08
:
1
2
4
5
7
8
10
11
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ラヴ・レター:1。

1.jpg

 2004年4月29日、お前が生まれてきたのは愛知県の西部に位置する片田舎の建材屋。ここの飼い犬、「なっち」から2番目に生まれてきた。



3.jpg

 お前を見て家族は驚いたそうだ。なぜなら両親が茶色の毛色なのに一匹だけ毛色の違う黒色のお前が生まれてきたのだから。

2.jpg

 お前の他にオスの兄と弟が生まれたが色は茶色でお前だけが黒色だった。名前は兄がエンジェル、弟はクイールと名づけられた。エンジェルは生まれた直後から息が細く、亡くなってしまったのでそう名づけられ、クイールは首回りに2羽のカモメがいて当時大人気だったレトリバーの名からそのままつけられた。

5.jpg

 そしてお前だ。お前は当時中学1年生だった息子さんの「色が黒いからブラックのブラ!」という一言で一時「ブラ」だったが公衆の面前で呼びにくいという判断から文字をひっくり返し、今の名前になった。

 初対面の人には「愛のない家庭に愛を運んで欲しかったからラブと名付けました♪」なんてしれっと言ってるが、ホントの名付け親はお前の人間の兄ちゃんだ。知らなかった方がよかったかブラ?

 これから先、残念ながら「知らない方がよかった」のオンパレードになるからもしれない。でもこれは俺からお前に書く手紙、ラヴ・レターだ。イヤでも最後まで目を通して欲しい。そしてこれからもずっと一緒にいて欲しいと思う。
スポンサーサイト

comment

ブラ女?

生まれた時からブラ女だったのね、ラブちゃん。(笑)
ラブパパさんはこの時すでに犬を飼いたいと思っていたのですか?
それともラブちゃんに出会ってそう思ったのかな?
ウチは次のコをと思っていた時にバッタリ出会って決めたのがヒナタでした。
偶然は必然だったのねと今では思います。

初代ブラ女。

 ☆ヒナタマンマさん

 ご質問の件、今後の核心にせまってくるんで多くは書けませんが(汗)、ネタバレにならない程度で書くと、当初、飼うつもりは微塵もなく、ラブとの初対面も淡々としたものでした。

 初対面から家に迎え入れたいと思うまで1カ月以上の期間を要したんじゃないかな?

 ただ、そうだったからこそ私も自分の気持ちがわかったし、「最後まで飼う」覚悟がついたと思うんで必要な時間だったし、必然だったのかなって思います。

 そして生まれた時からブラ女だったのも必然だったのかもしれませんね!

 初代サポーター犬は姐さんだけどラブは初代ブラ女だったとは(笑)!生まれたずいぶん後にブラの名のつくクラブができてバンダナしたり、観戦したり、のっけたりしてるんですから不思議ですねっ!
Secret

プロフィール

犬人

Author:犬人
犬人 1976年8月26日生まれ
 犬と祭りとサッカーをこよなく愛するお調子者。2008年奇跡的に結婚。以後、嫁も愛する。2012年長男も誕生し、三人と一匹の家族生活は最高の一言!

ラブ 2004年4月29日生まれ
 三色毛モジャのコーギー犬。カイヌシに似て調子乗り。性格はヒト、イヌ問わずフレンドリー。でも売られたケンカは必ず買っちゃう太っ腹。カイヌシの結婚後、しばらく嫁にいじわるをし、嫁に小姑ならぬ「コ姑」と呼ばれるも、長男の誕生を機に改心。今はお姉ちゃん犬として活躍中♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ジオターゲティング


ジオターゲティング