08
:
1
2
4
5
7
8
10
11
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

神紋。

P1010753.jpg

 犬人です。地元のお話後編は信長さんとのつながりについて。突然ですが「神紋」(しんもん)ってわかりますか?

 これは神社の家紋のこと。わが地元、津島神社の祭神、建速須佐之男命・牛頭天王の神紋は木瓜紋(もっこうもん)。4つの葉がついてる木瓜紋は結構メジャーな家紋ではあるんですが、神紋の葉は5つあります。

P1070920.jpg

 前回書いた同列にある京都祇園にある八坂神社(祇園社)も五葉の木瓜紋を神紋に用いていて、祇園社の祭礼では木瓜紋が瓜の切り口に似ていることから、祭礼の間は決してキュウリ等の瓜科の野菜を食さないことがきまりとなっています。

 カンのいい人はピンときていると思いますが、津島神社を崇敬していた織田家はこの五葉の木瓜を家紋としたのでこの紋は「織田紋」という別名もあります。

 信長は延暦寺を焼き払ったり、越前の一向衆を殺したりと、一般的には神仏を崇敬する考えがなかったという見方がありますが、実は天照大神や建速須佐之男命ら自分に関係する神を祀る神社には手を出しませんでした。

 天照大神は天皇家、建速須佐之男命は織田家の氏神で家紋にしているぐらいですから手が出せない。そこで京や大阪の神社は一斉に同じ建速須佐之男命・牛頭天王を祀るようになったという説もあり、実際に信長が拠点にしていた大阪の摂津や河内、和泉に牛頭天王を祀る神社が集中しています。

P1050492.jpg

 ちなみにウチの町内は神社の門前町なので五葉に町名の『馬』をかたどって半纏にして背負っています。

P1000962.jpg

 もちろんラブもね。

 前回書いたように津島は当時川湊の商業都市。ここで楽市楽座に行き着く自由経済の知識を学び、資金源にもなっていたため「信長の台所」と呼ばれた街ですからホントにお膝元。なのでここに生まれたら「信長オシ」は絶対!ピー助も信長センパイには逆らえないのです。秀吉さん・家康さんごめんね(笑)!

P1050489.jpg

 とまあこのように地域のことを調べようと思えばかなり深いところまで調べられちゃう♪興味を持った人は近くの神社の賽銭箱にある神紋を調べてみるところからはじめてみるのはいかがでしょうか?学生さんは自由研究にもいいかもね。もう冬休み終わっちゃうけど(笑)!
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

犬人

Author:犬人
犬人 1976年8月26日生まれ
 犬と祭りとサッカーをこよなく愛するお調子者。2008年奇跡的に結婚。以後、嫁も愛する。2012年長男も誕生し、三人と一匹の家族生活は最高の一言!

ラブ 2004年4月29日生まれ
 三色毛モジャのコーギー犬。カイヌシに似て調子乗り。性格はヒト、イヌ問わずフレンドリー。でも売られたケンカは必ず買っちゃう太っ腹。カイヌシの結婚後、しばらく嫁にいじわるをし、嫁に小姑ならぬ「コ姑」と呼ばれるも、長男の誕生を機に改心。今はお姉ちゃん犬として活躍中♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ジオターゲティング


ジオターゲティング