家が先鋒として一乗谷に攻め込む頃には兵も領民も逃げ出し、大きな戦闘も行われず陥落。

 信長軍は手当たり次第、居館や神社仏閣などを次々に放火。この猛火は三日三晩続き、義景も自害して朝倉は滅亡。まさに一乗谷の栄華は灰となってしまったのです。この間わずか8日間。天正元年(1573)年8月のことでした。

IMGP7357.jpg

 信長はこのいくさで越前の領土を得たばかりか、大国を支配してきた名高き朝倉氏を8日で壊滅させた強大な力を日本全国に知らしめることに成功したのです!

 この後、信長は北近江に進行。浅井の小谷城を攻め、浅井も滅亡。天正2年(1574)の元旦、信長は家来の前に浅井親子(久政・長政)と義景の頭蓋骨で作った3つの盃、髑髏杯(どくろはい)を披露したそうです。

 とまあ、かなり端折ってもこれだけのドラマがあり、その地を家族で歩いていることに私は感動!焼失したため、前回書いたように、立派な御殿等はな~んにもないんですけど、歴史的な背景を考えたり、想像しながら散策すると楽しくて、なんにもないのが逆によかったりするから不思議♪

IMGP7408.jpg

 なんにもないから犬と一緒に歩けるってのもあると思うしね!

 町並みを後にし、最後に一乗谷を一望できる場所に移動しました。つづく。

IMGP7429.jpg



 下の画像と同アングルで雪の中、お父さん犬とお母さん(樋口可南子さん)が歩くCMがあります。よかったら動画サイトで調べてくださいね♪上戸彩さんがセーラ服着てる回ですよ~♪

P1040987.jpg
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

犬人

Author:犬人
犬人 1976年8月26日生まれ
 犬と祭りとサッカーをこよなく愛するお調子者。2008年奇跡的に結婚。以後、嫁も愛する。2012年長男も誕生し、三人と一匹の家族生活は最高の一言!

ラブ 2004年4月29日生まれ
 三色毛モジャのコーギー犬。カイヌシに似て調子乗り。性格はヒト、イヌ問わずフレンドリー。でも売られたケンカは必ず買っちゃう太っ腹。カイヌシの結婚後、しばらく嫁にいじわるをし、嫁に小姑ならぬ「コ姑」と呼ばれるも、長男の誕生を機に改心。今はお姉ちゃん犬として活躍中♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ジオターゲティング


ジオターゲティング