08
:
1
2
4
5
7
8
10
11
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トーテムポール。

 犬人です。リトルワールド散策の続きを。沖縄、アイヌ、台湾と民家が続きますが、ここはスルー。台湾でも食事ができる場所があるんですが、ワンコNGですし、韓国のように適した場所もないのでここはスルー。ワンコ連れは次のゾーンで勝負。

IMGP8077.jpg

 インディアンのテントはワンコOK!ピー助と一緒に別荘の物件探し(笑)!アフリカゾーンでいい場所見つけたけど、こっちもシンプルでいいよね~。

P1050554.jpg

 反対側にはアラスカのトリンギットの家。トーテムポールがあるのでぜひチューチュー・トレインならぬワンワン・トーテムポールしてみてください(笑)♪義父母も義兄夫婦と一緒にファミリー・トーテムポールしていましたよ~。

 お次はペルーの領主の家。ここだけは(中には入れないものの)中庭からワンコが通り抜けOKなんで写真撮ってください(私は撮ってませんが)。その先にリャマがいる場所がありますが、そこはワンコNGなのでお気を付けを♪

IMGP8102.jpg

 そのまま道なりに進むと、まるでドラ○ンボールの天下一武道会の試合会場そのものに見えるバリ島の貴族の家が見えてきて、ワンコも途中まで入れます。

IMGP8090.jpg

 こちらも撮影スポット。バシバシ撮ってください!余談ですが、このシリーズの最初の記事(11/1)で姉弟がポーズとっている下の画像はここで撮影しました。

P1050569.jpg

 ケータイで撮って「バリにいるよ~!」ってメールしたら100%ダマされます♪

IMGP8100.jpg

 インドネシア、スマトラ島北部に住む水稲耕作民トバ・バタックの家をバックに撮影し、いよいよ最奥で一番のスポット、ヨーロッパゾーンに突入します。つづく。

IMGP8112.jpg

 父ちゃん、ちょっと階段が急だけど、バリアフリーにリフォームしてくれたら「買い」だよってそんなお金逆立ちしたって持ってないから見るだけにしときなさいっ!



 トーテムポールは、北アメリカ大陸に住む先住民の多くが、家の前に立ててきた、柱状の木の彫刻。

 人々の出自、家系に関わる紋章や、彼らが伝えてきた伝説、物語の登場者などを彫刻したもの。まさにラブ家のトーテムポールだよねっ!世界文化遺産に認定しようっ!

P1050559.jpg
スポンサーサイト

comment

ファミリー

トーテムポール、いいですね〜。
ここは愛知博に行く時に周辺の観光を調べて犬連れなら絶対行くのにと思ったところでした。
犬と写真を撮る私にはまさに天国。
多分一日では回り切れない(撮り切れない)かと思います。
近くて羨ましいぞ〜!

プロデュース。

 ☆ヒナタマンマさん

 うらやましいでしょ~!ただ普通のワンコOKの施設だと思って出かけると、制約の多さに戸惑う部分もあるんですよ。

 なので今回のシリーズは利用される犬連れ向けにラブ組的な楽しみ方をプロデュースする書き方にしています。トーテムポールは素通りする人も多いんでワンコとぜひ撮って欲しい場所♪

 そういう情報や心の準備があれば、マンマさんがおっしゃるようにまさに天国!気軽に海外旅行に出かけれないワンコですから、ここで気分だけでも味わってくれたらなって思います♪
Secret

プロフィール

犬人

Author:犬人
犬人 1976年8月26日生まれ
 犬と祭りとサッカーをこよなく愛するお調子者。2008年奇跡的に結婚。以後、嫁も愛する。2012年長男も誕生し、三人と一匹の家族生活は最高の一言!

ラブ 2004年4月29日生まれ
 三色毛モジャのコーギー犬。カイヌシに似て調子乗り。性格はヒト、イヌ問わずフレンドリー。でも売られたケンカは必ず買っちゃう太っ腹。カイヌシの結婚後、しばらく嫁にいじわるをし、嫁に小姑ならぬ「コ姑」と呼ばれるも、長男の誕生を機に改心。今はお姉ちゃん犬として活躍中♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ジオターゲティング


ジオターゲティング