08
:
1
2
4
5
7
8
10
11
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

大きい滝みつけた♪

 犬人です。いよいよ大倉滝へ。最初から感想書いちゃいますが、トレッキングを開始する前(駐車場)から滝の音が聞こえていて、歩きながら遠くに聞こえていた滝の音が、大きくなったり小さくなったり、遠くなったり、近くなったり、上から下から横からも聞こえ、視覚だけでなく聴覚でも楽しめるトレッキングでした。

 前回紹介した登竜門滝を抜けると大きな滝はひとつだけ!そこから聞こえる音は言うまでもなく大倉滝!

IMGP7554.jpg

 目の前に大倉滝が堂々とした姿であらわれます!

IMGP7567.jpg

 白竜に例えられる清見最大の滝で(なので途中の滝が竜にまつわる名だったんですね)、落差は約30m!

 6月に訪れた阿弥陀ヶ滝と違い、直下に水が落下せず、途中、岩盤に当たって向きを変えるため、滝壺はそれほど深くなく、ラブでも接近できます。

IMGP7577.jpg

 その代わり岩盤付近は滝しぶきがすごい!離れていてもミストとなって届き、久々の山登りで汗ダクになった私達をやさしく包んでくれました。

IMGP7572.jpg

 ラッさんを抱いて1枚だけ記念撮影。ドロドロのベタベタなラブを抱いて服が濡れるのはカンベンだったので上半身脱いで抱きました。

IMGP7579.jpg

 滝の脇を階段で上がると水量を間近に感じられるばかりか、林道の駐車場に出ますってえっ?

IMGP7599.jpg

 そうなんです。車で大倉滝の近くまで行けるんですね~。駐車場から徒歩5分。案内板によると百滝コースは40分ほどとありますが、私達は1時間を軽くオーバーしてました。


IMGP7604.jpg

 帰りはこの車道を通って帰ることに。途中、滝見台の東屋があり、正面に大倉滝の全容を眺めることができ、はるか下には清見庵に止めた愛車も見ることが!

IMGP7609.jpg

 時間も正午を過ぎ、お腹もペッコペコになったので急いで下山しました。この続きはワン言をはさんだ火曜日に♪



IMGP7611.jpg

 大きい滝を見つけた後に小さい秋を見つけた!1、000mを超える標高では9月の時点で既にススキが生い茂り、道にはこんなものが。

IMGP7613.jpg

 毛がフサフサだから栗のイガイガは痛くないのです!小さい秋のっけた♪
スポンサーサイト

comment

No title

おおくら滝、我が家も行ったことありますよ~。もちろん車で駐車場まで上りました^^;
知らずに行って看板見て行ってみたんだけど、遊歩道登らなくてよかった。
多分途中で挫折してたわ。。
我が家が行ったのも10月だったのでススキがきれいでした^^

ありがたいっ!

 ☆Nekoさん

 おぉ~行かれてたんですね。大倉滝だけでも見る価値十分ですもんね~。

 最近はお出かけを楽しみつつ、ラブの体力が落ちた時にはどうやって楽しもうかと考えるようになりました。こちらのようにいろんな人やワンコがそれぞれ楽しめる懐が深い場所ってありがたいな~って思います♪

 せせらぎ街道はやっぱり紅葉シーズンが一番の見頃!今年はパンパンで行けないけど、来年家族で行きたいなぁって思います。もちろん大倉滝には車でね(笑)!
Secret

プロフィール

犬人

Author:犬人
犬人 1976年8月26日生まれ
 犬と祭りとサッカーをこよなく愛するお調子者。2008年奇跡的に結婚。以後、嫁も愛する。2012年長男も誕生し、三人と一匹の家族生活は最高の一言!

ラブ 2004年4月29日生まれ
 三色毛モジャのコーギー犬。カイヌシに似て調子乗り。性格はヒト、イヌ問わずフレンドリー。でも売られたケンカは必ず買っちゃう太っ腹。カイヌシの結婚後、しばらく嫁にいじわるをし、嫁に小姑ならぬ「コ姑」と呼ばれるも、長男の誕生を機に改心。今はお姉ちゃん犬として活躍中♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ジオターゲティング


ジオターゲティング